<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< 2日目・前編〜パレルモ→メッシーナ→リパリ島 | main | 3日目・前編〜ヴォルカーノ島 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
2日目・後編〜リパリ島
ホテルの部屋窓からの景色

□完璧な部屋
ベッドルームにつながる形で部屋が2つ。小ぢんまりながらもゆとりのある間取り。
テラスとベッド脇の窓からは港と海が見え、バスルームも2つ付いている!
うんうん気に入った。かなり快適に過ごせそう。
そして・・・やはり早速試してみる。もちろん充電器のコンセントが入るかどうか(笑)。
ああ、やっぱり駄目か・・・と思ったその時、一箇所だけ他のコンセントとは違う
タイプのものを発見!
・・・は、入ったぁぁ〜〜(涙)なんて素晴らしい部屋なんだ!神様、ありがとう!!
はぁ〜少なくともこれでリパリ島にいる間だけでも安心して暮らせるよ(笑)。

というわけで気分も晴ればれ。早速リパリ島散策へ。

□ リパリ島散策
島内一周にはどのくらいかかるのか分からないけれど、どうやら栄えているのは
港から私たちが泊まっているホテルの周辺のみらしい。
車も通れないような路地や階段を抜けて、小さな港、コルタ港へ。そこからまた
お土産屋などが並ぶ細い路地を登っていくと、右に大聖堂が見えてくる。
大聖堂に続くゆるやかな階段を上ると、海や町が一望出来る高台に辿り着く。
もうすっかり夕暮れ時だったけれど、その景色のきれいなこと!
また明日の朝ここに来よう。きっと今日とはまた違った素敵な景色が待っているはず。

sicilia110701sicilia110702sicilia110703sicilia110704

□ レストラン探し
散策がてらお店チェックをしたところ、それなりにレストランはあるようだけど
私たちが歩いたのはクローズタイム。果たしてディナータイムに営業しているのか
どうかがかなり不安な感じ。ホテルの人にオススメのお店はないか聞いたところ、
ネンジーナというお店を教えてもらった。
それにしてもディナータイムがどこも夜8時からというのには少々閉口気味。
日は5時過ぎに暮れてしまうし、暗くなるとあまり出歩く気になれず、仕方なく
ホテルでだらだらと過ごす。
あ〜本を持ってくるべきだった!もしくはパソコンを持ってくるべきだった・・・
何もしないことに慣れない貧乏性の私。。
ホテルの部屋にいると、おそらく大聖堂の方から鐘の音が聞こえる。
大きい音と小さい音の組み合わせで15分おき。大きい音が時間を表していて、
小さい音が分を表す。
つまり、大きい鐘が3つと小さいが鐘3つ鳴ったときは「3時45分」。
おかげで夜中に目が覚めても今何時なのかがすぐ分かる。
(そう、24時間鳴っているのだ!)
大きい鐘が7つと小さい鐘が3つ・・・おぉ、そろそろご飯を食べに行くか。

・・・やっぱり。予想通りやっていないお店が多かった。
ホテルで教えてもらったネンジーナも休みだった。(っていうかこの店に至っては
長期休暇に入っていると思われる・・・おいおい。)
選択肢はあまりないので、店先にブーゲンビリアが咲いているピッツエリアに
入った。
"焼き野菜のマリネ"・"トマトとチーズのパスタ"・"にんにくとアンチョビと
トマトのピッツア"。
お客さんは数組いたけど皆そんな感じの頼み方のお店。
トマトとチーズの塩味パスタはシンプルだけど美味しかった。
学生の頃バイトしていたお店で"トマトとモッツァレラの塩味パスタ"というのが
あって、結構好きだったのを久々に思い出した。


sicilia110705sicilia110705

3日目へ続く・・・
| 旅行記(2005年シチリア) |comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
せっかくですから何もしない贅沢もたまにはいいのでは?笑
鐘の音によって時が刻まれているのに気づく、とか
忙しい旅だとなかなか味わえないですものね。
しかも1週間の旅でそういう贅沢な時間の使い方を
するのがまた余計にいいじゃないですか!
旦那さま絵になりますね〜。
それにしても写真素敵でした。
やはり南は色が原色ですね。
土の色も空の色も建物も、全てが力強く色を放っていて
見ていて飽きないです。
そして洗濯バサミとか目の付け所が好きです、IZUMIさん。笑
さすが☆
| nori412 | 2005/11/22 10:05 AM |
noriさん
洗濯バサミの写真に目を付けるとはさっすがnoriさん!(笑)
ふと目に留まって、「でもこんなところ撮ってるの人に見られたら
アヤシイ(?!)し・・・」と一度は通り過ぎて、でもやっぱり
撮りたくなって慌てて撮ったお気に入りの一枚です(笑)。

贅沢な時間の過ごし方ね〜〜ホント、そういう時間を上手に
過ごせるようになりたいわ。
それがホントの"最高の贅沢"っていうものですよね。。
| IZUMI | 2005/11/22 3:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック