<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< 2日目・後編〜リパリ島 | main | 3日目・後編〜ヴォルカーノ島→リパリ島 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
3日目・前編〜ヴォルカーノ島
sicilia110805sicilia110806sicilia110804sicilia110801

□ Meligunis Hotelの朝食
リパリ島は、7つの島からなるエオリエ諸島の一つ。
今日は、やはりエオリエ諸島の一つであるヴォルカーノ島へ。
昨日のうちに船の時間は確認しておいたので、朝食を済ませ、朝のリパリ島散策を
終えてから出発することに。
Meligunis Hotelの朝食は、Massimo Plazaに比べてかなりグレードアップ。
チーズやハム、ヨーグルトにシリアル、フルーツまで。パンも甘くないものも
あって一安心(笑)。
ただし、ジュースだけは甘〜いものしかなかった。
フルーツは洋梨が皮も剥きやすく美味しいので滞在中はよく食べた。
□ 朝のリパリ島散策
朝食を済ませたらもう一度島内散策。昨日とほぼ同じルート・・・だけど
やっぱり夕暮れ時と朝では表情が全然違う。それぞれとっても素敵なんだけど、
朝は一際景色が色鮮やかになる。

sicilia110802sicilia110803

□ いざ、ヴォルカーノ島へ
ヴォルカーノ島はその名の通り、火山のある島。しかも活火山で、頂上付近の
噴火口は常に煙が昇っているような島。
港から高速船に乗り、15分ぐらいでヴォルカーノへ着いた。
早速島へ上陸し海岸沿いに歩いて行くと硫黄の匂いとともに泥温泉が・・・。

シーズン中はかなり賑わうようだけど、この時入っていたのはおばちゃん2人のみ。
私達は一応水着を持って行ったものの結局入らなかった。

sicilia110807

せっかくだから火山でも登るか・・・と思ったけど、その前に腹ごしらえ。
どうみても港付近にある数軒しか営業していないようだったので、かなり
イケてないバーのようなお店に入る。
ここでもパスタを注文。長いこと待って出てきたのは明らかに茹で過ぎのパスタ。
でも味は悪くない。

sicilia110809sicilia110808

外は相当日差しが強くなってきていて、こんな日中に山登りもどうなのか・・・と
弱気になりながらも登山口の方角を尋ねてみる。
すると、隣りのテーブルでパスタを食べていた2人の男性が教えてくれた。
(名前は2人ともフランチェスコ。おそらく最もポピュラーな名前なのでしょう。)
そして「もしよかったらボートに乗らない?島の周りを遊覧して、洞窟なんかも見て
最後はリパリ島まで送って1人20ユーロ。」という。
うーん、なんだかこっちの方が楽そう。それに、ヴォルカーノ島からリパリ島まで
戻る船も全然無くて、何も無い島で船を待つのも辛いなぁと思っていたので、
そのままリパリ島まで送ってもらえるというのがポイント高し。
結局その話に乗ることにした。
そして、途中で出会ったスイス人のヤングカップルもフランチェスコに誘われ、
一緒に乗船することになった。

3日目後編へ続く・・・


| 旅行記(2005年シチリア) |comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
景色がの色が本当にキレイですね〜!
日本とは違う種類の鮮やかさです。
これってワタクシにとって旅に出る理由のヒトツです。
はあぁ旅に行きたいな・・・。
| mamico | 2005/12/02 12:24 AM |
mamicoさん、こんにちは。
そうそう、色の種類が違いますよね〜。
何でなんだろう・・・不思議。
旅って色んな意味で"非日常"を味わえるからイイですよね!

それと、「ロバと王女」の感想もありがとうございます♪
この映画のポスター、東急に貼ってあっていつも見てました!
30年前の作品をデジタルで甦らせたのですね〜。
メルヘンか・・・最近すっかり忘れがちになっているので(笑)、
私も観に行きたいです。(渋谷だし!)
| IZUMI | 2005/12/02 3:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック