<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< エコバッグ | main | suna@外苑前でモロッコ料理 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
uncafeと薬味のヒント
uncafeuncafeでランチ。雲ゆきが怪しかったけど、なんとかお天気が持ちそうだったので、あえてテラス席へ。
お店の入り口の黒板を見た時から本日のパスタ・ジェノベーゼにしようと心に決めていたのに、なんと売り切れ!ブロッコリーとソーセージのトマトソースになってしまいました。
でもこういうパスタも結構好きなので、いいんですけどね!ちょっとナポリタンにも通じるような・・・アッツアツで食べたい感じです。(もちろんアッツアツで運ばれてきました。)

で、uncafeに来たら寄らずにはいられない・・・いえ、たとえuncafeに入らなかったとしてもしばしば来てしまう、uncafeと同じフロアにある青山ブックセンター。本屋さんの中ではお気に入りナンバーワンです。ここに来るとアドレナリン全開になっちゃう。なぜなら本の見せ方が上手というか、レイアウトがゆったりしているというか・・・つまり、(私が見たいような雑誌や料理本コーナーは)平置きになっている率が高いのです。そうなるともう目移りしちゃって、「あぁあれも見てみたい。」「この本はどんな本?」と次から次へ手に取りたくなってしまうのです。そして時間があっという間に過ぎてしまうのでかなり危険(笑)。
今日もあっちのコーナーをふらふら、そっちのコーナーもうろうろ。思いっきりハマッてしまったのでした。。


薬味そして今日の立ち読みの収穫。
確か「野崎洋光が教える分とく山のかくし味」だったと思うのですが、我が家でも必須アイテムの薬味について、目からウロコなヒントが。
分けとく山・野崎さんの常備薬味は、葱・茗荷・大葉・生姜をそれぞれ刻んだもの。これはウチも同じです。で、野崎さんの薬味はここに貝割れ大根が入るのがポイント。貝割れを入れることによって、それぞれの薬味が絡みやすくなるんですって。
確かにウチの薬味には立体感が無い・・・ペシャッとのってる感じ。そこで早速貝割れを一緒に刻んでみたところ、おぉ・面白いように立体的な薬味になるではありませんか。素晴らしい。この、こんもりとした感じ、見た目も断然いいし、全ての薬味が美しく絡み合うのでナイス技!です。(しかも貝割れの辛味もピリリと効いて美味しいし!貝割れって安いし!)
分けとく山の野崎さん、素敵な技を伝授して下さってありがとう。今日は読み逃げでごめんなさい。他の技も盗みたいので(笑)今度は必ずレジに持って行きます。。


0904今日の夕食は、

・ 玉子豆腐・薬味のせ
・ 子持ししゃも・七味マヨネーズ
・ 茄子とえのきと葱の出汁醤油炒め
・ ワカメ・豆腐・茗荷・葱の味噌汁

| 美味しいもの(北青山) |comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック