<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
夏のごはん アジアン編
バーンプータイ

すっかり放置状態のblogを毎日のぞきに来て下さる方、ありがとうございます〜!

こちらの更新は本当にお久しぶり・・・・・季節はすっかり夏になりました。。今年は猛暑ですね。私は今のところ夏バテ知らず、むしろますます元気一杯、という感じ(笑)。楽しい季節がやってきました〜。


夏といえば、スパイシーなもの、エスニックなものが食べたくなります。
そんなわけで、先月食べた美味しいものいろいろ、アジアン編です。

カトマンズガングリ

まずは、ネパール&チベット料理から。
あいにくのものすごい暴風雨にめげそうになりながらも、目指すは目黒の「カトマンズ・ガングリ」
ネパール&チベット料理なんて初めてだし、いつも美味しい情報をいっぱい教えてくれるfumiさんセレクトなので期待度高し。

ネパールの蒸し餃子・モモ(左)とチベットの蒸し餃子・スウイーマイ(右)にネパールビールで乾杯!

蒸し餃子はそれぞれ食感も違うし、中華の小籠包ともまた違う感じ・・・辛めのソースで食べるスパイシーな餃子。厚めの皮が手作り感があって美味しかった。
ネパール&チベットの料理は、場所柄、インドと中華の要素が混じり合っているらしい。確かに、そんな感じかも。
本当はカレーも食べてみたかったけど、餃子の皮が胃の中で膨らみ、そこまでたどり着けず。。次回は大人数であれこれトライしてみよう。fumiさん、いつもありがとう!


海南鶏飯食堂2

お次はシンガポール料理。恵比寿の「海南鶏飯食堂2」
久々に高校時代のメンバーが5人も集まって、今日は母であることも妻であることも忘れ(?)、ビール片手に心はすっかり女子高生。一体そのネタで何回笑った?と自ら呆れつつも笑いが止まらず。

青菜炒め、シーフード料理、スペアリブなどなど・・・香菜を効かせつつ美味しい料理に舌鼓を打ち、シメには、、バースデーキャンドル付きのチキンライス。。(微妙?!)
皆でryokoのお誕生日をお祝いをしました。ryokoおめでとうー!!!


Himalaya Curry

最後はタイ料理。毎夏恒例、由比ヶ浜海岸のタイ屋台にて。
今年はトルコ料理のアルカダッシュも仲間入り。昨年も出店していたヒマラヤカリーもタイ屋台に仲間入り。もはや無国籍状態?!

そして、ヒマラヤカリーにはモモがありました!こちらは揚げ餃子。やはりスパイシーで美味しい。ビールによく合う!
アルカダッシュのフムスは、辛いタイ料理の箸休めにピッタリです(笑)。ホッとするマイルドなお味。

なんだかんだ、先月は毎週末のように通いました・・・・・常に「タイ屋台行こうよー。」とお声がかかるので(笑)。やっぱりここは仲間とワイワイやるのが一番!

さらに、海のタイ屋台にはプラスアルファのお楽しみも・・・

sunset

とある日のサンセットはうっとりするほど美しかったし、


fireshow


とある夜は、のびるアイスを回し食べしながらファイヤーショー見て盛り上がったり。

あー夏ってなんて楽しいのー♪ 夏って最高!!
| 美味しいもの(恵比寿・広尾・目黒) |comments(4) | trackbacks(0) |
No Man's Land と JENITH GUSTRO
No Mans Land

ryokoと旧フランス大使館で開催されているアートイベント「No Man's Land」へ。

フランス大使館新庁舎オープンに伴い、旧庁舎では日仏のアーティスト70人が参加し、ウォール・ペインティングや解体廃材を用いて創られたオブジェの展示など、まさに建物が解体されるからこそ実現できる大胆なアートが繰り広げられています。
通常はビザの手続きでしか訪れることのできない大使館、この貴重な機会と週末ということも相まって、かなりの大盛況ぶりでした。

まるで学生時代の文化祭を思い出すような匂い(笑)と作品の数々に、最初こそ興味津々で観賞するも、次第に私たちの関心は、この旧庁舎の「建物そのもの」へと・・・・・

No Mans Land


旧庁舎は1957年竣工、設計者は、ジョゼフ・ベルモン。当時24歳という若さでこの建物の設計を手掛けたそう。

No Mans Land


No Mans Land


No Mans Land


質実剛健という感じの造りに経年変化がプラスされ、実にいい味わいが出ている。老朽化に伴う取り壊しということだけど、素人目にはこのどっしりとした存在感のある建物がもうすぐ姿を消してしまうというのは、なんとなく寂しい気持ち。

でも、取り壊す前にこうやって見学することができたのはよかった。さらに欲を言えば、「アートされる前」の姿も見たかったなぁ。。


No Mans Land

これは、作品ではなくて、作品を見ているカップルをこっそり激写(笑)。この窓枠といい、窓越しの枯れ木のシルエットといい、ほーんとうっとりするぐらい十分絵になるのですよ。アートイベントの趣旨は理解しつつも、むしろ大胆なアートは不要かも・・・と、ついつい思ってしまうのだ。
(このイベントは好評につき、2/18まで会期が延長されるそうです。)


その後、恵比寿のエステで2人してマッサージを受け、「JENITH GUSTRO」でごはん。
ここ、とってもよいですよーオススメ!!

JENITH GUSTRO


メニューに「お2人なら3皿で十分満足できます」と書いてあるのだけど、本当にその通り。
私たちは、冷前菜、温前菜、メインの3皿をシェアしたけど、どれもボリュームたっぷりで、かつ、美味しい。特に温前菜の「トリュフオムレツ」にやられた!ふわふわオムレツの中にも外にもたっぷりトリュフが・・・・・あの香り、たまりません。。
ワインはハウスワインならば、1,800円で赤白飲み放題。お店の人がちゃんとグラスの空き具合を見てきちんとワインを注ぎにきてくれるし、白→赤へチェンジのタイミングも絶妙で素晴らしかった。おかげでついつい飲み過ぎてしまいました(笑)。

帰りにバナナブレッドのお土産までもらい、大満足。今度は皆でわいわいやるのも楽しそうだな〜そんなお店。また来たいです。





| 美味しいもの(恵比寿・広尾・目黒) |comments(2) | trackbacks(0) |
EATALY
EATALY

会社帰り、ryokoと代官山にOPENしたトリノの高級イタリア食材店EATALYへ。
スローフード協会監修の、高品質の食材がずらりと並んでいる店内。もちろんお値段もそれなりにします。。。が、やはり、こういう物珍しくて美味しそうなものを手に取ったり眺めたりするのは、たとえ見るだけでも楽しい(笑)。しかし、せっかくなので、奮発していつもの何倍もするパスタ(乾麺)を購入。

EATALY
EATALY

フードコートが併設されているので、こちらで軽く夕食・・・のつもりが、特にピッツァのボリュームが多く、思いの外お腹がいっぱい。釜焼きのモチモチピッツァでとても美味しかったです。パン(+オリーブオイル)は食べ放題らしいのですが、ピッツァですっかり満たされてしまい、あまり手が付けられず。が、このパンも釜焼きパンなのでもっちり美味い。ワインもリーズナブルだし、手軽に食事を済ませるには十分満足。ただし、スーパーの片隅で食べている感は否めないので雰囲気のほうは・・・・・(笑)。(11月より2Fにイタリアン「Guido per Eataly」がOPENしたようです。)

私にとっては、そうそう気軽に立ち寄れるスーパーではないけれど、(立地的にもお値段的にも)話のネタというか、好奇心は十分満たされました(笑)。


イータリーを楽しんだ後は、自由が丘へ。Posso Fumare? 奥沢の休憩所 でまたまたワイン。時間を気にせずお酒を飲めるのって幸せ・・・・・なにせ今日はryokoの家にお泊り。パジャマ借りて、遅くまでおしゃべりして。うーん、こういうの久しぶりで楽しい。やっぱり、いくつになっても、主婦になっても、女友だちとの時間は私にとって、楽しくて大切な時間だな。
| 美味しいもの(恵比寿・広尾・目黒) |comments(0) | trackbacks(0) |
「LUBERO@目黒」と「SALUS」
LUBERO

お店での盛り付けのセンスって本当に参考になると思いません?
私にはセンスもないし、自らアイディアを創造する力もないので、こうやってお店できれいな盛り付けを見るたびに「なるほどね!」と(心の中で)手をポンと打つ気持ちです。

時にはとても真似することの出来ないような複雑で繊細な盛り付けに出合うときもあるけれど、それはそれでとても嬉しいし、「あ、これ私にも真似出来るかも?」と思うような、ちょっとした工夫の盛り付けに出合うのも嬉しいです。

この、トマトソースとバジルソースのコントラストにもかなりググッときました。
もちろん、味もとっても爽やかで、本当に夏の暑い日向けな感じ。そしてボリューム満点なメインでした。

LUBERO順番は逆になりますが、最初に出てきた冷たいかぼちゃのスープもとっても美味しかった。汗がすっとひきました。
週末のお客様には私も冷たいスープを出そう・・・そう思いつき、ここでもアイディアをいただきです。

うーん、そんなことを考えつつ、美味しく楽しい今日の目黒ランチでありました。
LUBERO Cafe Restarutant & Gallery
(とりあえず、目黒ランチは今日でおしまい。)


LUBEROそうそう、それと、今日ずっと手に持っていた冊子。
「SALUS」という東急沿線で配られているフリーペーパーなんですけど、何気にいつも発行日を楽しみにしています。東急沿線のお店の紹介が大半を占めているものの、巻頭の特集やコラムがいつも興味深い。
今回の特集は、「さ・し・す・せ・そ」のいろは。
さ・し・す・せ・そ、とは、もちろん、基本の調味料、砂糖・塩・酢・醤油・味噌のこと。
毎日これらの調味料を使わないことはないぐらいお世話になっているのに、意外と基本的なことを知らなかったりして。。(汗)
今回も「ふんふん、なるほど・・・」と、かなり読み入ってしまいました。毎回表紙の写真が美しいところも気に入っています。
| 美味しいもの(恵比寿・広尾・目黒) |comments(2) | trackbacks(0) |
chez tomo(シェ トモ)で休日ランチ
大学の友人たちと恒例のお誕生日会。毎回「こんな歳になってしまった。」と嘆くけど、お互い誕生日が近いので、皆で嘆けるからいいのだ(笑)。
今回は広尾の「chez tomo」でランチ。とっても暑いので恵比寿からタクシーで行きました。
chez tomo


プリフィクスのランチで、私の前菜はブータンノワール。キャラメリゼされたりんご添え。
そして私のお皿の前方からは、kaeとmihoのセレクトした黒トリュフのリゾットの、なんともたまらないイイ香りがプンプン。夏トリュフなんですって。テーブルまで瓶にぎっしり詰まったをトリュフを見せに(嗅がせに?)来て下さいましたよ。思う存分、吸い込ませていただきました(笑)。

2皿目の前菜は、季節の有機野菜の盛り合わせ。30種近い野菜が整然とお皿に並ぶ様子はとってもキュート。一つ一つ「これなぁに?」なんて言いながら(最近の市場通いでちょっと鍛えているおかげか(?)何の野菜か大体分かりました!)素材の味を楽しみました。目で見て楽し、味わって楽し、の一皿です。

chez tomo

メインの魚料理、(メニュー名を失念してしまいましたが)私は「ふんふん、魚にホタテと茄子の付け合わせね。」なんてあまり深く考えずにオーダーしたのですが、出てきたお皿は・・・・・茄子はこう形を変えて出てきたか、そして魚はこれか?!って感じ。こういう自分の想像のキャパを超えてるお皿って楽しい。
デザート選びに至っては、サービスの方が各テーブルまで見せに来て下さるのは、それぞれのメニューの原材料。ヴァローナの大きな板チョコだったり、フレッシュなチェリーだったり、甘い香りのするヴァニラビーンズのさやだったり。「この素材から完成形を想像して下さい。」てな感じです。
なので、やはり実際に出てきたお皿は、事前にデザートそのままを見せてもらうのと違って想像していたものと少し違う場合もありそうだけど、自分で素材を見て選んでいるからか、「あれがこんな風に生まれ変わったのかぁ。」と、その意外性もまた楽めるのです。

ボリューム的も十分満足のランチでしたが、このちょっとした演出や楽しませ方は女性向き?実際、女性客のほうが断然多かったし、かくいう私たちも女性4人組。いつも仕事帰りに集まることが多かったので、このメンバーで休日の優雅なランチってちょっと新鮮。私たちも大人になったものだなぁ。
それにしても、15年前は「食べ放題」という言葉に目がなかった私たち。よく授業をさぼって、八王子の山奥から銀座まで、はたまた表参道まで上京しては、食べ(放題)歩きをしたものだけど、いつの間にか量より質になったのねぇ・・・・・と思うと感慨深い(笑)。

これからもともに歳をとり、ともに美味しいもの食べて祝い、そして笑おうね。
| 美味しいもの(恵比寿・広尾・目黒) |comments(5) | trackbacks(0) |
バル巡りin恵比寿
「金曜日、飲みに行こうよ。」と声をかけあったものの、当日まで、待ち合わせ時間も待ち合わせ場所も決まらず、もちろん店なんて予約せず(笑)。だけど、いつもなんとかなっちゃう、不思議な飲み仲間。私も「さすがに金曜日の恵比寿で予約も無しに8人はちょっと無謀じゃ?」と思ったけど、先にお店に着いていたチームは、ちゃっかりしっかり席をキープしていた。そして、仕事が終わった者からなんとなく集まってくる、ゆるゆるな会。
私が「男女7人夏物語みたい。」って言ったら、ryokoに「古過ぎ!」と突っ込まれたけど(笑)。

Tio danjo

1件目は「OSTERIA E BAR DE BOO」というイタリアンバール。もちろんワインはボトルで頼むけど、グラス8杯に注いだらあっという間になくなってしまうので、何本ものワインが空きました。
何でもよく食べよく飲むのが信条の私たち、気軽なお値段のこちらのお店でも、最終的には結構な額になっていて、思わずレシートを凝視・・・・・いや、しっかり、お勘定通り食べてるし、飲んでます。
なにせ、行き当たりばったりで8名すんなり入れたってことで、穴場のお店かも?その後間もなく満席になっていましたけどね。
buona-italia

そして、ご機嫌な一行は、お気に入りのスペインバル、「ティオ・ダンジョウ・バル」へ。
お店はぎゅうぎゅうの満員だったけど、構わず外で「かんぱ〜い!」とやりながら飲んで待つ私たち。そんな風に待たせてくれること自体が有り難い。間もなく我々も店内にぎゅうぎゅうと潜入(笑)。
やっぱりここはすごい。活気もあるし、タパスはどれも美味しいし。本場のバルはこんな感じかなぁ?と、わくわくする。立ちっぱなし(スタンディングバーなので)なんてことも全然気にならない。静かに落ち着いて飲みたい人には全く向かない店だけど、いつ行ってもこの賑わいが心地よい。
Tio danjo


10年ぐらい前は、地元の居酒屋で、わーっと連絡を回して、わーっと集まって、わーっと無茶飲みしたりしていたけど、さすがに私たちも大人になって、少し落ち着いた(笑)。
だけど、逆にこんなにいい歳になっても、こうやってふらりと集まって飲める気の置けない仲間がいることに、ちょっと嬉しくなった夜でした。
| 美味しいもの(恵比寿・広尾・目黒) |comments(3) | trackbacks(0) |
cafe 茶洒 kanetanaka
cafe 茶洒 kanetanaka

目黒に用事があったので、今日は目黒ランチ・・・・・といっても全く詳しくないし、ノーリサーチで来てしまったので、どうしようかな、、と思っていたところにふと思い出した、東京都庭園美術館の「cafe 茶洒 kanetanaka」。今日もものすごく暑いし、駅から少し歩くのでちょっと躊躇しましたが、せっかくの機会なので、日傘差してエイッと歩き出しました。

うーん、頑張って歩いてきてよかった。お店の中はひんやりと涼しく静かで、窓の向こうの自然教育園は、きっとうだるような暑さなんだろうけど、ガラス一枚挟むだけで、なんとまぁ緑が涼しげに感じること。目の前にある紅葉の木がより一層涼しさを演出してくれます。

cafe 茶洒 kanetanaka

翡翠(ひすい)麺を食べて、冷抹茶を飲んで、ずんだ餡としょうが餡の白玉を食べて・・・と緑づくし。これもまた涼を感じるわぁ。そしてなんだかとってもほっとする。。ゆっくりと過ごしたい場所でした。

東京都庭園美術館は、とても好きな美術館。展示物より、建物の内装に気を取られたりして(笑)。
この日はちょうど入れ替えの時期で美術館はお休みだったけど、7/19〜は「舟越桂 夏の邸宅」展が始まるそう。ドレスコード割引は、舟越桂さんの作品が木彫であることにちなみ、木で作られたもの(アクセサリーや木のボタン、ハンドバッグの持ち手、サンダルなど)、だそう!こんな洒落っ気のある割引があるところも、この美術館の素敵なところかも。
| 美味しいもの(恵比寿・広尾・目黒) |comments(0) | trackbacks(0) |
Brasserie ON HOA(オン ホア)
onhoa

連休の谷間。無事(?!)連絡がついたメグを囲んで高校メンバーと食事。
急遽決まった会、場所は恵比寿で・・・とのことだったので、「Brasserie ON HOA」を予約してみた。産地直送のオーガニック素材を使った料理と2,000本の自然派ワインが揃う店。店内は私たちも含め、女性で大賑わい。
久々に会うメグは元気そうで相変わらずな様子、本当によかった(笑)。
この日はプリフィクスコースだったので、(5/8〜はアラカルト中心のメニューになるらしい)前菜、主菜からそれぞれ好きなものをチョイス。

onhoa

私の選んだ前菜は、ホタルイカ、野菜、山菜、筍など、旬のものがたっぷり。春の味覚を満喫。
それからアミューズのレバーペーストにハチミツがかかったものもすごく美味しかった。私たちはちょうど赤ワインを頼んでいたので大正解でした。

onhoa

メインは「北海道とかち農園のアップルポーク」。骨付きなのでかなりのボリューム!そしてお肉の下にはグリルされた甘い野菜がたっぷりと。
ワインも2本目に突入。よく食べよく飲み、そしてよく笑いました。


私たちは高校時代からの付き合いなので、とかくその当時の話に花が咲きやすい。
この話、度々出てくるけど毎回笑っちゃうのが、現社のテストでの話。試験中、解答を思い出せずにいたメグが、苦し紛れで解答欄に小さな小さな文字で 「エピレディ」 と書いたら何故か○が付いて返ってきたって。(注:「エピレディ」とは、その当時、ソニプラなどで売っていた家庭用脱毛器の商品名。)
某おじいちゃん先生だったんだけど、何故○だったのか、そして本当の正解は何だったのかは誰も覚えておらず、いまだにナゾ。だけどこのエピソードは何年経っても語り継がれています。。
| 美味しいもの(恵比寿・広尾・目黒) |comments(3) | trackbacks(0) |
LANTERNA MAGICA(ランテルナ マジカ)
lanternamagica

fumiさんとバレンタインデート。念願叶って「ランテルナ マジカ」へ。
あちらこちらで評判を聞いていたので、ずっと行ってみたかったお店。予約は案外すんなりと取れました。

目黒駅からそう遠くは無いけれど、「え、こんなところにお店が?」と思うような、かなり隠れ家的な場所。多分お店が見えるまでは「本当にこっちの道であっているのかな・・・」と不安になりそうな感じだけど、fumiさんが来訪済みだったので、迷うことなくスムーズに辿り着けました。

静かな通りから一歩店内に入ると、途端に活気のあるトラットリア。そして黄色いクロスのかかったテーブル。以前fumiさんと一緒に行った恵比寿のイル ボッカローネに雰囲気が似ているなぁと思ったら、fumiさんによると、どうやらイル ボッカローネ出身の方がやっているお店らしいとのこと。なるほど、と妙に納得。イル ボッカローネもとても美味しかったから、期待も高まります。

lanternamagicalanternamagica

メニューはせっかくなので本日のオススメの黒板から決めることに。
全てイタリア語表記&金額表記なし(笑)のメニューを、お店の方が一品一品丁寧に説明してくれるのを一生懸命記憶しつつ、ようやく前菜2品、パスタ2品、メイン1品と決めることが出来ました。調子に乗ってあれこれ頼んでしまったけど大丈夫かな?しかも私たちいっぱい(笑)飲むしなぁ。。

前菜は、「牛肉のカルパッチョ」と「アーティチョークと穴子のフリット」。
カルパッチョは、大きなお皿から溢れんばかりの盛り付けに思わず歓喜!とろけるお肉はパルミジャーノとの相性もバッチリ。てんこ盛りのカルパッチョを2人でペロリと平らげてしまいました。
アーティチョークと穴子はわりとカリッとしたフリットで、私たちはスパークリングワインを飲んでいたんだけど、これは是非ともビールが飲みたくなるお味でした(笑)。

lanternamagica

パスタは、家ではなかなか食べられないものを頼みたくなるので、魚介のラグーソースと、自家製サルシッチャのオレキエッテをチョイス。
特にサルシッチャが美味!ハーブやらスパイスやら、サフランも入っていたのかな・・・こういう複雑な味はとても家では再現出来ないし、イタリアンのお店ならではって感じで本当に嬉しい味。赤ワインともよく合うし、かなり幸せ!

・・・・・が、残念なことに、ここで2人のお腹がかなり膨れてしまい、メインがあやうい状況に。。しかもまだオーダーが入っていなかったようなので、やむを得ず今回はメインを断念。骨付き豚のロースト食べたかった〜付け合せにほうれん草もお願いしていたのに!(笑)
これは次回絶対にリベンジです。

lanternamagicalanternamagica

食後のドルチェは、今日もカタラーナ!
だけど、今日のカタラーナはちょっと柔らかめ?私はもっとカチコチのほうが好みかな。
そして、「(写真が)トーストにしか見えない。」というfumiさんの言葉もおかしかった。確かに(笑)。

気になるお会計も思ったより安かったし(メインも頼まなかったしね)、美味しい料理とワインに舌鼓、お話も尽きず、とっても楽しい夜でした。
次回は何人かでわいわいと取り分けるのもいいな。まだまだ食べたいメニューがいっぱい。近いうちにきっとまた来たいと思います。
| 美味しいもの(恵比寿・広尾・目黒) |comments(2) | trackbacks(0) |
VACANZA(ヴァカンツァ)で忘年会
いつもは大晦日に開催される高校時代の友人メンバー恒例の忘年会。今年はちょっと早めのセッティングで。恵比寿のピッツェリア「VACANZA」にて。
1人2,800円で取り分け形式のプリフィクスコースが頼めます。4人の場合はこんな感じ↓
・冷たい前菜より2品  ・温かい前菜より2品  ・ピッツァより2品
・パスタ、リゾットより2品  ・デザート1人1品

VACANZAVACANZAVACANZAVACANZA


悩みに悩んだ私たちのチョイスは・・・・・

冷たい前菜
・鴨の燻製きのこ添え
・本日の鮮魚のカルパッチョ

温かい前菜
・ナポリ名物タコ、セロリ、オリーブのやわらか煮
・海老とじゃがいもの香草バター薪窯焼き

冷たい前菜は鴨の燻製、温かい前菜はタコのやわらか煮が美味しかったです。

VACANZAVACANZA

そしてお楽しみの窯焼きナポリピッツァは、
本日のオススメピッツァ(シラスと白魚のピッツァ)とクワトロフォルマッジ。
クワトロフォルマッジは私のリクエスト。これがあるとついつい頼んじゃう。ここのは青カビ系はのっていなかったのでどちらかというとまろやかな味でしたが、やはり4種類のチーズがのると味に深みが増して美味ぁい!

VACANZA

パスタは手前がイタリアンハムときのこ レモンクリームソースのフェットチーネで
奥が、確か・・・イワシとういきょうのスパゲティ。それぞれ対照的な味でしたが、どちらも美味しかったなぁ。誰担当だったか忘れたけど、ナイスチョイス!
ここまで食べたらかなりお腹いっぱい。メインはなくても十分満足出来ます。

・・・・・だけど、お決まりのデザートは別腹(笑)。

VACANZA

今日の私の中での一番はずばり、コレ!お久しぶりです、カタラーナ!!
凍らせたプリンみたいな?大好きなんです。以前、鵠沼海岸のバルバで初めて食べたカタラーナが美味しくて感動したんだよなぁ・・・。以来メニューに見つけたら頼もうと思っているけど、なかなか見かけず。時々カッサータとカタラーナと勘違いしたりして(笑)。(カッサータも好きだけど。)で、もちろん今日は迷わずカタラーナで。
あぁこの食感。。これです、これ。このシャリシャリ感がたまりませんなぁ☆大満足。

ワインも手ごろなものが揃っていて、軽く飲んで食べても1人5千円ぐらい。皆でワイワイやるのにぴったりのお店です。
--------------

この会が終わるといよいよ今年も終わりなんだなぁと思う。今年一年、どんな年だった?
| 美味しいもの(恵比寿・広尾・目黒) |comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>