<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< 茅ヶ崎散策 | main | ねり胡麻とひじき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
ビストロEROKIMO再び
erokimo

今日は、約1年ぶりのビストロEROKIMO・OPEN DAY。(前回はこちら。)
夫3人が妻3人のために腕をふるって美味しい料理を作ってくれるという、とても素敵な企画なのですけど、
実は・・・開催の決定も、日取りも、一部メニューまで、全て妻によって決定されるという、半ば強制的(?)な企画でもあります(笑)。そのことを母に話したら、「まぁ、なんて従順な!」と、いいわね〜というニュアンス半分、気の毒に・・・という同情半分みたいな声でそう返されてしまいました。お母さん、大丈夫。思っているより彼らは楽しんでやってくれている(・・・はず!)なの。

会場はYUMI邸。夫は、いつもにようにキッチンを拝借して、ウカレと共に仲良くクッキング。
私とYUMIはRIKI邸で待つことに。今日納品されたばかりのLUCCA Worksのピカピカのキッチンシェルフをじっくり見学させてもらいました。うーん、本当に立派でカッコイイ。うらやましいよ〜。
(その模様はRIKIさんの日記LUCCA Worksにて。)

erokimo

さて、今回のビストロEROKIMOはコース方式で一品ずつサーブしてもらえることに。

まず、アミューズは、yukaさんが作ってくれた紅芋のチップス。これ、ブノワのアミューズでも出されたものをyukaさんが再現してくれたんだけど、本当に美しいから私もやってみたい!
前菜は、「根菜のマリネ(RIKI)」、「アボカドと魚介のジュレ(ウカレ)」。そして「カリフラワーのスープ(IZUMI夫)」。
それぞれ、さっぱりとまったりのバランスが絶妙。見た目もきれいだし、春らしい感じでステキ。

erokimo


温前菜は、「白子のソテー ゴルゴンゾーラソース(RIKI)」。
白子とゴルゴンゾーラのパンチの強さを付け合せのほうれん草が見事に緩和。とっても美味しくて、ワインも進みました。
事前にメニューが決まっていたので、今日のワインはRocks offさんで料理に合わせてちゃんとセレクトしてもらったのだ。
いきなりハイレベルな一皿が出てしまったもので、にわかにざわつくシェフ2名・・・かなりプレッシャーを感じているみたい。
一方RIKIさんは早々に一仕事終え、すっかり清々しい笑顔(笑)。


erokimo


お次はIZUMI夫の「鶏のイカスミソース 鎌倉野菜添え」。
これ、セドリック・ベシャドにインスパイアされた一品らしいんだけど(笑)、妻としては、作ったこともない、レシピもない料理に挑戦するとは、大胆というか怖いもの知らずというか・・・・・それを作ると聞いた時には内心「えー!」と思ったし、食べるまでは私までかなりドキドキ。
セドリックを再現というより、かなりオリジナルな一皿でしたけど、思ったよりずっと美味しくて私も本人もほっとしました(笑)。

erokimo


シメはウカレさんの「豚肉とプラムの赤ワイン煮」。
ウカレさんはいつも思うけど、盛り付けがとても上手なの。やっぱりセンスあるんだなぁと。
もちろんお味のほうもとっても美味しくてお肉も柔らかくて、パンや赤ワインにベストマッチ。
昼に家具を納品したと思ったら、夜はシェフに早代わり・・・なんてマルチなの!


erokimo

今日セレクトしてもらったワインはこちら。
1991年や1997年のワインもあって、その頃わたし何やってたかな〜なんて、思い出にふけりながら(?)楽しみました。

erokimo


デザートは妻たちからお礼とバレンタインを兼ねて。
チョコレートチーズケーキ(YUMI)、オランジェット(yuka)、ホワイトチョコレートムース(IZUMI)、チョコレートづくしの盛り合わせ。
「この会は素晴らしいね!」、「誰が一番とか無いよ!みんな本当にすごい!」と最後は褒め殺し(?)の嵐で大満足のうちにお開きとなったのでした。本当にごちそうさまでした!

いやーでも思っていたよりかなりのハイレベル&レベルアップで正直今回もびっくり。
本当に素晴らしい会なのでこれからも是非続けて欲しいな。たとえ半強制的でも(笑)。
| 美味しいもの(おうちパーティ) |comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
ホント素晴らしいお料理!本物のシェフみたい。
しかもIZUMIさんの旦那さま、レシピもなくこんな難しそうなお料理つくっちゃうなんてすごい☆毎回感動です〜。
そして、写真でチラミする旦那衆さんたちのカッコいいこと。
服装もおしゃれでドラマに出て来る人たちみたい!笑
なんか久々にドキドキしました〜。バカですみません(^▽^;)


| fumi | 2008/03/10 8:08 PM |
すばらしいご主人をおもちになり、羨ましいかぎりです。
美味しい奥様の手料理を召し上がっているから、ご主人の
腕もあがるのかしら。
うちは・・・・。私がいない日は、俺の夕食は?
なんて言っていますよ。自分の食事くらい、自分で
作れるようになってほしいものです。
| chiyo | 2008/03/10 10:36 PM |
fumiさん>
ここだけの話なんですけど、はっきり言ってうちのダンナさんは
レシピ無しで作るのはまだ百年ぐらい早いと思うんです!(笑)
「ここでこれを入れたらこうなる」とか「これを足せばこういう味になる」
とか、そういう基本的なところが分からないとレシピ無し料理は
厳しいと思うのに・・・・・(ブツブツ)。

あら〜そんなにステキに撮れちゃってました?(笑)
ではそのままfumiさんの妄想の中でどんどんステキにしてあげちゃって☆

chiyoさん>
腕はともかく、こうやって手料理をごちそうしてもらえることは
ほんと有り難いことですよね〜感謝せねば(笑)。
ところでウチの父がchiyoさんのご主人と全く同じことを言うので
思わず笑ってしまいました!
| IZUMI | 2008/03/11 2:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック