<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
海の家ごはんスタート!
baanphu-thai

夏のお楽しみの一つは、海の家でごはん。何せ期間限定ということで、7月、8月の2ヶ月間、週末はかなりの割り合いで海の家ごはんになってます。。

これももうすでに1か月以上前の写真ですけど(汗)、今年初の海の家ごはんは、由比ガ浜ビーチのタイ料理屋バーンプータイ。すぐ隣りにもタイ屋台(リトルタイランド)が集結していますが、今日はまったりのんびり食事をしたかったので、海に向かって左手のこちら↑へ。

baanphu-thaiちょっと遅めのランチだったけど、ぎりぎりランチタイム(っていうか、ランチタイムがあることを知ってびっくり。)に間に合い、とりあえずはお得なランチセット(→写真は「チキンバジルライスとグリーンカレーのハーフ&ハーフセットに生春巻き付き 1,000円」、他に麺類のセットもあり。)を皆で分け合い、その後は単品をちょこちょこつまみつつ、ビールを飲みつつ、暮れゆく空と海を眺めながらまったり。

いやー、この幸せな感じ。何度経験しても飽きません(笑)。ランチでも夕飯でも利用するけれど、やはり一番のお気に入りはサンセットタイムかな。

baanphu-thai

シメは我らの定番、カニのカレー炒めにジャスミンライス。こちらも何度食べても飽きない美味しさ。潮風に吹かれながら皆でこれを食べていると、あー今年もまた夏がやってきたんだなぁとワクワクした気持ちになります。

baanphu-thai

こちらは、最近の週末の写真。なんと、バーンプータイではタイスキも食べられるのだ。鶏肉、豚肉、白菜、シラタキ、空芯菜、セロリの葉、キクラゲ、豆腐、卵、うどんなどがセットになっています。他にもいろいろ食べたかったので、5人でSセットのほうを注文したけど、皆で取り分けても十分楽しめました。この鍋でヒットだったのはセロリの葉!セロリの葉を鍋に入れてみようなんて思ったことなかったけど、香味野菜のいい役割を果たしていて、食べても春菊みたいで美味しーい。

鎌倉の海で本格的なタイ料理が食べられるなんて、ほーんといい時代になったなぁ。

(海での営業は8月末までです。)
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(0) | trackbacks(0) |
ポルトガルワイン試飲会
ここで今さらながらのGWの振り返りをいくつか。
我が家のGWはいつもノープランなんだけど、それでも終わってみると、いつもなんだかんだ楽しんでいるような。なんといってもこの時期、気候もいいし、お天気のいい連休なんて、それだけでテンションもあがるものね。

portugalwine

2日はワインセミナーの日でした。この日はいつもとちょっと趣向を変えて、ポルトガルワインを試飲会形式でやってみましょう、と先生。
なんとなんと、赤白発泡と合わせて計19本!一度にこれだけのワインを味見するのは初めての経験。ちゃんと最後までたどり着けるかしら??ずらり並んだワインを前に、楽しみだけどちょっとドキドキ。
今日は難しい勉強は抜き。簡単な資料を片手に、ひたすらテイスティング。ただし、自分で最低1つは何かしらテーマを決めてトライすること。やっぱり、自分の中で1本軸を決めておくのとそうでないのとでは、比較のし易さも違うはず。特に、素人の私たちは尚更のこと。

・・・・・と言いつつも、いざ飲み始めると、もう、自分のテーマもどこへやら。どちらかというと、数をこなすことに集中してしまったような。。それにしても19本、いこうと思えば、いけるもんだ。(もちろん、1本につきお味見程度のペースでね。「ちょっと注ぎ過ぎ・・・」なんて注意される場面もありましたけど(笑)。)皆、無事クリアした後は、もう一度飲んでみたいと思ったワインを思い思いにおかわり。

portugalwineこのころになってくると、気分はかなり陽気モード。

のんびりとした昼下がり、ワインを片手に談笑する人たち。「縁側で飲むっていいかもー。」って。そうだよねぇ、縁側で1杯・・・・・気持ち良さそう!!


そんな、ちょっぴりハード(笑)で、とっても楽しかった試飲会のあとは、鎌倉駅前にOPENした長谷のトルコ料理店、ARKADASの2号店へ。以前、このメンバーと長谷店に行ったことあり。その時は確か電車かタクシーで移動したと思うけど、ここなら鎌倉駅のすぐ近く、移動も楽ちんです。

ARKADAS
ほら、こんなに鎌倉駅の目の前!!


まずは外せないペーストの盛り合わせ、ラムのケバブ・・・・・たくさん食べてたくさん飲みましたが、あまり写真は残っていませんでした。。終盤でワインボトルなんて頼んでたけど、さすがのこの面子でも飲みきれず・・・っていうか明らかに飲み過ぎ。

ARKADAS

最後は最近の我らのブーム、ミスドでシメ。ハイカロリーな一日です。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(2) | trackbacks(0) |
babiesと鎌倉散歩
鎌倉散歩

今日はお休みを取って、YUMI、かなざわちゃん、そして2人のBABYと一緒に鎌倉散歩。
友だちが鎌倉へ遊びに来てくれる時、私のデータベース(かなり偏りがあるけれど・・・)を駆使して、なるべくその子の好きそうな場所やコースを組みたいと、いつも思っている。
ある程度リクエストも聞いて、だけど今日はベビーもいるし、無理なくのんびり行こうと思う。平日だしね。

・・・・・が、フタを開けてみると、予想外なことが多かった(笑)。1つは平日のこの時期の鎌倉もそれなりに混んでいること(びっくり)、そして、BABYたちがずっといい子にしていたので、思いのほかあちこち回れたこと。

お昼頃に待ち合わせをして、とりあえずランチ。あえて予約は取らなかったんだけど、まずは1軒目の「なると屋+典座」にいきなりフラれる!開店間もない時間にも関わらず、すでにほぼ満席。。うーむ、さすがです。

OXYMORONそこで、さらに小町通りを進み「OXYMORON」へ。鎌倉は小ぢんまりと狭い店が多いけど、ここは広々しているので(階段で2Fへ上らなきゃだけど)ベビー連れにもいいんじゃないかなと思って。

結果、正解。席もゆったり空いていたので、のんびりランチ。皆で野菜カレーに舌鼓。

食後は、clarochahatRomi-Uniedois・・・・・とショップ巡り。スペースの狭いお店では、私がお店の外でベビーカーと赤子たちをお守りし(笑)、ママたちにショッピングを楽しんでもらう。そうだよね、普段ちょっと気になるお店があっても、この狭さじゃなかなかベビー連れでお店に入るのも一苦労よね。。改めてそのことを実感し、今日は思いっきり身軽に動いて欲しいなぁと思って。


どうぞお天気が持ちますように・・・と祈りつつ、お次はかなざわちゃんリクエストの「もやい工藝」へ。

わりとご近所さんだけど、やはりなかなか通りがかりという場所ではないので、私も久しぶりに訪れました。かなざわちゃんとシンプルでお手頃なお皿などを手に取り、テンションもあがったー。やっぱり器はいいなぁ。
それにしても目利き人・かなざわっ子の、テキパキとした買物の決断の早さはどの店に行っても男らしくて(!笑)ステキでした。きっと、好きなモノの芯がブレないから迷いもないのでしょう。優柔な私とは大違い。

洋館

途中、「鎌倉三大洋館」と言われる、個人の大邸宅の前を通り・・・これでYUMIとは3軒(鎌倉文学館、旧華頂宮邸)とも全部一緒にまわったね!

cafe vivement dimancheぐるりと周って、そろそろお茶タイム。市役所前のスタバと迷ったが、cafe vivement dimancheへ。

中央の大きな席を空けて下さり、ここでもゆったりお茶することが出来ました。
久々に食べるゴーフル・オウ・バナーヌ・ブリュレに今日はアイスのせ!

うーん、やっぱり間違いない。王道の美味さ。おかげでここではあまり他のメニューに冒険出来ませーん(笑)
・・・・・が、満足、満足。



そろそろこの辺で今日の散策も終盤かな、というところですが、ここで再びすっかりエネルギーチャージしてしまったので、手芸用品の話から「じゃあスワニーも行っちゃう?」ってことに。
すでに夕暮れ時、足早にスワニーへ。私は全く洋裁が出来ないのでここで買えるものはほとんど無いけれど(苦笑)、この生地で自分の思い通りのものが作れたらどんなに楽しいことか・・・と思うようなものがずらりと揃っているスワニー。ママたちは息子グッズの材料探しに余念の無い様子でした。
その後はCOUPRIOでうっとりため息ものなセンスの超高級子供服を眺め、kroneをチラチラッとのぞいて、とっぷりと日の暮れた鎌倉駅でゴ〜ル!

いやいや、なるべく行動範囲をコンパクトにまとめたとはいえ、ベビーカー押しながら半日でよくこれだけ回りました。ベビーカーで行きやすい場所、そうでない場所、私にとっても色々と発見の多い一日でした。ベビーたち、長い間お付き合いいただき本当にありがとね(笑)。

さて、次はどんなリクエストがくるかな??
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(7) | trackbacks(0) |
papanoel(パパノエル)@長谷
papanoel

みっちゃんとパパノエルでディナー。コースメニューもあるけれど、本日のオススメ黒板を見たら、「うー、今日はやっぱりアラカルトだねっ!!」ということになり。あれもこれも食べてみたいものばかりで悩む・・・・・

というわけで、結局3人であれこれ食べてしまいました。

「鎌倉野菜サラダ」は、グリルした厚切りベーコンとスライスされたパルミジャーノがたっぷりかかっていて、ご馳走感とボリューム感がアップ。同じ鎌倉野菜でも、ただ買ってきた野菜をそのままお皿に盛るのとは全然違う(笑)。これは家でも真似してみたいと思いました。(自分に余裕がある時に。。)
温前菜の「海老とスナップエンドウの焼きニョッキ」も初めて食べる焼きニョッキが新鮮。フレンチビストロだけど、パスタがあったり、バリエーションが自由な感じですごく楽しいです。
papanoelpapanoel

メインの豚ローストと赤ワインで満足しかかったところへ、(今日はデザートも頼まなくちゃ・・・)と密かにこの後のことを意識する。実は事前に、先日がお誕生日だったみっちゃんのバースデープレートをこっそり奥様にお願いしていたのです。

そして、運ばれてきたプレートが思いがけずとってもキュート(一番上の写真)なものだったので、私も大感激。今日は特にお誕生日のお祝いで集まったというわけではなかったので、みっちゃんもびっくりしていたみたいだったけど、「やっぱり、お誕生日っていいね。」という言葉を聞いて、私もしみじみその通りだな・・・と。みっちゃんとは小学校の時からもう何十回と「おめでとう」を言い合っている仲だけど、こうして今年も「おめでとう」が言えて、私も嬉しい。今度はまたりっぺと3人でお祝いしようね。

で、このデザートの盛り合わせがまた一品一品うっとりする美味しさで再び感激。ここでは絶対にデザートまで食べるべき!お祝いごとがなくても(笑)。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(0) | trackbacks(0) |
カレー日記
appughar

家で食べるカレーも美味しいけど、外で食べるカレーも美味しい。今日は市場で野菜を仕入れたあと、RIKI家とあっぷーがるでランチ。ここは文字通り、外(テラス)でも食事が出来る。よく、真冬のテラス席で珊瑚礁のカレーを食べている人を「寒そうーー。」と思って見ていたけど、2月でも日差しがあれば(そして、風が無ければ)、ぽかぽかと暖かく気持ちがいい。なんだ、冬でも案外平気なんだな。それに、スパイスの効いたカレーを食べれば体の中からホットになるし(笑)。

appughar

キラキラと輝く海を見ながらタンドリーチキンを頬張り、本格的なインドカレーが食べられるという、ちょっと不思議なシチュエーションもなかなかよい。


それからもう1軒、翌週の休日、ダンナとshimiちゃんと3人で行ったカレー屋さん。小町通りのOXYMORON。真冬だろうと平日だろうと、常に人で賑わっている小町通り。だけど、ここは少し奥まったところの、更に2Fにあるせいか、休日でも案外空いていた。鎌倉でランチ難民になった時には穴場かも?!

OXYMORON

私の選んだ和風キーマはタマゴのせだし辛いものは結構イケるクチなので、「辛口」でお願いしたら、結・構・スパイシー!「中辛」でよかったかも。

カレーの器やホットドリンクのカップはイイホシユミコさん。オリジナルで作ってもらったそうです。イイホシさんの作品は、白とかブルーグレーっぽいものをよく見かけるけど、確かにこの、黒っぽい深い緑色の器は初めて見るという感じで新鮮。お隣りの雑貨コーナーで購入も出来ます。

あー、こうやって書いていると、カレーが食べたくなってきました。今日のランチはカレーにしようかな(笑)。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(2) | trackbacks(0) |
平日のGAMAランチ
平日に休みを取って、shimiちゃんとランチ。最初は葉山方面まで足を延ばそうか・・・と言っていたんだけど、今日はちょうど火曜日。GAMAランチの食べられる日だ!と気づいたので、shimiちゃんに変更を提案し、てくてく歩いて材木座まで。

GAMA

「こだわりの天然酵母パンで人気のパン屋さんが和歌山から鎌倉に移転してきた」と話題のこのお店、とても気になっていたのですが、現在、週末はお昼過ぎ頃からパンのみの販売、ランチは火曜のみ(営業日は結構変動アリのようなので、詳しくはお店のHPにて)ということで、なかなか近くて遠い存在(笑)だったGAMA。お昼過ぎに到着すると、店内はすでに満席!!ガーン・・・と思いきや、パン待ちだったお客さんが席を譲って下さったので、滑り込みセーフで席に着くことができました。

GAMA

ランチはパスタランチ1種類のみで、自家製トマトソースのフジッリにフォカッチャとサラダ付き。店内にはビールのメニューも豊富で、確かにフォカッチャもパスタも、お酒に合いそうな、ガーリックの効いたしっかり味。ワインも進みそう(笑)。この日のテイクアウト用のパンはフォカッチャのみだったけど、後日、土曜のお昼にパンを買いに行くと、ベーグルやカンパーニュなど、いろいろと揃っていました。どれもパンチのある力強い味のするパンで、存在感あり。美味しいです。古民家風の店内もなかなか味があっていい感じ。

その後はバスに乗って逗子へ。coyaでお茶タイム。窓際の席に着くと、お店のニャンコがイノコズチを体にいっぱい付けてご帰還。窓の外で鳴くでもなく、ガラスをシャカシャカやるでもなく、ただじーーっと窓の前に佇んでいるのでしばらく様子を見ていたんだけど、随分経ってから、とうとう「ニャア。」と一声あげたので、お店の人に許可をもらって中に入れるよう窓を開けてあげました。すると、一目散に自分のポジション(お水を飲みに行った?)へ向かったあと、律儀に私たちの席に戻ってきて、お礼のスリスリを!なんて礼儀正しいのでしょう、と感激。
その後もokuで雑貨を見ていて、ふと振り返ると・・・すっかり占領されている私の席。。いびきまでかいちゃって(笑)、気持ち良さそう。ここは居心地いいもんね。

coyaそんな彼らに癒されつつ、okuでピアスを買いました。ピアスを買うなんて、久しぶりだな。ピアスを開けてから20年近く経つけど、ここ10年ぐらいは年に数回程度しか付けていないかも。失くしてしまうとショックなのと、髪型のせいもあるかな(笑)。だから、ピアス自体にすっかり興味がなくなっていたのだけれど、今日はなんとなくふと、久々に付けてみたくなったのでした。何年振りかのリングタイプ、上手に付けられるかしら。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(2) | trackbacks(0) |
秋の鎌倉散策
紅葉ランチアネちゃんが鎌倉へ遊びに来てくれた。今日もポカポカ陽気の散策日和。

今回は、紅葉、市場、三留商店、ランチ・・・と、いくつかのリクエストを挙げてもらったので、よし、それならば全て盛り込みましょうと意気込む私(笑)。

最初に市場で軽く買い物、ディープな丸七商店街をぶらぶら、そして、紅葉シーズンのランチ難民を逃れるため、(実際、昨日はそのような目に遭った。。)今日は家ランチ。
が、あくまでも今回我が家は通過地点なので(笑)、下準備をしておいて、ささっと出せるものにしました。(この日のメニューはこちら。)

食後は、海を経由して長谷寺へ。思っていたより混んでいなくて、すんなり入山。

長谷寺

鎌倉の寺特有の侘び寂び感はないけれど、眺望はいいし、紅葉も楽しめるし、お茶も飲めるし、私の中では「アミューズメント寺」という位置づけ。一通り巡って、最後、洞窟から出てきた時にはお互い「満喫したね〜。」という言葉が出てきました(笑)。

bergfeldその後、三留商店でお買い物もして、ベルグフェルドでお茶タイム。ここも落ち着けるカフェの一つ。

いい感じに使い古されたテーブルに、色とりどりのアネモネの一輪挿しが映えて、とても可愛い。テーブルや椅子は、よくよく見ると全部バラバラなのに、一見何の違和感もないぐらい統一感があって、よく揃えたなぁと感心してしまう。

ケーキも、素朴で飾り気はないけれど、丁寧な手作りの味がして、とても美味しいです。


お喋りしながらゆっくりお茶をして、お店を出ると日も暮れてすっかり真っ暗。
今日は詰め込み過ぎでもなく、だけどやりたいことも一通りこなせたし、なかなか満喫した半日コースでした。アネちゃん、また遊びに来てね。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(2) | trackbacks(0) |
ビストロOSHINOでランチ
柿

家の脇(大家さんちの裏庭)の柿の木が、今年は豊作。というわけで、今日は柿の収穫。
色がひときわ濃いものを選んで、食べられる分だけ・・・そこへ、YUMI一家が車をとめにやってきました。これから歩いておんめ様へお礼参りに行くそうです。いってらっしゃーい。

柿

とっても甘くて美味し〜い柿です!


OSHINOその後、再びYUMIたちと合流して、ビストロOSHINO(オシノ)へ。連日人で賑わっている休日の鎌倉ですが、YUMIが予約してくれていたので、すんなり入店出来ました。

窓からの自然光が差し込む半地下の店内は明るく、温かみのある可愛らしい内装。
ランチのコースは何パターンかありますが、一皿のボリュームがたっぷりなので、前菜1品とメイン1品のコースをチョイス。グラスワインの種類が豊富なのも、軽く飲みたいランチタイムには嬉しいです。

YUMIママは、食べる、撮る、あやす・・・と大忙しだったけど(笑)、追加でデザートも注文し、なんとか最後まで無事堪能できて、よかった、よかった。息子をあやすため、ほとんどの時間を店の外で過ごしたウカレさんもお疲れさまでした〜!!

OHSINO

お得なランチも魅力的だし、ワインが充実している夜も魅力的なオシノ。夜はついつい階段を上ってマッチポイントに行ってしまっていたけれど、今度は階段を下りて、オシノに行ってみよう(笑)。


ランチタイムの後は、なるべく人ごみを避けるルートを辿りつつ、いつも魅力的な展示をしているBORN FREE WORKSへ。ちょうど気になっていた「Cinema Table(シネマテーブル[映画の中のレシピ]」の展示と販売をやっていたので。

映画に登場する料理やお菓子を再現・・・レシピ本というより、写真集みたい。スタイリングや写真がとても素敵でした。

bornfreeworks


今日もお散歩日和の気持ちのいい休日。特にどこか遠出する予定はなくても、近場ですっかりリフレッシュ。あまり詰め込みすぎない連休って、いいよね。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(8) | trackbacks(0) |
連休初日
なるとや典座快晴の連休初日。久しぶりに鎌倉でshimiちゃんと待ち合わせ。

まずは、「なると屋+典座」でお昼ごはん。私は鎌倉野菜を使った季節の小鉢が並ぶ「11月のごはん」膳、shimiちゃんは葛とじうどんと惣菜3品のセット。
体に優しい、滋味深いごはんです。器も一つ一つ、味のある素敵なものが使われているから、目にも楽しい。

ほうじ茶を飲みつつ、近況報告しながらゆっくりごはんを食べた後は、青空の広がる八幡さまを抜けて、清泉小学校までお散歩。料理家・辰巳芳子さんの講演会を聞きに行きました。

80歳を過ぎていらっしゃるというのに、とてもシャンとした方。「分子を知ろうとせず、分母を知りなさい。」という言葉は印象に残りました。これは、料理の世界だけでなく、物事に取り組む姿勢として、あらゆることに通じると思います。

なぜこの手順が必要なのか、なぜ、こうすると美味しく(不味く)なるのか。

物事に対する分析力とか、五感を研ぎ澄ます努力とか、何かを極めたり向上したりしたい時には、そういう姿勢が必要なのだ、と。そう思いました。
何も考えず、ただボーッとレシピ通りに作ったり、あるいは、(その手間の意味も分からず)手を抜いたり。そんなことを繰り返していれば、いくら作ってもちっとも上達しないんだな・・・そしてそれは料理に限って言えることでは無いんですよね。そんな当たり前のことに気づけただけでも、今日はお話が聞けてよかったと思いました。



rakaposhiそしてその後は、御成り通りまで戻り、rakaposhiでお茶。

日が暮れると途端に人がぐっと少なくなり、ちょっぴりひっそりとした鎌倉。ゆっくりお茶とお話が出来て、とても落ち着けました。

お花屋さんも併設されているrakaposhi、shimiちゃんはここで働きたい、と(笑)。私は立派な秋色あじさいが1本400円だったので、それを買って帰りました。


その帰り道、思わず立ち止まってしまったのが、、
えっ、KIBIYAさんの前に看板ネコ?!
kibineko


KIBIYAさんに行かれたことある方はご存知だと思うけど、これがお店の看板。
あまりにもぴったりだから、びっくり。
kibiya



リアル看板ネコだ・・・。話しかけても返答はなし、しかし、動じもせず。
kibineko



「おーい、何してるの?看板ネコしてるの?」
kibineko

「・・・・・・・・・・・・。」


| 美味しいもの(鎌倉) |comments(2) | trackbacks(0) |
美味しい休日
ジャックと豆の木10月最後の日曜日。
あいにくのお天気だったので、お友だちと一緒に鎌倉散策の予定だったダンナ母も来訪延期・・・。

そんなわけで、私たちものんびり活動。お昼前、大家さんが「美味しいわよ。」と教えてくれた長谷のパン屋さん「ジャックと豆の木」へ。

普通の民家の軒先、といった感じのごくごく狭いわずかなスペースに所狭しと並ぶパン。11時OPENだけど、一通りのパンが揃うのは12時ごろなんですって。朝ごはんには間に合わないけれど、ランチにはちょうどいい時間です(笑)。

どれにしようか迷っている間にも次々お客さんが訪れて、だけど店内には1組しか入れないので、あまり優柔不断に迷っている場合ではないと少々焦りつつ選んだのは、ゴロゴロと厚切りのベーコンが入ったパン、カレーパン、ダークチェリーのデニッシュ、カスタードパン、キャラメルアップルデニッシュ・・・・・久しぶりに色んな種類のパンを食べた!!パン満喫。(もちろん全部2人で半分ずつですよ。)お店の奥さんもとても感じのいい方だし、無添加のこだわりパンも美味しかったので、また買いに来たいと思いました。


和さび
そして、夜は先日結婚記念日だったこともあり、行きたいと思いつつなかなか行けなかった「和さび」へ。

ここぞまさに「隠れ家」と呼ぶに相応しい佇まい、しーんと静かな奥深き鎌倉の古民家。
その家の造りをそのまま生かした店内は、なんだか懐かしいような気持ちにすらなる、居心地のいい空間。
つまり、カウンター席しかないお店だけど、たとえ常連でなくてもすっかりリラックス出来る空間なのです。



夜はおまかせコースのみ。

最初に酒の肴5品と、熱々の白子、戻りガツオ、鰯を軽く炙ったものなど、一皿ずつがいいタイミングで出され、ここからはお楽しみのお鮨スタート。上品で小さな握りが1つずつ目の前に置かれます。この大きさが酒のつまみにぴったりで、日本酒がするするとすすんでしまう、キケンなお鮨です(笑)。

握りを置くたびに大将がネタを教えてくれるのですが、今回1つだけ、何も言わずにそっと置かれた握りがありました。「あれ、言い忘れたのかな・・?」とあまり深く考えずにパクッと口に入れると、たちまち鼻を抜ける芳醇な香り・・・・・「あ、マツタケ。」思わずニッコリすると、大将もニッコリ。そんなサプライズもあったり、楽しく美味しいひと時でした。

お鮨ってどちらかというと「食べる」イメージで、お腹もすぐいっぱいになるし、そんなにお酒のすすむものではないと思っていたけれど、ここのお鮨は本当に「食べる」じゃなくて「つまむ」。だから、お酒にばっちり合ってしまう。大将は、自分が飲む時に、こんな感じにつまみたいな・・・と思うものを出しているそうで、こちらはまんまとその思惑にハマッている感じです(笑)。のん兵衛の心をがっちり掴むこのコース、お酒好きの人には是非体験してもらいたいな。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(3) | trackbacks(0) |
| 1/8PAGES | >>