<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
葉山ホテル 音羽ノ森で朝食
葉山ホテル 音羽ノ森

今朝はちょっと早起きして市場・・・・・じゃなくて、「葉山ホテル音羽ノ森」へ。

夏が来る前の朝のR134は、車もスイスイ、あっという間にホテルに到着。目的は朝ごはん。以前から来たいなぁと思いつつ、思い立った時には時すでに遅し、なんてことが続いていたが、今日は時間的にも余裕を持って出発したし、道も空いているしで、無事めでたく朝食にありつけることになりました(笑)。(朝食は8:00〜10:00)

上の写真は、ホテル入口ロビーにて。朝食は入って左手のオーシャンビューレストラン潮幸でいただきます。


葉山ホテル 音羽ノ森


朝食メニューは1種類のみですが、

・季節野菜のポタージュ
・北海道産プレーンヨーグルト
・安田養鶏場アトム卵のオムレツ
・あらびきポークソーセージ
・有機栽培のサラダ
・モーニングブレッド(天然酵母トースト、朝焼きクロワッサン、朝焼きパン・オ・ショコラ)
・自家製コンフィチュール
・ジュース
・コーヒーor紅茶

・・・・・とボリュームたっぷり。パンもいろいろ食べたいし、最後はお腹もかなり苦しかったです(笑)。
あいにくお天気はイマイチだったけれど、のんびりした海を眺めながら、静かにゆっくりと休日の朝食をとることが出来て、気分もリフレッシュ。朝食後もまだまだ時間はたっぷりあるし、いつもより一日が長く感じられて、なんだか得した気分。

「葉山ホテル 音羽ノ森」も今年で22周年だそうですが、正直ちょっと寂れてしまった感も否めないというか、決して今どきな感じではないのだけれど、小ぢんまりした佇まいといい、この辺りの気取り過ぎていない雰囲気と上手く溶け合っている感じがして、個人的にはわりと好きなんです。

葉山ホテル 音羽ノ森

窓側一番左の席は、かつてマイケル・ジャクソンが来館した際に食事をした席だそう。この時はまだ訃報を聞く前だったので、「ほほぅ、あそこがマイケルの席ね!」って感じだったけど、今となってはより一層感慨深いものがある。。ホテルのサイトにも当時の様子がUPされていました。

葉山ホテル 音羽ノ森

今度は外のテラス席でお茶するのもいいな。もう少しお天気のよい日にね(笑)。


| 美味しいもの(逗子・葉山) |comments(2) | trackbacks(0) |
夏の終わりに
8月最後の週末、お花のレッスンの後、miwaちゃんと待ち合わせして、西荻の「甘いっ子」へ。

甘いっ子

miwaちゃんオススメの氷いちごミルク金時を注文。苺ピューレの甘酸っぱさと、懐かしい甘いミルクの味と、優しい小豆と、柔らかい氷、絶妙のコンビネーション。昭和の香り漂うお店で、おそらく今年の夏、最初で最後の氷を食べながら女子トーク。まるで高校生に戻ったような、懐かしい夏休みを思わせるいい時間だったわぁ。夏ぎりぎりセーフで念願の甘いっ子。miwaちゃん、お付き合いいただきありがとう!

lesson

そうそう。今日はすっかりレッスンで写真を撮るのを忘れてしまって。。
8月のレッスンは、まるで「夏休みの工作」でした。ガラスのグラスと白いワイヤーを渡され、「ワイヤーを使って、壁掛けの花器を作ってね。自由に作っていいよ。」とのこと。
その「自由(が一番難しい)」って言葉にに途方に暮れながらも、なんとかグラスがぶら下がるものを完成。今日は家に帰ってから撮影。今もこの柱に飾っています。

お花は、グラスには全部活けず、残りは別の花器に。今回は夏の野草といった雰囲気。

lesson

夏の高原に咲いていそうな花たち。


夜はみっちゃんと今年の夏最後の海の家。最初、チャリで遠征しようとしたものの、不安定な天候のためバスに変更。のんびり揺られて森戸海岸まで。
参道を進み、鳥居をくぐり、静かで穏やかな湾にポツリと佇む「オアシス」はおとぎ話のように幻想的。灯りの下に集う人々は、大人も子どもものんびりと楽しんでいて、ゆったりとしたいい空気が流れていました。

鯵のマリネ、焼き茄子のお浸し、ゴーヤチャンプル、かき揚げバーガー、あぁ全部美味しかった。ビールや泡盛を飲みながら、名残り惜しみつつ夏を感じるひと時。海辺での打ち上げ花火も、突然のスコールさえも、全部全部夏らしかったな。

oasis


今年もやっぱり楽しかった夏。また来年もいっぱい楽しめますように。
| 美味しいもの(逗子・葉山) |comments(4) | trackbacks(0) |
葉山朝市
前々から行きたかった葉山の朝市、雨天延期(←自分たちのルールで)になったりしながらも、本日ようやく決行。
今日もかなり怪しい雲行きだったけど、これが暑過ぎず、雨も降らず・・・で結局大正解。
なんてたって、このようにしばらく屋外で並ばないといけないので、逆に晴天はちょっと辛いかも。

葉山朝市

RIKIさんに車でピックアップしてもらって、葉山鐙摺漁港に到着したのが8時頃。
9時から販売開始のCHAYAのタルトと切り落としケーキ狙いで早速行列に並ぶ。すでに結構な列が出来ていたけど、人数をカウントしに来たおじさん曰く、「ここなら確実に買えますよ。」とのこと。よかった!
「この切り落としの列に並んでいてね。」と、夫たちを残し、私とyukaさんはぐるりと市場の様子をチェック。まだ準備中のお店が多かったけど、とりあえず牛すじの赤ワイン煮込みを買って、一旦列に戻る。他の皆さんもそうしているように、煮込みを食べながら切り落としの販売開始待つ。

と、ここでRIKIさん、「で、この列は鮪の切り落とし?」

・・・・・いえいえ、ケーキの切り落としです。。
訳も分からず並ばされている夫チームでありました。

葉山朝市

食べたりしゃべったりしていたらあっという間に販売時刻。切り落としは1人1パックずつ、タルトも1人1ホール買うことが出来るけど、さすがに多過ぎなので4人で1ホールだけ購入。

葉山朝市

無事ケーキを手に入れ、お次は朝ごはんの調達。4人いるとあれこれ食べられるし、手分けして並べるしで、いいことづくし。素晴らしいチームワークにより、あっという間にごちそうが並びました。

葉山朝市シラス丼、中トロ丼、つみれ汁、葉山旭屋牛肉店のコロッケ、日影茶屋のおにぎりと玉子焼き、手羽餃子・・・・・朝から食べ過ぎ?
っていうか、朝からビールも飲んじゃいました。

潮風に当たりながら、皆で食べる優雅で豪華な朝ごはんは最高。またまた早起きの醍醐味を知ってしまった。。
デザートにソフトクリームまで食べて、大満足。




洋梨タルト

こちらが朝市タルト。洋梨、オレンジ、りんごの3種類あって、私たちは洋梨をチョイス。
タルト生地がさっくさくで本当に美味しかった。皆さん早朝から並ぶのも納得。また買いたい。

切り落としケーキ

そしてこちらがチョコレートケーキの切り落とし。切り落としといってもスポンジもクリームもたっぷりで、こんなに沢山入って100円はお値打ち。

この他、桃(4個で350円)や、リモーネ(レモンオリーブオイル)なども購入し、そして、家に帰ってもまだまだ休日の時間はたっぷりあるし、ほんと色んな意味で得した気分になれる朝市でした。機会があったらまた行きたいな。
| 美味しいもの(逗子・葉山) |comments(4) | trackbacks(0) |
和か菜とフレッシュオリーブ
久々に葉山の「和か菜」へ来ました。ほぼ1年ぶり?

和か菜
相変わらずのどかな棚田の風景。


今日は皆でせいろ天盛りを注文。蕎麦は細めでツルツルと喉越しがよく、天ぷらはカリッと香ばしい。
和か菜
この大きな窓から見える景色は、まるで一枚の大きな絵画のよう。
四季折々、移りゆく彩りが楽しめそう。今度は別の季節にも来てみなくちゃ。


oliveoil蕎麦の後は「フレッシュオリーブ」へ。
昨年来た時には残念ながらちょうどお休みだったのですが、今日は開いてました!
絞りたてのフレッシュオリーブオイルの量り売りや、オリーブから作られた洗顔石鹸など、様々なオリーブグッズが並んでいます。ご主人が一つ一つ丁寧に商品の説明をして下さいました。
こちらのオリーブオイルは、スペイン産のオリーブを冷凍輸送して、小豆島のオリーブオイル工場で搾ったものなんですって。この日は8月末に搾ったばかりのオイルということで、味見をさせてもらったら、フルーティでくせがなくてとても美味しい!容器は別売りなんだけど、「もしこの入れ物でよかったら、ちょうど余っているので差し上げますよ。」と、サービスでガラスのボトルに入れて下さったりと、とても親切なご主人。鮮度や美味しさを保つために、賞味期限も半年と他のものより短いのですが、ここに来れば常に新鮮なオリーブオイルが手に入るし、量り売りで50gから販売してくれるので、これからはボトル持参でちょっとずつ、ちょこちょこ買いに来たいなと思います。

salad早速ご主人オススメのレシピで、豆腐とアボカドとシラスのサラダを作りました。塩コショウにフレッシュオリーブオイルとレモンを搾るだけ。

シンプルな料理ほど、オリーブオイルの美味しさが引き立ちますね〜。素材を生かす簡単・美味しい料理。作り手にとっても、有り難い(笑)。この調子だとあっという間になくなっちゃいそうです。
| 美味しいもの(逗子・葉山) |comments(2) | trackbacks(0) |
cafe「VERDE」@堀内
cafe verde
葉山・堀の内からの夕日


本日後半の日記。
昼間の澄んだ空気にサンセットはかなり期待出来ると思っていたけど・・・・・期待以上のこの景色。まさしく絶景とはこのことでしょう。

pergolaでランチの後、実家に戻ってお茶をしていると、夕方にYUMIとウカレ夫妻が車で迎えに来てくれました。向かうは葉山の堀内。葉山マリーナ近くの海沿いにカフェがあるというのですが・・・・・
おぉ、ありました。何とも不思議な形の建物。2Fは全面ガラス張り、1Fのテラスはまるで砂浜へ突き出すような感じ。(後で伺ったところ、2Fはオーナーのご自宅だそうです。)

cafe verde

海側から建物の正面を撮影。なんだかまだまだ明るい昼間のように見えるけど・・・

cafe verde
西を向けばもうこんなに日が暮れて、まさしくサンセットタイム。まるでバリのビーチみたい。
早速カフェにお邪魔すると、この絶景タイム、お客さんでいっぱいでしたが、親切に席を空けていただき、テラスの特等席に座らせてもらいました!

・・・・・うわーもう別世界です。ここはどこ?という感じ。
バリ?それともハワイ?


もうここからは言葉数も少なく、ビールを飲みながら心地よい音楽に身を任せたり、刻々と移り変わっていく素晴らしい景色に思わずシャッターを押したり・・・・・。
cafe verde

波打ち際に佇むカップルや親子のシルエットがまた絵になるの!

cafe verde
コロナを飲んでまったり。

cafe verde
完全に日が暮れるまで、堪能させていただきました。最高のひと時でした。


cafe「VERDE」
三浦郡葉山町堀内216-18 TEL:046-807-3977
平日11:00〜19:00 土日10:00〜20:00


ちょうどこの日はバリのリゾートインテリアmanisさんの雑貨が展示されていました!
VERDEの詳細はmanisさんのページからもご覧下さい。

・・・・・ところで。
車を葉山マリーナに停めたんだけど、駐車料金が異常に高い!1時間1,000円でした。。近くにコインパーキングがあるそうなので、そちらに停めたほうがいいかも?でもまぁかなり楽しんだので今回はよしとしよう。

さて、夕食はお目当てのお店にことごとく振られ、ようやく行き着いた七里ガ浜のJAMMIN'(ジャミン)。さすが、我らの台所(?!)ジャミン!

jamminjamminjammin食べかけ写真ですみませんが、ここのワカモレ&タコチップはオススメよ。
タコチップもドリトスみたいな感じじゃなくて、サクサクしていて美味しいの。
りっぺやみっちゃんと来た時はよくこれを頼んでいた気がするんだけど、ダンナは今日が初めてだって。カワイソウ(笑)。
右の写真は鶏の唐揚げじゃないよ、ワニの唐揚げ。鶏よりも歯ごたえアリ?

シメはいつものクリーミーチキン。
いつ来ても美味しいけど、やっぱりジャミンも夏の似合う店だよなぁ。
ウカレさんの短い短い夏休みに乾杯〜!
| 美味しいもの(逗子・葉山) |comments(2) | trackbacks(0) |
ゆうき食堂と杉山台工房(Sugiyamadai works)
ゆうき食堂今日は美味い魚を食べに行こう、の日。
本当は三浦とか房総とか遠くまで足を延ばしたかったけど、朝が遅かったのと、あまりにも人出が多く、道もかなりの渋滞が予想されたので、急遽近場に変更。
相変わらず大混雑の鎌倉からバスに乗って小坪へ。

ここまで来ると、GWといえどもさすがにすっかり落ち着いた雰囲気。
だけど、青空の下、駐車場に賑わう一角。それが「ゆうき食堂」のオープンテラス席(笑)です。

店内にも席があるけど、せっかくなので私たちもパラソルの下で食べることにしました。
残念ながら生シラスは不漁のためお休み中でしたが、豊富な魚メニューにはほんと目移りしちゃう。
結局、みんな「刺身二点盛り定食(1,000円)」に決定。
この刺身盛りのいいところは、二点自分の好きなものを選べるところ。
私は、地アジとブリのねぎとろ。ブリのねぎとろなんて初めて。

ゆうき食堂運ばれてきた刺身盛りはボリューム満点!
これで1,000円はかなりのお値打ちだと思う。これに、ごはんと温泉玉子と納豆と味噌汁と、ごはんが進むアイテムばかり。それを見越したかのように、ごはんもかなりの大盛りっぷり。
お腹ペコペコで行ったけど、最後は苦しいぐらいお腹一杯。
お刺身もアジはツヤツヤ、ブリはまったり、とそれぞれ楽しめました。次回は煮魚&刺身定食にしようかな〜。

ゆうき食堂
逗子市小坪5-2-11 0467-24-1682
11:30〜15:00 火曜休


あまりにもお腹が一杯になったので、逗子マリーナを少し散歩してから再び鎌倉に戻りました。
休日は、逗子マリーナ−鎌倉駅間に無料直行バスが走っているのでこちらを利用すると便利です。

Sugiyamadai-Works鎌倉は相変わらずの大混雑ぶりなので、比較的平和そうな大町方面へ。
杉山台工房(Sugiyamadai works)のジェラートとコーヒーでほっとひと息。

レモンの果汁たっぷり・さっぱり系ジェラートも美味しかったし、クリームチーズに洋酒・アーモンド・チョコチップ・オレンジピール・ラムレーズンの濃厚カッサータもかなり好みでした。
丁寧に淹れられたコーヒーはとっても濃いめで、ゆっくりと美味しさを味わいました。

マスターのきびきびした動きと、感じのいい接客と、常連さんとの楽しそうな会話に、このお店独特のカラーを感じるけど、常連ではない私たちにも居心地のよさを感じさせてくれるとてもいいお店でした。

藤の花この藤の花は、杉山台工房からみっちゃんの家に行く途中に咲いている野生のものなんだけど、本当に見事に咲きこぼれていました。奥にひっそりとした可愛い佇まいのお堂があったりして、この一角の景色がとても気に入りました。
この辺りまで来ると、本当に平和です。駅前の喧騒がうそのよう。。

ある程度覚悟していたGWの混雑だけど、結局、昨日も今日も合間をうまく縫って、比較的いつも通りの気持ちのよい充実した休日が過ごせました。お天気も本当によかったし。
でもさすがに行き帰りの江ノ電の大混雑だけは避けられませんでしたけど!
| 美味しいもの(逗子・葉山) |comments(2) | trackbacks(0) |
手打蕎麦・和か菜
和か菜ダンナが以前から気になると言っていた葉山のお蕎麦屋さん「和か菜」に行きました。
中途半端な時間、場所も通りから少し外れた場所にあるにもかかわらず、店内はほぼ満席。
奥のお座敷に通されたのですが、そこから見える棚田が絶景。まるで信州に来たみたい・・・。
葉山にもこんな風景があるんですね。今、自分が葉山に居ることを忘れてしまうような不思議な感覚になりました。

店内も、いかにも蕎麦屋という感じではなくて、避暑地にありそうな光の沢山入る明るい造りに、木のテーブルと椅子が温かみがあっていい感じ。ガラス越しに蕎麦打ちを見学することも出来ます。
私たちは、ケシの実・抹茶・更科の三品に天婦羅のセットと、とろろ蕎麦を頼みました。
やっぱり暑い日には冷たいお蕎麦がとても美味しい。蕎麦湯もとろっとしたお湯で飲みやすく、沢山いただいてしまいました。
まぁでもとにかくこの景色が圧巻。この棚田の風景だけでも一見の価値はあると思います。
(もちろん、蕎麦も美味しかったです。)

和か菜

ちなみに、私の弟はかなりの蕎麦好き。(若いのに、渋い。)
彼曰く、この辺りでおすすめの蕎麦屋は、今泉の「草庵」か葉山の「一色」らしい。(一色は鴨汁蕎麦と蕎麦だんごが特に美味いらしい。)
私はまだどちらのお店も未経験。いつか行ってみねば。

oliveそして、こちらは私が気になっていたフレッシュオリーブのお店。せっかく葉山まで来たので住所を頼りに車でお店を探したのですが・・・入った道が悪かったのか、なかなか見つからず、住宅街の中の高級そうなマンションの近くにようやく発見するも、残念ながらお店はお休み。
こちらはまた次回に来ることにしましょう。

帰りに長谷の三留商店へ寄ったら、今日はアップルタイザーの750ml瓶が沢山並んでいたので、思わず3本も買ってしまいました。今日も嬉しい価格の180円!つめたく冷やして飲むぞー。
| 美味しいもの(逗子・葉山) |comments(5) | trackbacks(0) |
Piscaria (ピスカリア)・葉山
ソウパチカフェで満喫した後、さらに盛りだくさんな一日だったのでもう一つおまけ。

実はこの日、LUCCA WORKSの搬入に同行しました。
みっちゃんがオーダーしたナラのダイニングテーブル。
YUMI家より小ぶりのテーブルだけど、脚もどっしりとしていて、安定感と重厚感があってとっても素敵。みっちゃんもとっても嬉しそうでした。
(その様子はYUMIのページで詳しく紹介されることでしょう。乞うご期待。)

夜は葉山のイタリアン、Piscaria(ピスカリア)へ。
こちらは、私がウェディングドレスを作ったSTUDIO953のデザイナーご夫妻から紹介されたお店です。ピスカリアの奥さまはスタイリストさんで、よく一緒にお仕事をされているんですって。
「このページも彼女のスタイリングなんですよ。」と見せてもらった雑誌は本当にうっとりするような雰囲気あるドレスの写真。奥さまも仕事の合間にお店を手伝っていらっしゃるとのことだったので、piscariaお会い出来るといいな・・・と思っていたら、この日もお店にいらっしゃいました。
新鮮な魚介類を使った料理の数々。どれも上品で手の込んだ味がします。とっても美味しいです。
木の温もりが感じられる店内も洗練されていて、居心地がいい。

またまた一つ、素敵なお店に出会えました。

(YUMIがSHONAN MAPにUPしてくれました!)
| 美味しいもの(逗子・葉山) |comments(5) | trackbacks(2) |
優雅なランチ・アリスヴィラリゾート(葉山)
気づけばGWも食べてばかり(笑)。今日はちょっと優雅なランチ。
今月末に葉山のアリスヴィラリゾートでWEDDING PARTYをされるmariさんカップルと初対面・初ランチです。
場所はもちろんアリスヴィラリゾートにて。こちらに伺うのも初めてだったので、とっても楽しみでした。
お天気も晴れて、絶好の葉山日和。

mariさんはLUCCAWEDDINGページからメールを下さった素敵な花嫁さま。自分の思い出の記録として書き残しておこうと始めたページだったけれど、こうやって色んな方と出会えたり、すっかり新婚という言葉からも遠のいた今でも、WEDDINGの準備という幸せで楽しい作業のおすそ分けを一緒に味あわせてもらったり、本当に思わぬ副産物がたくさんたくさんありました。

alice1alice2alice3alice5alice4alice6

見た目にも美味しい料理の数々。アミューズのストローのように伸びているのはセロリです。お口直しのゼリーには沢山の桜の花びら。本当にきれい!
こんなお料理が食べられるなんて、mariさんの結婚式に招待された方は幸せですね!
mariさんと私はお願いした業者さんもほとんど同じなのですが、こちらのお店は持ち込みに関しても非常に寛大なのも意外でかなりポイント高し。ドレスやメイク、お花など、
共通点が多いので色んな話で盛り上がりました。

alice7窓に広がる景色はもちろんオーシャンビュー。この建物は一歩中に入ったところから、まるで海外のリゾートホテルに来ているような感覚になります。当日はこの窓から見えるテラスでデザートビュッフェだそう。その情景を想像するだけでうっとりです。。
あぁ、どうぞ風のない晴天に恵まれますように・・・!

幸せいっぱい・こだわりいっぱいのお2人のシンプルWEDDING。きっと、とってもとっても素敵なお式に違いありません。本番まであと本当にもう少し。体に気をつけて、準備ラストスパート、力を合わせて頑張ってね〜。
| 美味しいもの(逗子・葉山) |comments(2) | trackbacks(0) |
恩波亭でディナー
恩波亭3恩波亭2恩波亭1恩波亭4

結婚式から一周年ということで、恩波亭に食事に行きました。
久し振りの恩波亭・・・ちょうど夕暮れ時で、「そうそう、こんな感じだったよね〜。」
なんて言いながらお店に入りました。
どんどん暗くなっていく庭を眺めながら、美味しい料理をいただきました。
ここに来るといつも「ゆっくりした時間が流れるな・・・。」と思います。
全てがゆったりしているからでしょうか。席の間隔とか、窓から見える海とか、
本当に贅沢だな〜と思います。
案の定、店長さんは閉店を非常に悲しんでいました。スタッフの方もオープン
以来、どなたも辞められなかったそうで・・・きっと働いている人たちにも
居心地のよい空間なんだろうな。
そして大変残念なことに、このお屋敷も取り壊されるようです。
広い庭とお屋敷と離れと・・・葉山の海と山に非常に溶け込んだ空間だったのに
本当に残念です。
閉店まであと2ヶ月、機会があったら是非皆さんも出かけてみて下さい。
お昼も夜もそれぞれ趣があって、とてもよい雰囲気です。
バースデーコース特典(バースデーの方は無料)も引き続きやるそうです。
ココだけの話、バースデーは特に証明は入りません。名前と誕生日を記帳
するだけです。
・・・・・と、ものすごい宣伝になってしまいましたが。。もう二度と訪れることの
出来ない幻のレストラン。最後の勇姿を是非・・・!
| 美味しいもの(逗子・葉山) |comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |