<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
クリスマス・クリスマス
xmaswreath

今さらですがクリスマスネタなど・・・。

まずは毎年恒例のリース作り。今年はオアシスに挿すタイプ。リース作りも何年目だ?7年目??うわー、もうそんなに経つか・・・・・。

さすがにこの私でも多少の学習能力が備わってきますので、上から、下から、横から、正面から・・・・あらゆる角度からチェック、チェック。そして、生のモミなどフレッシュな材料を使用しているので、後にドライになってきた時、花材が痩せてくることも考慮し、みっちり・ぎちぎちに詰めて、葉の流れも考えて、集中すること2時間・・・うん、以前と比べたら大分納得のいく出来になりました。

・・・・・と思ったのに。
どうして他の人の作品を見るとうらやましくなっちゃうんだろう〜!

xmaswreath

作業に没頭し、すっかり日も暮れてしまいましたが、アトリエのドアを拝借して念入りに最終チェック。リースが飾られている様子って、クリスマス気分が一気に上がるだけでなく、ほんわり温かい気持ちになれるから大好き。

右は11月のレッスンで作ったキャンドルのアレンジ。今年はツリー型のキャンドル。

xmaswreath

それから、今年はこんなことも。

前の会社の同僚たちが我が家に集まって、リース作り。ここでも皆、集中・集中です!
そして数時間後、こんなに可愛いリースたちが完成しました〜♪
年齢はバラバラだけど、あの頃は私も含め、皆20代で、今思えば若い子たちでよくやっていたなぁと思うけど、そんな私たちも全員30代に・・・それぞれがいろんな道を辿って、さまざまな岐路を迎えていて、幸せな気持ちになったり、頑張ろうね!って思ったり。とにかくいい仲間に恵まれて仕事が出来たこと、今もこうして皆で集まって、色んな報告が聞けたり話しが出来ることが本当に嬉しく思えました。また集まろうね。

xmasparty

クリスマスイブイブはいつものメンバーでクリスマスパーティ。今日もごちそうがテーブル一杯に並びます。
真鯛の燻製カルパッチョ、グリーンサラダ、海老パン、きのこのクリームスープ、パプリカとチーズのサラダ、ポークリエット、オリーブ、蟹とホタテのグラタン、ローストビーフ、シュトーレン・・・・・これを1人で全部用意したら大変なことだけど、こうやって皆で持ち寄りするとあっという間に豪華な食卓になるから嬉しいね。

特大マグナムボトルのスパークリングワインで乾杯!

ここでも、大人になってから知り合った友達とこうやって気が合い、集まれることって幸せだね、という話になりました。歳を重ねるにつれていろんな人とのつながりが出来るわけだけど、気心の知れた、良い意味で気を遣わない間柄というのは、実は貴重だったりするのよね。こちらもこれからも末長くよろしくね〜の大切な仲間たちです。

xmasparty

そしてクリスマスイブは、実家で家族たちとパーティ。かよちゃんがチキンを焼いてくれて、残りのごちそうは母が準備・・・・・私はちょっとお手伝いしただけ。。ラクしてすみませーん。

xmastree

実家恒例のクリスマスタペストリーには今年もたくさんのクッキーオーナメント。子どもたちは食事が終わるとクッキー狩りに夢中・・・(笑)この後マイバッグ片手に競って収穫しましたので、あっという間に1つ残らずきれーいになくなりました。

Stollen

かろうじて我が家の取り分(?)もありましたよー(笑)。
小さな頃から、母は毎年クリスマスの時期になると、このクッキーとシュトーレンを沢山焼いてくれました。
私たち兄弟はすっかり大きくなってしまったけれど、今度はその子どもたちがこのクリスマスの行事を楽しんでいる様子を見られるのは、私たちはもちろん、母にとっても幸せなことでしょう・・・。

xmastree

そして私も両親も大好きな、いつまでも変わらぬこの景色を新しい家族たちと一緒に眺めることができるのも幸せなこと。

今年も楽しいクリスマスをありがとう!
| イベント |comments(8) | trackbacks(0) |
茅ヶ崎花火大会
花火第2弾は、こちらも毎年恒例の茅ヶ崎花火。

茅ヶ崎花火


男性陣が朝早くから場所取りしてくれたので、今年もベストポジションをしっかりキープ!!
果てしなく続くテーブルに、これまた果てしなく料理が並ぶ幸せ。ビールサーバも完備され、皆の美味しい手料理と、男性陣が焼いてくれるお肉に囲まれ・・・・・まさに極楽BBQ。


茅ヶ崎花火


今回の隠れ(?)テーマは、モロッコ料理。yukaさんが用意してくれたラムのケバブ、ハーブがしっかり効いていてスパイシーな赤ワインとの相性も最高。ケバブにクスクスとラタトゥイユを添え、モロカンサラダを盛りつければ、立派なモロカンプレートの完成。これ、ものすごく美味しくて、個人的にかなりヒット!

yuka隊長と、「夏の海でモロカンプレート(商売したら)流行るかもね。」と妄想・・・いや、でも、実際イケると思う。暑さとスパイスの効いた料理って、本当によく合うもの。

茅ヶ崎花火

さらに、ダッチオーブンでは「白身魚とオリーブのタジン」に挑戦。タジン鍋の料理だけど、ダッチでも代用できるんじゃないかなと思って・・・・・と思いついたのはいいけれど、前日は仕事の関係でかなりバッタバタ。「うわー準備間に合わなーい!でも誰にもレシピ伝えてなーい!」と思いきや、yukaさんとの連携プレーが完璧で、結局準備もバッチリ。そしてそんな流れに1人密かに感動。。彼女と組んでやると、本当に楽というか、安心というか。いつもとっても頼りになる存在!ずっと言いたかったけど、言う機会がなかったのでここで告白(笑)。本当にいつもありがとう!!

そんなこんなでタジンも無事美味しく完成。ダッチオーブンは本当に万能じゃ。

茅ヶ崎花火大会

この頃にはすっかり出来あがっていますが・・・・・(笑)
日も暮れて、いよいよ花火のスタート!!


茅ヶ崎花火

皆で食べて飲んで、最後にきれいな花火を堪能して。「やっぱり夏って最高!」と思うひとときです。
| イベント |comments(0) | trackbacks(0) |
江ノ島花火大会
beachcombing

はぁ・・・・・またしても大分時が経ってしまった。。頑張って、後追い日記。


今日は仕事を半休にして、実家へ直行。毎年恒例の江ノ島花火を、皆でわいわい鑑賞。
弟一家、両親の友人、親戚、私の友人たち・・・・今年はいつもに増して、狭い家に大集合!!だ、大丈夫かな。。

数日前から実家に滞在している姪っ子たち。毎日せっせと海へ行き、コレクションが着々と増殖中。

beachcombing

ここにも、



beachcombing

果てしなく続く・・・・




さーて、お待ちかねの花火。今年もいい感じに煙が流れ、皆でたっぷり花火を楽しむことができました。やっぱり尺玉は最高だねー!!

江ノ島花火


そして、花火の後は、こちらも恒例の皆で夕飯タイム。ウカレさん作のダイニングテーブルとカフェテーブルをつなげれば、ほんと、何人だって座れちゃう。お客さんが来る度に「素敵なテーブルね!」と褒められるという、両親自慢のテーブルです。

江ノ島花火


大人子ども合わせて総勢19名で賑やかに楽しく過ごした夏の一大イベント、IZUMI実家、一年で一番賑やかな一日です。
| イベント |comments(2) | trackbacks(0) |
忘年会@伊東温泉
空気の澄んだ、とびきり快晴の土曜日。念願のドライブ日和になりました!
総勢8名で、いざ伊東温泉へ。目的は、「ザ・忘年会」。ことの始まりは、「温泉宿でベタな宴会がしたいね」という話から。

伊東


お昼過ぎに伊東へ到着。昼食は「ふじいち」にて、海鮮バーベキュー、刺身の盛り合わせ、海鮮丼などを食らう。

ふじいち


そして、本日のお宿に到着。ここ「陽気館」は、まさに私たち向けの「グループプラン」という宿泊プランがあって、8名1室(といっても2間続きなので仕切り有り)でわいわいとやれるのだ。食事も我々のみの貸切り宴会場にて。そう、まさに私たちの求めていたベタな宴会温泉旅行にぴったりのお宿!お値段がお手ごろなのも有り難いです。yukaさんナイスセレクトだよー、ありがとう。

陽気館

夕食までにはまだ時間があるので、近所の丸山公園までお散歩。伊東の紅葉も軽く堪能(笑)。
丸山公園


そして宿に戻ってゆっくりお風呂に入り、お待ちかねの宴会タイム。我らのリーダーRIKI隊長から一言いただき(笑)、皆でカンパーイ!瓶ビール持ってお互いお酒注いで回ったりして(そうそう、こういうのがやりたかったのよぉ(笑))、宴会ムードを満喫。

陽気館


夕食後は卓球大会。浴衣で卓球、これもベタな感じでしょ?意外に接戦が続き、団体戦や個人戦、かなり盛り上がりました!!
陽気館

喉も渇いたところで、お次はビール当てクイズ。「プレミアムモルツ(ビール)」、「スーパードライ(ビール)」、「麒麟淡麗生(発泡酒)」、「麦とホップ(第三種)」の4種類をブラインドで飲み比べ。
正直、発泡酒とビールを区別する自信はなかったけど、第三種は分かるだろう、と自負していた私。
・・・・・・なんと、こともあろうに「プレミアムモルツ」と「麦とホップ」を間違えてしまった!!!プレミアムモルツ、ビール工場見学まで行ったのに。。(涙)まぁ、田村正和も間違えてしまったんだし、とにかく「麦とホップ」はすごいよ・・・ということで。。

陽気館

その後はワインの飲み比べクイズもやったりして、気が付けば1人、また1人と撃沈・・・学生時代の合宿の光景だよ、こりゃ。(オーバーサーティーズですけど。)


伊東翌朝。
爽やかに(?)目覚め、露天風呂で日の出を拝み、モリモリと元気に朝食を食べ、朝市で新鮮な野菜や干物を買い、海の見えるカフェでコーヒーを飲み・・・・・
いつも通り、のんびりペースなんだけど、なんとなく充実した一泊旅行だったな(笑)。

とにもかくにも、思い描いていた通りの忘年宴会旅行が出来て、大満足。たまにはこういうのもいいかも。みんな〜今年もお疲れさまでした!!
| イベント |comments(5) | trackbacks(0) |
もみじ市
ryoko
さて、お泊り翌日。

ryokoが用意してくれた豪華な朝食は、

ビゴのバゲットとクロワッサン
・ニース風サラダ(ゲタリアのアンチョビ入り)
・ベーコン
・イッツァス村のさくらんぼジャムとnutella
・グレープフルーツジュースとコーヒー

なんて贅沢で優雅な朝食!
遠慮なくモリモリといただきました。ごちそうさま☆



もみじ市すっかりエネルギーチャージされたので、自由が丘から二子玉まで電車に乗り、そこから多摩川沿いをひたすらてくてく・・・・・幸いにも今日は強い日差しにもさらされず、日除けの無い河原沿いを歩くには絶好の日和。

とは言いつつも小一時間も歩けば体も火照り、朝チャージしたエネルギーもそろそろ切れるころ、ようやく目的地の「もみじ市」に到着。


・・・・・が、とにかく、ものすごい人、人、列、列!
まず、第一の目的である毎年恒例の椿野恵理子さんのカレンダー(今年も「器と骨董」)を買い求めるも、食べものはすでに売り切れも続出のようだったので、とりあえずちょっと焦り気味に手分けして列に並び・・・・・ようやくオカズさんのレモネードをゲット。

もみじ市

アンリロさんのイタリアンベジプレートに並ぶ間、ふと目に入った古道具あきすけさんのスツール・・・・・並びながら一生懸命考え(←もちろん帰り道のことを)、結局ゲット(笑)。

河原で美味しいごはん食べて、高野寛さんの懐かしい歌聴いて、(その後、you tubeで久しぶりに「虹の都へ」聴いたけど、今聴いても色あせずいい曲だった。)小谷田潤さんの器をryokoとお揃いで買って、まるで雑誌から飛び出してきたようなナチュラルテイストのお洒落ファミリーやガールズを眺め・・・・・あんざい果樹園さんの見るからに美味しそうな色の林檎ジュースは、これ以上荷物を増やすのが危険だったので断念したけれど、色々いいお買い物も出来たし、あら、気付いたら私たち、なんだかんだ随分満喫しちゃった。

錚々たる面々が、屋根も設備も無い、とある河原に一同に会しちゃってるってところが、さらりと素敵な市(マーケット)でした。こういう、一見「そんなの無理でしょー。」って思いがちなことを実現させてしまう人たち(スタッフさんも出店者さんたちも)ってすごいな。


もみじ市で買ったカレンダーと器。
もみじ市


・・・そしてスツール。これ持って電車とバスに乗った。。(あきすけさんで、持ち手付きで丁寧に包んでもらったので非常に助かりました!)
もみじ市

満足、満足。
| イベント |comments(7) | trackbacks(0) |
鎌倉花火大会
さて、夏の花火第三弾!鎌倉花火大会。
第一弾第二弾のような優雅さは全くなく、日中の日差しガンガンなうちからの場所取り、ぎゅうぎゅうに混み合った浜にシートを敷き、肩を寄せ合いながら見る花火・・・・・だけど、そのシチュエーションを越えて、実はこの花火大会が一番好きだったりする。それは浜で見る水中花火の迫力を知っているからか、小さな頃からずっと見てきている贔屓目か。。とにかく、この花火での興奮度は別格なのだ。

今日は総勢10名での観賞。おにぎり握って、とうもろこしと枝豆茹でて、「鳥一」で唐揚げとコロッケ買って、クーラーBOXに冷え冷えのビールを詰めて、いざ出陣。

鎌倉花火

フィリップの差し入れの白ワインもキンキンに冷やし、花火のカウントダウンが始まったら飲もうねなんて言っていたんだけど、直前になってコルクタイプなのにワインオープナーが無いことが発覚!
皆一気にテンション下がったところへセバスチャンが一言・・・・・

「持ってるよ。」(あっさり。)

おぉブラボー!セバスチャン!常にワインオープナーを携帯する男。さすがはワイン大国出身。

かくしてめでたくカウントダウンとともに「乾杯〜!た〜まや〜!」
目の前でドッカンドッカンと打ち上げられる水中花火と打上花火のスターマイン、今回もきゃあきゃあ上へ下への大騒ぎで大観賞。
最後まで盛り上がりに盛り上がり、私とryokoは「完全燃焼だね・・・」と頷きあう。

鎌倉花火

私はいつも、こんなに私たちが興奮し喜んでいることを、遠く沖にいる船上の花火師さんに伝えたいと思う。

「浜のほうは、こんなに、こーんなに、大喜びで盛り上がっていますよ〜!!!!」

今年も素敵な夏の夜をありがとう!!!
| イベント |comments(8) | trackbacks(0) |
江ノ島花火大会
夏の花火第二弾!
今日は、江ノ島の花火大会なので、こちらも恒例になりつつある実家からの花火鑑賞。
私の友達も沢山やって来るし、今年は弟一家も来ているので昼から大賑わい。

ふと見ると、kaedeちゃんの手足の小さな爪は、きれいなピンク色に塗られている。
「おかあさんに塗ってもらったの。あ、IZUMIさんのお爪、キラキラがついてる!いいな〜採ってもいい?」
う、うーん。。

あれっ、kaiくんの爪もピンク色?私が笑うと、困った顔で「kaedeとおなじがいいの・・・。」そっかそっか、そうだよね。笑ってごめんね。


おひさしぶり!sakuraです。sakura


「ハッ」
sakura
ヨガ「飛行機のポーズ」


仕事が終わって次々と駆けつける面々。東京のほうはものすごいにわか雨が降っていたということでちょっと心配したけど、今年も無事予定通りにどどーんと花火が上がりました!!

江ノ島花火

江ノ島花火は、花火と江ノ島の夜景のコラボがいい感じだね。


そして、家で見る花火は何が一番いいかというと、トイレの心配をしなくていいこと(笑)。
屋根裏の狭いテラスはぎゅうぎゅうの満員状態になってしまったけど、今年も皆で2尺玉を大満喫。
江ノ島花火

その後は皆で夕ごはん。茅ヶ崎の時は花火の前にごはんを済ませるけど、江ノ島花火は平日なので、花火が終わってからゆっくり食べるのだ。写真は全然撮れていないけれど・・・・・色々持ち寄ってくれたみんな、仕事が終わってからあれこれ料理を作ってくれたお母さん、どうもありがとう。
そして、ちびっ子の相手をしてくれた(次々とターゲットにされた)、優しいお兄さんお姉さん(笑)、どうもありがとう。
おかげで今年の花火第二弾も、夜更けまで皆で楽しく美味しく過ごせました。

さ、きれいなもの見て、美味しいもの食べて、明日からの仕事もまた頑張りましょ!
| イベント |comments(3) | trackbacks(0) |
茅ヶ崎花火大会
夏の花火第一弾!
2日は茅ヶ崎花火大会の日。毎年恒例のBBQ花火です。私たちのチームワーク力もどんどん上がってきて、色んなことがスムーズに進むようになったなぁと感じる今日この頃。。今日はyuka隊長の下、アジアンBBQパーティなのだ。

茅ヶ崎花火

3日前から仕込んだ塩豚は、ダッチオーブンで茹で豚にして、大葉や香菜、サニーレタスに包み、ナンプラー・お酢・レモンで合わせたすっぱいソースにつけて。
野菜は今朝、鎌倉の市場で仕入れたもの、スズキとスルメイカも今朝、小坪の漁港で仕入れたもの。どちらも採れたて新鮮な上に、ものすごく安いのです。
スズキは、にんにくとローズマリーと岩塩をたっぷり詰めて、スルメイカはジュジュッと醤油をかけて、それぞれ炭火でグリル。写真から匂いが伝わるかしら・・・?(笑)暑い海辺で食べるそれは本当に最高。そして、冷たい生ビールサーバーも完備だし、ワインもクーラーBOXでキンキンに冷えているし、さらに、皆で持ち寄りしたおつまみも最高に美味しいし、食べ過ぎの飲み過ぎ状態は必至・・・・・という幸せなこの状況。

茅ヶ崎花火


そんなわけで、肝心の花火が上がる頃には皆完全に出来上がってしまい、「ちゃんと」花火を鑑賞出来なかったもの多数。。(笑)
だけど、最高に楽しい一日だったから、それはそれでいいのだ!!

茅ヶ崎花火
| イベント |- | trackbacks(0) |
「セツナイノカミサマ」展
会社帰り、麻布十番のギャラリーカフェバー縁縁[enyen]へ。アネちゃんがお友だちと作品展をやっていたので。

GODsetsunai

アネちゃんが撮った写真にもう1人の彼女が絵を付けるコラボ作品や、それぞれの作品として写真やイラストなど、お店の壁一面が彼女たちの作品で埋め尽くされていました。

中には一緒に鎌倉を歩いた時の写真や、以前にアネちゃんから見せてもらったことのあるパリの写真など「あ、私これ知ってる!」というものもいっぱいあって、なんだか嬉しくなってしまった。こんな風に自分の思うものや感じるものを表現できるって本当にすごいしうらやましいなぁと心から思いました。

GODsetsunaiGODsetsunai

アネちゃんたちの仕事仲間や友人の皆さんがいっぱい駆けつけていて、私もそこに混ざらせてもらいました。今までアネちゃんの話に出てきてた人が次々登場したりして、「わ、生○○さんだ〜」とまるで有名人に会うような気持ち。私は「あーランチの人?!」なんて言われたり(笑)。
皆、夢に向かって、自分のやりたいことをやっている・・・・・という感じが伝わってきて、もうずっと前に忘れ去っていたような感覚に触れられたような、とても新鮮な、そして爽やかな気持ちになり。キラキラ、活き活きしている人を見ると自分まで元気になれるんだな。作品からも人からもパワーをもらえて、すごくいい時間でした。

お土産

それと、もう一つ元気になるもの。
石垣島の実家に帰っていたアネちゃんから嬉しいお土産。石垣島の「ごま入り油みそ」と竹富島の「ピィヤーシ」。
以前いただいた辺銀食堂の石垣島ラー油もそうだけど、このピィヤーシも手押しスタンプが押してあるところにキュンとくる。沖縄のお土産ってなんだか温かみがあるよね、一つ一つ心をこめて作りましたって感じの。
さて、これらでどんな食卓にしよう。私の頭の中は、いつも食べ物のことばかり(笑)。
| イベント |comments(3) | trackbacks(0) |
foodmoodさんのワークショップ
今日は楽しみにしていた葉山の「やまねごはん」さんで開催されるfoodmood なかしましほさんのワークショップの日。
とても人気のワークショップで申し込み多数のため抽選だったそうなのですが、ラッキーなことに見事当選されたfumiさんにお誘いいただき、参加することが出来ました。

foodmood

foodmoodさんは、ごはんのようなおやつのお店。「食べたときにおなかだけでなく、こころも満足できるようなおやつを」というコンセプトで、体と心にやさしいお菓子を作られています。
・・・・・お恥ずかしながら、私はfumiさんからこのワークショップに誘われるまで、foodmoodさんを知りませんでした。
ネット販売中心のお店ですが、fumiさん曰く、販売日には「どれにしようかな・・・」と迷っている間に瞬く間に売り切れてしまうのだとか。うーん、どんなお菓子なんだろう?とても気になります。

バスに乗って逗子から葉山へ。お天気もよくて、なんだか遠足気分。
バスで一緒になった方もワークショップに参加されるとのこと。foodmoodさんの大ファンだそうで、実は私、まだ食べたことが無いんですと言うと、「えぇっ!」と、ものすごく驚かれてしまいました。。

そして緑豊かな山々に囲まれた「やまねごはん」さんに到着。

皆さんもうお揃いで、まずは自己紹介から。参加者の方は、foodmoodさんのレシピを熱心に研究されている方やネット販売・イベントの常連さんばかり。後から知りましたが、遠くは山形や大阪から参加された方もいらっしゃったとか。こ、こんなところに私が来てしまってよかったんだろうか・・・有り難さと申し訳なさで複雑な気持ち。。
・・・ですが、最後に自己紹介された方のお話が非常に興味深く。
「私はお菓子が大好きなんです。もう昔から。だけど、歳を取るにつれて、胃にもたれてくるようになりました。でも大好きだから食べたいんです。それで、foodmoodさんのレシピに出合って、これなら体によさそうと思ったわけです。早速作ってみたら、とても美味しいし、なにしろいっぱい食べても胃に全然もたれなかったんです。」と。
すごく心惹かれるエピソードでした。

foodmoodそんな中、早速講習スタート。まずはシフォンケーキ作り。
しほさんの穏やかで優しい語り口や、ほどよいペースに自然と空気も和み、私もリラックスして参加。

こちらは厳選された材料の数々→
卵はレインボーファミリーさん、バターの代わりに使うなたね油は平出油屋さん。どちらもまず色にびっくり。
卵の黄身は本当に黄色。最近よく見る濃いオレンジ色の黄身は、着色された餌を食べさせている場合も多いんですって。本来の卵の色ってこれなんだなぁと思い出させてくれる色です。
一方、平出油屋さんのなたね油は、まるで最近の卵のような(笑)濃いオレンジ色。希少な国産の菜種から化学薬品を使わず抽出し、和紙で濾過するという大変手間と時間をかけたもの。

foodmoodfoodmood

しほさんのレシピは至ってシンプルだけど、作り方のコツの全てを伝授して下さるかのように、丁寧に丁寧に教えて下さいました。

foodmood

ふわっふわのレモンシフォンケーキの完成!


foodmoodfoodmoodfoodmoodfoodmood

お次はクッキー。
一人一つずつボウルを渡され、先生のデモンストレーションの後はドキドキの実習です。
材料は、小麦粉、全粒粉、てんさい糖、塩、なたね油。お菓子作りの計量の時に感じる罪悪感はまったくありません(笑)。

foodmood

そして、胡麻、アーモンド、胡桃、カレンツ、ポピーシード、チョコレートなど、ずらりと並べられたトッピングから自分の好きなものをチョイス。皆、思い思いのものを組み合わせていました。私は胡桃とチョコとカレンツの欲張りトッピング(笑)。

foodmood

手できゅきゅっと成形して、オーブンへ。そして待つこと数十分。焼きあがったのが一番最初の写真です。皆で味比べをしたりして、とても楽しい時間でした。

foodmood

それから、クッキーが焼きあがるまでの間にいただいた、しほさんお手製のレモンシフォンケーキとチョコレートビスコッティ。やまねごはんさんのお庭で摘んだハーブティとともに。
しゅわしゅわと口どけのよいシフォンケーキに一同うっとり。ビスコッティも味わい深くどちらも本当に美味。正直「ごはんのようなおやつ」と聞いて、甘さ控えめの、いかにも体によさそう〜な味のするお菓子なのかな・・・なんて思ってしまっていたんだけど、実際食べてみると、そんな背景も分からないぐらい、違和感の無い美味しいおやつ。(そこにまたちょっと感動。)「体にいいから食べる」のと「美味しいから食べたい」のじゃ全然違いますもんね。

・・・・・とっても有意義な一日だったので、ついつい日記も長くなってしまいました(笑)。

fumiさんも言っていたけど、しほさんのレシピ本に書かれた一節、「食べたものが、その人になる」という言葉。
食べ手でもあり、主婦として作り手でもある私。自分のために、家族のために、この言葉を常に心の片隅に置きたいなぁと思いました。
| イベント |comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/6PAGES | >>