<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< 沼津へ | main | arcanam(アルカナム) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
arcana izu(アルカナ イズ)
arcana izu

本日の宿は、修善寺にある今年の夏にオープンしたばかりの「arcana izu(アルカナ イズ)」
BRUTUSの「ニッポン観光2007」に載っていた宿で、「伊豆の恵みを生かした至高のフレンチ、全室源泉掛け流し露天風呂付き」のうたい文句に惹かれて予約しました。

arcana izu

レストラン以外にはパブリックスペースはほとんどなく、かなりプライベートな空間が保たれています。チェックインもお部屋で。grafがプロデュースしたというインテリアもシンプルだけど格好よく、そして上質。このソファも最高に気持ちよかったなぁ。

arcana izu

部屋の正面に広がる景色は、緑の木々と狩野川の清流。またまた癒されるわ。。


arcana izuarcana izu

ウェルカムドリンクは、自家製の葡萄ジュースをシャンパンで割ったもの。ジューシーだけど、お酒の味もしっかりとして、とても美味しかったです。

arcana izuarcana izu

部屋着もワッフル素材のゆったりとしたパジャマで着心地抜群。私もこういうパジャマ欲しい。

今回の旅のお供はこの2冊。どちらもプレゼントでいただいたものなのですが・・・是非旅行の時に読みたいと温存していたもの(笑)。

こぐれひでこさんの「お酒とつまみと友達と」には共感しまくり(笑)。こぐれさんが色んな飲み友達と対談形式でお酒について語るんだけど、一緒に飲んでいて楽しい人って、相手が飲めるとか飲めないとかって、あんまり関係ないのよね。いかに相手が呑んべえに対して、自然体でいてくれるかが重要なんだと思う。(決して、冷めた目で酔っ払いの醜態をじっと観察したり、後日その醜態を指摘したりしてはいけないのだ(笑)。)だから、こぐれさんの飲み友達には、お酒に強い人もいれば、お酒が全く飲めない人もいる。もちろん、酔っ払い側も人に迷惑をかけちゃいけないけどね☆

それにしても、こういう肩の力の抜けたおもてなし、お家飲みに憧れる。私もいつか、こんな風になりたい。。

ノロ君の本は、今回、序章までしか辿り着けず(笑)。パラパラと写真を見ているだけでも楽しい本。のんびり読んでいきます。


さてさて、読書感想はこのぐらいにして、お風呂のご紹介。とっても楽しみにしていた露天風呂です。

渓流の音を聞きながら、緑に囲まれたお風呂を独占状態。最高の癒しです。
アメニティはTHANNでした。アロマティックウッドの香りにこれまた癒され・・・。
arcana izu

ほーんと、気持ちよかった!滞在中、何度もお風呂に入りました。


arcana izu

お部屋にはTVもなく、時間を持て余すかな・・・と思っていたんだけど、のんびりお酒を飲んだり、読書をしたり、お風呂に入ったり。時間に追われるでもなく、持て余すでもなく、すごくいい時間の流れでした。何も考えず、何もやろうとせず、気の向くままに・・・って、すごく贅沢な時間の使いかたって感じ。毎日こんな調子じゃ呆けちゃいそうだけど(笑)、たまにはいいよね。

さて、そろそろもう1つのお楽しみ。夕食の時間です。
| 旅行記(2007年伊豆) |comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
緑がたくさん見られて、素敵な宿ですね〜。
旅に出て、宿を堪能することってあまりなかったけれど、こんなところなら、IZUMIさんのようにゆっくりした時間とりたいな。

本、楽しんでくれたみたいでよかったです☆
やっぱり共感してくれましたか。
タイトルでびびびーっとIZUMIさんが浮かんじゃいましたもん。
| kikurair | 2007/09/28 12:42 PM |
こぐれさんの本、私も大好きで何度も読み返します。憧れの女性であり夫婦像だったりします。こんな風に生きれたらいいななんて思います。

そして旅館素敵過ぎ!!!ちょうど温泉に行きたいと思ったのでさっそくHPを見たのですが、お値段的に手が届きませんでした(泣)もっとがんばって働かなきゃと仕事中に再確認出来ました。ありがとうございます(笑)
| fumi | 2007/09/28 2:57 PM |
うわ〜素敵な旅館ですね。
素敵なセレブーで大人の隠れ家って感じですね。
でもうちはちょっと無理かも。
貧乏性なので、韓国くらいだったら二人で
いけるかも(笑)とか思ってしまいます。
まだうちは、夏休みどこも行っていないのです。(涙)
| chiyo | 2007/09/28 5:11 PM |
IZUMIさん、こんにちわ。
またまたコメント欄をクリック♪してしまいました。

ステキすぎるお宿ですね!記念日かなにかでしょうか。
IZUMIさんの写真を見て私も来年の記念日の候補に!
と思ってお宿のHPに載っている雨の日のベランダが
ステキで血が騒ぐほどでした。
でも…セレブな料金設定に思わずタメイキ。ふぅ。

私もキャンプや旅に本を持っていくのですが、
旅先で読む本はなんとなくちょっと特別な気分で
読めるものを選びたいですよね。
温めておく気持ち、よーくわかります。
| マユりん | 2007/09/28 10:55 PM |
うわ〜素敵!!
なんだかウブドの風景と重なるね〜。
↑私の魂はすでにバリ島に行ってます(^^;)
森林浴をしながらお風呂につかるなんて最高!!
癒しの旅だね♪
| shinobu | 2007/09/30 10:27 PM |
kikurairさん>
うふふ、ようやく楽しみにしていた本を拝読出来ました!
今年の私たちの合言葉は「お酒とおつまみと友達と」(笑)。
いや、今後ずっとそんな感じでいけたらいいですよね。
ステキなプレゼントをどうもありがとう☆

fumiさん>
fumiさんってなんだか普通にこぐれさんの対談仲間にいても
おかしくないような気がしちゃう。
ステキな年の重ね方ですよね、ほんと憧れるな。

旅行は、本当はバスク旅行に行きたかったのに、諸事情により
今年は行けなくなったので、半ばヤケになっての(?)贅沢です(笑)。
私もfumiさんみたいに色んなところに旅行に行きたいよ〜。

chiyoさん>
私も以前はchiyoさんと同じ考えだったのですが・・・(笑)
今回、1泊の贅沢旅行をしてみて、こういう旅行もたまにはいいな
と思えました。これって年を取った証拠でしょうか。。

マユりんさん>
そうなんです。実はちょっと早い結婚3周年のお祝いも兼ねた旅行でした。
贅沢な一日でしたが、やはりそれなりに大満足です!
今からまた来年のためにコツコツ貯金しようかな??(笑)

この2冊は満員電車の通勤時間には読みたくないなと思って
ずっと楽しみにとっておきました♪

shinobuちゃん>
ウブドの景色のダイナミックさには敵わないけど!
でも近場でかなり現実逃避が出来たかな(笑)。
shinobuちゃんにはこのお風呂の何倍のプライベート空間が
待っているのかしら??あ〜一緒に付いて行きたい!
ぜひlukkuriオススメの宿で満喫してきてね☆
| IZUMI | 2007/10/01 3:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック