<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< お気に入りおやつ | main | コサージュと週末ワイン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
Les Cristallines(レ・クリスタリーヌ)でランチ
アネちゃんからランチのお誘い。「何食べる?」って聞いたら、「優雅にナイフとかフォークって気分。」とのお返事だったので、骨董通りから少し入ったところのレ・クリスタリーヌに決定。

Les Cristallines

一歩入ると、え、ここはおパリ?〜な雰囲気。陽気なムッシューが出迎えてくれ、クラシカルな内装と、テーブルから聞こえるフランス語と。
周りを見渡すと、ご婦人たちのグループ、品の良い老夫婦、フランス人の紳士・・・・・明らかに「昼休みを利用してプチ贅沢ランチしにきちゃった」のは私だけ。。おっと。

かくして、勤務中のためワインはグググーッと我慢。最初の一皿、前菜の盛り合わせが登場。演出として、ガラスのお皿がライトに照らされます(笑)。写真で分かるかな・・・。
この盛り合わせ、もう本当に美味しかったんだけど、本当に辛かった。ワインが飲めなくて(涙)。
キッシュもパテもちょっと濃い目な感じで、ワインにぴったりな一皿となっております。

Les Cristallines

私の選んだメインは、大きなソーセージ。かなりガツンときました。普段ならこの流れだと大抵魚を選ぶんだけど、我が家の本日の夕食がカレイの煮付けに決定していたので(笑)お昼は肉を選んだのでした。。
何度も繰り返すようですがこれも赤ワインと共にいただいたら非常〜に美味しかったと思います。くぅぅ、あっちのテーブルも、そっちのテーブルも皆ワインを傾けているわよ、ほんとに。

Les Cristallines

そしてデザートはフランス風シュークリーム チョコレートソース添え!!こってりチョコレートソースのかかったシュー、中にはクリームがたっぷり。かなり食べ応えのある、肉料理に続きとてもボリューミィな一品・・・なんともハイカロリーなランチとなってしまいましたわ。はは。

気づいたら時間的にもすっかり優雅なランチタイムになってしまって、最後は慌てて仕事に戻ったけど(笑)、美味しいランチをいただきながら、アネちゃんから近況を聞いたり作品を見せてもらったり。ほんと盛りだくさんなランチで、お腹も心も十二分にチャージされたひと時でした。お値段的にもかなり満足できる内容だったし。
お店の重厚でクラシカルな雰囲気も決して今どきではないんだけれど、なんとなくパリにある老舗のビストロ風で、それはそれでよかった。これからもう少し暖かい季節になると中庭にテラス席も出来るみたいなので、また違った雰囲気が楽しめそう。多分テラスではお皿も光らないと思うけど(笑)。
あ、それから、夜の期間限定ジビエコースで「フルコース+赤白ワインをお好きなだけ」というお1人様1万円のコースというのも気になりました。こういうイベントも定期的に開催されているみたいですね。どなたか行かれた方いっしゃいますか?
| 美味しいもの(南青山) |comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
久しぶりにコメントします。しっぽなです。
レ・クリスタリーヌは10年前に友人が結婚パーティーを開いて以来、行っていますよ〜。コンコンブルと姉妹店ですよね。どちらのお店もとても真面目に料理と価格を考えた結果を出しているような気がします。
私は旦那の仕事の都合で、最近、鎌倉から都内に引っ越しました。鎌倉駅に着いた時の湿めった空気とか、海の匂いとか、ジャルダン食堂のグリーンサラダとか・・・恋しいものだらけです・・・(良かったことは通勤時間が半分になったことかな〜)。職場は相変わらず国連ビルの裏なので、izu
miさんの日記は楽しみにしています〜!!
| しっぽな | 2008/03/20 10:16 PM |
しっぽなさん>
そうそう、コンコンブルと姉妹店なんですよね!
ほんと、どちらも満足度が高いですね。それぞれ雰囲気は違うけど
どちらもお気に入りのお店です。

鎌倉駅に着いた時の湿った空気・・・すっごくよく分かります!!
以前友だちに「鎌倉に帰ってくると湿った土の匂いがするよね。」
と言ったら「そう?」ってあまりピンときてない様子だったので(笑)、
しっぽなさんとあの空気感を共有出来てとっても嬉しいです。
| IZUMI | 2008/03/21 4:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック