<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
Perola Atlanticaのシャンパンテラス
さて、楽しくもあっという間の短い夏。しかも我ら会社勤め人間にとって、夏を楽しめるのは、実質、週末のみ・・・。
ならば、平日の夜は都会の夏も満喫しましょ!ってことで、飲んべえ女子チーム、仕事帰りに表参道で待ち合わせ。

お店へと向かう途中、LOUIS VUITTONのディスプレイがSO CUTE!

Perola Atlantica

夏の海も大好きだけれど、都会の夜もまた別のワクワク感、そして何より刺激的。この、COOLに浮足立った感じ、いいよねぇ。


本日のお店はGYRE4F、ポルトガルはマデイラ島料理の「Perola Atlantica(ペローラ アトランチカ)」にてシャンパン・テラスセット(〜9月中旬までの期間限定)を。

前菜4種とエスペターダ(マデイラ島の名物料理、ケバブみたいな肉の串焼き)に、なんとヴーヴ・クリコの飲み放題が付くという嬉しいセット。これ、シャンパン好きにはかなりお得なセットですよ。ビールやカクテルなどもオーダー出来るけど、私たちは最初から最後までヴーヴ・クリコ一筋(笑)。しかも席は青山の夜景が一望出来るテラスのソファ席。このシチュエーションには一同かなりテンション上がりました。

Perola Atlantica

食事のほうは、最初に出てきた前菜4種がかなり少なめ・・・・・だったので、追加で料理を頼んだのだけど、最後に出てきたエスペターダが、グリル野菜も添えられて結構なボリューム!(写真左上の串に刺さっているのがエスペターダ。)

ま、いずれにしても今日は間違いなく、食べ中心ではなく、飲み中心でしたね(笑)。女子トークにも花が咲き、すっかり気分もリフレッシュ。一週間の疲れをこういうかたちで吹き飛ばすことが出来る環境と仲間に感謝です。

洗練された都会の空気とシャンパンと。どっぷりと酔いしれた週末の夜でした。
(シャンパンテラスセットは期間限定なので、行かれる方はお早めに!)

| 美味しいもの(表参道) |comments(0) | trackbacks(0) |
Cafe-Creperie Le Bretagne(ル・ブルターニュ)
le-bretagne

よっちゃんと久々にランチ。交番前で待ち合わせして、表参道のCafe-Creperie Le Bretagne(ル・ブルターニュ)へ。ここは、バスク旅行でもお世話になった友人、tchieちゃんが住むフジェールに本店のあるクレープリー。本場の美味しいガレットが食べられます。移転して、以前の場所よりほんの少し外苑寄りになりました。
相変わらず、スラリと颯爽としたいでたちのよっちゃん。秋の表参道がよく似合う、素敵なマダムだ。

ランチタイムにしては少し遅い時間に待ち合わせて行ったのに、店内は大盛況。フランス人の店員さんが「Bonjour!」と、にこやかに迎えてくれました。外国人のお客さんも多く、気分はすっかりおフランス(笑)。
せっかくなので、ガレット、サラダ、デザートクレープ、ドリンク付きのセットコースを。

le-bretagne悩んだ結果、ガレットは私もよっちゃんも「卵、ハム、グリエールチーズ、ジャガイモ、マッシュルーム」をチョイス。運ばれてきた大きなガレットを早速一切れパクリ。うん、この組み合わせはかなり好きな味。オーガニックシードルとともにいただくガレット、とても美味しくて、2人ともテンションUP!

マイホームを建てたばかりのよっちゃんは、ようやく片付けも落ち着き、西荻やら吉祥寺へはお散歩がてら徒歩圏内という、魅力的な場所で新生活を満喫中。毎日飽きることなく街を探索したり、楽しい日々を送っているとのこと。
そしてその気持ちには(場所は違うけれど)、私も同感!
お互い、充実した楽しい毎日を送れていることがとても嬉しく、じんわりと幸せな気持ちになりました。

デザートの塩バターキャラメルクレープもとっても美味しくて、ますます幸せな気持ちに(笑)。コーヒーも追加でお願いし、優雅なランチを満喫しました。

さて、帰り際、「Merci, Au revoir!」とお見送りをしてくれるムッシュー。そこですんなり挨拶の言葉を返せたのは、旅行の成果か、それともryoko先生のおかげか??(笑)
とにかく、自然と言葉が出てきたのが自分でも嬉しかった。もちろん、仏文出身のよっちゃんもサラリと挨拶を交わしていたけれども!
| 美味しいもの(表参道) |comments(4) | trackbacks(0) |
海月とハレノヒ
アネちゃんからランチのお誘いがあったので、久々に「海月」へ。
もちろんお目当てはお弁当ランチ。ちょっと遅い時間に行くと、いつもフラれてしまう。。
今日は無事2人してお弁当にありつくことが出来ました。

運ばれてきた出来立てのお弁当、この地味な色合いが、母の作ってくれるお弁当によく似ている(笑)。昔は周りの友だちの、カラフルな色合いのお弁当や、冷凍食品のナゲットが、ちょっぴり羨ましかったりしたものだ。弟も「ウチの弁当は発色が悪いよな。」などと言っていた。
だけど、今思えば、母は冷凍食品を使わずに手作りおかずで毎日お弁当を作ってくれていたんだなぁ。おかずの種類も、いつもたくさん入っていた。

海月

今日の海月弁当は、サバの塩焼き、胡麻和え、煮物、お浸し、梅干・・・・・実に9種類ほどの手作りおかずがほどよい量で詰まっています。鶏の唐揚げは別の小皿で揚げたてを出してくれました。
2人で「嬉しいねー。」「美味しいねー。」と言いながら食べました。青のりの味噌汁も嬉しくほっとする味。

アネちゃんの順調で元気そうな近況も聞けて、海月の優しいお弁当も食べられて、本当に心もお腹も満たされた満足ランチでした。



ハレノヒおまけで最近の表参道ランチをもう一つ。
青山通りから路地を入ったところにOPENした「ハレノヒ」
夜は有機野菜のせいろ蒸し鍋がウリのお店みたいだけど、昼は日替わりランチで。
この日は豚の角煮ランチ。
何が嬉しいって、セットのランチサラダ。茹で(蒸し?)野菜でたっぷりと入っているのだ。
・・・・・ってことは、生の状態だと相当な量の野菜!セットのサラダでこのボリュームは素晴らしい。ごはんは、白米か十穀米かを選べます。


最近、ランチネタ全然UPしてなかったな。。っていうか、全然新規開拓していなーい。美味しい情報&お誘い、お待ちしております(笑)。
| 美味しいもの(表参道) |comments(4) | trackbacks(0) |
休日の表参道散策
Zazza

早起き日曜日の続き。
朝食を済ませたら支度をして、表参道へ。今日はryokoとデート。来月に控えているRIEちゃんのWEDDING PARTYに着ていく服を見繕う旅。。
青山通りの気になるお店をいくつかのぞいた後、表参道ヒルズでランチ。「Trattoria&Pizzeria Zazzà(トラットリア&ピッツェリア ザザ)」にて。サルバトーレ・クオモ プロデュースのお店です。
もちろんピッツァは外せないってことで、サーモンとズッキーニのピッツア、豚ロースのグリル・オレンジソースを注文。前菜はビュッフェスタイルです。

・・・・・というわけで、最初からガッツリ飛ばし気味に前菜を皿に盛る我ら。。

ZazzaZazza

さすがのピッツァはモッチモチで美味しかった!もう一つのピッツァと迷ったから、メインなしでピッツア2枚でもよかったぐらい。いや、さすがに2人じゃそれは食べきれないかな。前菜の食べ過ぎでかなりお腹いっぱいになりましたので。
店内はかなり広いスペースですが、入店には少し並んで待ちました。出来ればケヤキ並木の見える奥の席がいいな・・・と思っていたら運良くそちらに案内されてラッキー。ちょうど目線の高さに見えるケヤキの緑がとてもきれいで、すごく気持ちのいい休日のランチでした。

その後は表参道ヒルズ内のお店もチェック。今までここで洋服をじっくりのぞいたことってなかったんだけど、手が届きそうな素敵なものもいっぱいあって(手の届かないものも多数アリ)結構いいじゃん!って感じ。
ryokoはセンスがとってもよくて、「実際に着てみたら素敵なラインの服」なんかを見つけるのがすごく上手。やっぱりこういうのって女友達と行くに限るよ〜ほんと!

Quatre Cafe結局今日は購入までには至らなかったけど、最近の流行(?)などもなんとなく分かったし、いくつか目をつけたものもあるし、とりあえず今日のミッションとしては満足。

大分歩き疲れたので、最後はQuatre Cafeでお茶。
こちらもちょうど目線にケヤキ。覚めるような若葉の黄緑からは大分濃いグリーンに変わってきたけど、やっぱりまだ勢いがある感じ。ランチの満腹感を引きずりつつ、まったりとお茶。BGMはエディット・ピアフ。


鎌倉ののんびりした空気と、都会の刺激的な空気と、両方の空気を思う存分吸って(笑)、すっかりリフレッシュ出来た週末。気分良く月曜日が迎えられそう。
| 美味しいもの(表参道) |comments(4) | trackbacks(0) |
ベジタリアン弁当
最近、毎週水曜日は岩盤ヨガに通っているので、なんとなくこの日は「デトックスデー」という気持ちになり、いつもよりお水も多めに摂るよう心がけちゃったり、ランチもヘルシーなものを選んでしまう・・・・・週一ってところが「なんちゃって」なんだけど(笑)。

naturalhouse

幸いにも、時代の流れか場所柄なのか、この界隈には、菜食中心、マクロビなどのお店がたくさんあるので「今日はどこにしようかな?」と楽しむことが出来る。
その中でも最近お気に入りなのがナチュラルハウスの「ベジタリアン弁当」。680円というお手ごろさ、そして先着20名には具沢山のお味噌汁まで付くのだ!実はここのお店の具沢山お味噌汁はかなりお気に入り。自家製味噌がなくなったら、次はナチュラルハウスのお味噌にしようかな・・・と思っているぐらい。
お弁当はおかずも工夫されていてかなり満足感があるし、もともと菜食は全然苦にならないから毎回とっても美味しく食べています。


cavolo neroで、岩盤ヨガ後の夕食もちょっとヘルシーに。(ただ単に時間が無いってこともあるけど。)
でもさすがにダンナさんを付き合わせるのはかわいそうなので、飲み会で夕食要らずの時には、ここぞとばかりにシンプル。
これは、少し前に作った、黒キャベツ(カボロネーロ)のトマト煮込み。


cavolo neroところで、、

黒キャベツって、どんなのか知ってる?

・・・・・こんな感じなんです。
煮込んでも煮崩れないらしい。イタリアの野菜。
クセも無く、ちりめん状の葉が美味しいです。
| 美味しいもの(表参道) |comments(2) | trackbacks(0) |
Napule(ナプレ)でランチ
都内に用事のあったyou*からランチのお誘い。わざわざ青山まで来てくれました!とっても嬉しいです。
「何が食べたい気分?」とメールしたら、「イタリアン・・・ピザ食べたいかも!」とのお返事だったので、それではNapule(ナプレ)にしましょう、と。私も久々のナプレ、楽しみです。

napule

イタリアのトラットリアを思わせるような内装のお店って多いけど、その中で、私はここのお店の雰囲気が特に好き。白を基調としていて窓が多くて明るくて。まるでシチリアの海辺にあるような・・・そんなイメージです。

napulenapule
napule
パスタランチとピッツァランチを頼んでシェアすることにしました。
パスタはアグー豚のソーセージと黒キャベツのリガトーニ。
ピッツァはシラスとアンチョビのピッツァ。
最近、ソーセージ系のパスタがかなり好き。黒キャベツも本当に黒くて、最初にお皿が出てきた時には「これ、なんだったっけ・・・」と、一瞬この野菜がキャベツであるということが分からないぐらい。キャベツそのものの味はソースと絡んでいて分からなかったけど、甘めの柔らかいキャベツでした。
もちろんピッツァも絶品。モチモチ窯焼きピッツァはここの看板メニュー。

久々に会ったのと、you*と2人で青山ランチなんて、めずらしいシチュエーションにテンションも上がり、デザートまで頼んですっかり満喫。ほんと、いい時間を過ごせました。you*ありがとうね。



さて、今日は雛祭りなので、形だけでも簡単なちらし寿司を作ろうかしら・・・と思っていたところ、ダンナ母から「カニちらしを作ったので駅まで届けます。」の嬉しいメール。
おぉ、有り難い!では、ちょっと奮発して蛤のお吸い物でも作りましょう・・・と、会社帰りにfoodshowへ立ち寄ると、なんと蛤はすでに完売。残念に思っていたら、なんとなんと、ダンナ母が立派な蛤までセットで持たせてくれた(涙)。ほんと、痒いところに手が届く心配りに脱帽と感謝です。

雛祭雛祭

ダンナ母のおかげで、思いがけず充実してしまった我が家の雛祭りの食卓は、
カニちらしとお吸い物の他に、菜の花の辛し和え、せりの胡麻和え、フルーツトマト、鰆のねぎ味噌ソース。
ダンナがすぐに食べ始めてしまったので写真は無いけど(笑)、ねぎ味噌ソースが好評だったので、ここに備忘録として簡単にメモ。

ごま油で粗みじん切りした葱をしんなりするまで炒め、味噌、コチュジャン、砂糖、しょうゆを混ぜ合わせたものを加えてとろみが出るまで加熱。ソテーした鰆にかけました。

なんだかすっかり春らしい、そして雛祭りらしい華やかな食卓になりました。かなり満腹・満足。お義母さん、ありがとう。


雛祭

この写真は、この時期、由比ガ浜通りの寸松堂さんに飾られるお雛さま。
まあるいふっくらとしたお顔立ちが、実家のお雛さまと似ていてお気に入り。可愛いです。
| 美味しいもの(表参道) |comments(2) | trackbacks(0) |
café ±0(カフェ プラスマイナスゼロ)
plusminuszero

週初めだというのに、前日ワインの飲み過ぎでやや頭が重い・・・・・。
蓬莱で坦々麺を食べた後(二日酔い気味の時は味の濃い〜ものを食べたくなります。)café ±0で雑誌を読みながらラテ。やっぱりお店のラテは美味しいなぁと思いつつ(笑)。
プラマイゼロのショウルームの奥にあるカフェ、通りに面してないのがひっそり感があっていい感じ。そしてあいにくの天気だからか貸切状態。
あぁ、雨の向こうに色とりどりの加湿器が整然と並んでいる。。

plusminuszero

こちら、この冬から会社で活躍中の加湿器。
このまあるいののおかげで、今年は社内で風邪を引く人が少なかった・・・との話もあるとかないとか。
デザイン性と機能性のバランスって非常に難しくて、なかなか両方を兼ね備えているものってないのよねぇ。

どちらを優先するかって、モノにもよるけど。。特にプラマイゼロ好きってわけじゃないけど。。

だけど、なーんかこの形からポコポコと蒸気が出ているのって、癒される(笑)。
| 美味しいもの(表参道) |comments(4) | trackbacks(0) |
benoit(ブノワ)でバスク料理
benoit

空高く舞い上がる風船!

青空に濃いピンク、きれいなコントラスト。非日常的な風景。
休日の青山通りにて。


ブノワで開催されているアラン・デュカスプロデュースの食イベント「フードフランス」
今回はバスクのシェフが来日と聞いて、思い切ってランチに出かけました。
お天気もよく、都会の景色が一望出来るダイニングにて、ちょっと贅沢なランチの始まりです。
benoit

まずはローランペリエで乾杯。アミューズは、生ハムとお芋のチップス。ディップ添え。


benoit

前菜は、「ポーチドエッグのピペラードジュレ寄せ、オニオン風味のムイエット、ウナギの薫製」。
鮮やかなグリーンのペピラードジュレの中にはまったりしたポーチドエッグ。
そしてスモーキーなウナギの燻製がよいアクセント。シャンパンとの相性もバッチリ。


benoit

「塩鱈とベトラーヴ/タマリンド、マロンのヴェルーテ、エスペレット唐辛子、冬野菜」
鱈はビーツの赤ソースをまとい、3種のソースもグリーン、茶、ベージュと色鮮やか。鱈の塩味とソースの甘みが合わさると、とても複雑な味わいになります。
食べ終わった後の皿は、美しい色のソースが混ざり合い、まるで春をイメージしたパレットのよう。。本当にきれいでした。

benoit

「農家産地鶏のイカスミ風味、小イカのサフランマリネ、ハースニップのピュレ添え」
ボイルされたブレス鶏がまとっているのは真っ黒なイカ墨ソース。サフランで黄色く色づいたイカの中には自家製のやわらかいソーセージ。色といい、食材といい、組み合わせの発想がすごい。見た目の斬新さとは裏腹に、口に入れるとすんなりと受け入れやすい美味しさ。目で見て楽しい、食べて美味しい、という感じです。


benoit

「林檎のオーブン焼き、クルミのシブーストと冷製コンソメ」
こちらは、軽くやさしい色遣い通りの味でした。デザートは別腹と言うまでもなく、するすると入っていく感じ。

benoit

最後、ミニャルディーズはフィナンシェにダックワーズと結構ボリュームがあったのですが、ひんやりとしたアイスが添えられているので、こちらもパクパクっと。

今回、とにかく印象に残ったのは、料理の「色」。
鮮やかな緑の前菜に始まり、赤や黒・・・・・まるで予想もしない色の料理が次々と出てくるのでかなりインパクトがありました。フレンチの場合、まず見た目の繊細さに感動することが多いけれど、色の組み合わせに感動するのって初めてかも。もちろん味のほうもどれも美味しく、お腹も心も満たされたランチでした。

最後にシェフのセドリック ベシャドさんが挨拶に来てくれたんだけど・・・・・またまたびっくり、超イケメンシェフ!感動も倍増です(笑)。こんな素敵な方がこの芸術的な料理を生み出しているのね。。天に二物を与えられたって感じ。

彼はバスクの人気オーベルジュ、その名も「オーベルジュ・バスク」のオーナーシェフ。
今年の夏こそはバスク旅行へ行こうとしている私たち、「9月に泊まりに行きます!!」と宣言して帰ってきました(笑)。
「食材的にも気候的にも一番いい季節だよ。」とニッコリ微笑むシェフ。ええ、もうオーベルジュ・バスク行きます、絶対に。
| 美味しいもの(表参道) |comments(2) | trackbacks(0) |
xmasランチは酸辣湯麺
連休明けのランチは、振替定休日でないことを願いつつ、Eさんと「希須林」へ。
ここは坦々麺も人気だけど、私は最近もっぱら酸辣湯麺。
ほどよい酸味と辛味ととろ味、そして何といっても野菜たっぷり具沢山!(今日の盛りはイマイチ、かも?(笑))
アスパラ、舞茸、パプリカ、ブロッコリー、山くらげ、白菜、人参・・・・・とにかく、麺をすすっているというより、野菜を食べている、という感じ。ご飯と食べ放題のザーサイとの組み合わせも最高。あぁ、こうやって書いている今も食べたくなってきた。。

希須林

思うに、希須林には、このお店を目指してやって来たお客さんしかいない・・・はず。
なぜならとーっても分かりづらい場所にあるし、看板らしき看板も出ていない。通りがかりに入ってきた、というお客さんはまずいないと思われ。だけどお昼時、少し時間を外して訪れても、いつもほぼ満席。骨董通りには、「ふーみん」もあるし、北青山には「蓬莱」もあるし、中華を食べたい時にはわりと困らないこの界隈。やっぱり中華ランチって美味しいよねぇ。


xmasそして、夜。
スズキを買ったので、残り物と家にあったワインでプチクリスマス料理。

・ スズキのポワレ
・ 蕪と椎茸とパプリカのグリル
・ グリーンサラダ
・ コンソメスープ

スープはホロホロ鳥の骨から出汁をとったので、何とも言えぬ味わい深さ。
スズキのポワレのソースは、カリフラワーのポタージュの残りを煮詰め、生クリームを加えて少々アレンジ(笑)。
僅かな残りものを更に駆使出来て、私、かなり自己満足でございます。
それから、フォアグラパテの貴重な残りもいただいちゃいました。ryoko、ごちそうさま!



このキャンドルのアレンジもこの3日間大活躍してくれました。
キャンドルもすっかり短くなって・・・・・
実家のヒイラギも加えたのでかなりクリスマスらしくなりました。
xmas

そして、クリスマス当日に届いた可愛い可愛いxmasカード。
ご近所の、一瞬幻かと見紛うような、ゆっくりと仄かに浮かび上がる室内のツリー。
どちらも心がぽっと温かくなる、最高のxmasアイテム。

最後にもう一度、「メリー☆クリスマス」
| 美味しいもの(表参道) |comments(2) | trackbacks(0) |
Le cafe BERTHOLLETで休日ランチ
今日は、来年WEDDINGを控えているRIEちゃんと表参道のウィングドウィールさんへ。
久々に行きましたが、やはりここのペーパーアイテムはいつ見ても洗練具合がずば抜けている!だけどお値段は良心的なので、2人のテンションはかなりUP。「あれもステキ。」「これもいいね。」と、長いこと時間をかけて全てのアイテムを隈なくチェック。WEDDINGパーティを控えている方はもちろん、普段使いのレターセットやカードも素敵なものが沢山揃っているので、センスのよいペーパーアイテムをお探しの方には本当にオススメのお店です。

berthollet

・・・・・と、ウィングドウィールを十分満喫したところでお腹が空いたのでランチ!
いくつか候補を挙げて、ベルトレに決定。平日は(特に最近)頻繁に通っているんだけど、休日ランチは初めて。いつもは時間の都合上、クラブサンドやタルティーヌを頼むことが多いので、今日はのんびりランチを楽しめるということで、ここぞとばかりに前菜・メイン・デザートが選べるコースをチョイス。

bertholletberthollet

前菜は、ニース風サラダ。シャキシャキ新鮮な野菜が盛りだくさんで美味しかった。RIEちゃんはタスマニアサーモンのマリネ。
メインは、鴨肉とフォアグラの網脂焼き。これ平日だったらワインが欲しくて苦悩するところ(笑)だけど、今日は日曜日、しっかり赤ワインをいただいちゃいました。うふふ、幸せ幸せ。かなり濃厚だけど野菜と一緒に食べると意外としつこさはなく、満足感の高いメインでした。
デザートのクレームブリュレにコーヒーまで付いて1,900円。これかなりCP高いと思う。ここのお料理は本当に美味しいし。今日は運良くテラス席にも座れたし(テラス席のほうが明るい)満足ランチになりました。

その後はRIEちゃんのリクエストにより、青山の雑貨屋さんやインテリアショップ巡り。
頭の中でコースを組み立てていなかったので、思いつくままに手当たり次第あっちやこっちへと(笑)。RIEちゃんの備忘録を兼ねて、本日のお店リストをこちらに。

B-COMPANY
spiral market
Madu
H.P.DECO
IDEE SHOP ecarte
La Cucina Felice AOYAMA
maturite
arenot

RIEちゃんが「楽しい!楽しい!」と言ってくれるので、私も嬉しくなって、ついブンブンと振り回しちゃったけど、いつも一緒に旅行に行ったときのフットワークの軽さには自信がある2人なので、もうすごい勢いで駆け巡ったよね(笑)。私もいつもは1人で立ち寄っているお店に「可愛いよね〜。」と言える相手と一緒に行くと、いつもより断然楽しい気持ちになりました。あー今思えば、あそこもここも行けばよかった・・・・・と、後から色々思い出したけど、限られた時間でこれだけ回ればまぁよしとしましょう(笑)。

glass今日の私のお買い物はこちら。
以前、りっぺにいただいたグラスがとても気に入っていて、色違いのブルーを2つ買いました。この薄さ具合が非常に口当たりがよくて、ビールを飲んでもワインを飲んでもとても美味しいのです。見た目も美しいし。我が家ではヘビーユースです。他にもサイズ違いや形違いもあるので、これから少しずつ揃えていきたいな。
そして新生活が始まるRIEちゃんにもお揃いのグラスをプレゼントしました。
これからの生活に必要な、お気に入りのものを探す楽しみ。センスのいい2人だから色々とこだわりつつ、一つずつ見つけていくんだろうな。どんなカラーのお家になるのか、今からとっても楽しみ。
| 美味しいもの(表参道) |comments(3) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>