<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< お宅訪問その2 in Paris-バスク旅行記・8日目後半- | main | 帰国後に食べたものは・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
ただいま!-バスク旅行記・序章-
無事、バスク旅行から帰ってきました!
構想2年、準備に半年・・・・・いつになく気合の入ったヴァカンス計画。念願のバスク地方は、思っていた通り、いえ、思っていた以上に素晴らしい場所でした・・・!

umibasque
海バスクを堪能し、


yamabasque
山バスクを堪能し、


bar
美味しいものを食べ、


TXACOLI
ワインも堪能!


一言でいうと、そんな感じの旅?!(笑)
自分の思い出の記録として、また、これからバスクへ行かれるかたに少しでもご参考になるような情報を、これから少しずつ残せたらいいなぁと思っています。

そう、まず計画の段階で一番困ったのはバスクの旅に関する情報の収集。
まだ日本語のバスクガイド本というものがほとんどなく、ワインセミナーの先生からの情報、昨年もバスクを旅行した今回の旅仲間、RIKIさんyukaさんからの情報、そして、現地に住んでいらっしゃる、もしくは実際に旅行された方々のblogからの情報・・・・・これらが貴重な情報源でした。


Basqueまず、バスク地方に関するごくごく簡単な紹介から。

バスクはフランス南西部からピレネー山脈をわたり、スペイン北東部に位置する、独自の文化を持つ地域。
西は大西洋、東はピレネー山脈という、海と山の自然に挟まれたこの地方は、食も豊か。
今回の旅でも海の幸、山の幸を思う存分堪能してきました。


「神は悪魔に罰としてバスク語を習えと命じた」 

バスク語は他言語から孤立しているため、世界一習得が困難で、「悪魔でさえバスク語を覚える罰をあたえられると神に許しを乞う」とも言われているそう。
(実際に旅をしてみると、標識等でバスク語を目にすることはありましたが、フランスバスクではフランス語、スペインバスクではスペイン語が話されている感じでした。)
独特の文化、言語、独立性・・・おなじみのバスクシャツ(ボーダーTシャツ)とエスパドリーユ、 フランスにおける生ハムとショコラの発祥地でもあります。(elm com.さんの旅行記より抜粋)


次回からは、実際に私たちが回ったコースを出発日からさかのぼって書いていきたいと思います。

バスク旅行記 INDEX

1 1日目 Paris(パリ)
2 2日目 Biarritz(ビアリッツ)
3 3日目前半 Bidart(ビダール)
4 3日目後半 Espelette、Itxassou(エスペレット、イッツァスー)
5 4日目前半 Saint Jean de Luz(サン・ジャン・ド・リュズ)
6 4日目後半 San Sebastian(サン・センバスチャン)
7 5日目前半 Zarautz(サラウス)
8 5日目後半 Getaria(ゲタリア)
9 6日目前半 La Rhune(ラ・リューヌ)
10 6日目後半 L'Auberge Basque(オーベルジュ・バスク)
11 7日目前半 Sare(サール)
12 7日目後半 Bayonne(バイヨンヌ)
13 8日目前半 Paris(パリ)
14 8日目後半 Paris(パリ)


今回のルートについて

海バスク、山バスクをバランスよく周るコースだと思います。
スペインバスクとフランスバスクでは、フランスバスクのボリュームがやや多め。
車さえあれば、このコースはかなり余裕のあるスケジュール(朝もゆっくり出発、ランチも時間をかけてゆっくりと。そして気が向いたらしばらくボーっとする(笑))ですので、どなたでも無理なく周れると思いますが、あちこち精力的に周りたい人には、ちょっと物足りないコースかもしれません。(私たちは同じようなペースのメンバーが揃ったこともあって、この配分で十分満喫出来ました!)


今回の旅計画で参考にした雑誌

・旅(2008年7月号)・・・今回のルートを一番網羅している雑誌
・Pen(2008年5/1号)・・・バスク全体の情報&歴史や文化なども
・FIGARO(2007年6/20号 No.343)・・・海バスクの情報が充実
・FIGARO(2006年1/5・20号 No.310)・・・フランスバスクの情報


今回の旅計画で参考にさせていただいたblog

山バスク海バスク
バスクの砂糖壷
el mundo
| 旅行記(2008年バスク) |comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
しつこく(笑)お帰りなさい!!!笑
ユーロが随分安くなってきて、そうしたらやっぱりヨーロッパに行きたくなってきちゃいました。。。まだフランスまでのチケットしか取ってないので悩みます〜。IZUMIさんの旅行記読んだら行き先が直前で変わってしまうかもしれません!(笑)楽しみにしています♪
| fumi | 2008/09/26 9:32 AM |
お帰りなさい!
序章からワクワクしてます。
既に4枚の写真でロックオン!!
次回からの詳しい旅行記、とーても楽しみです♪
| KAORI | 2008/09/26 10:22 AM |
fumiさん>
そうなのよ〜!ドンピシャのタイミングでユーロが下がって
本当にラッキーでした☆
でも宿とかエアとか大きいものはほとんど高い時期に精算しちゃって
いたんだけどね。。

KAORIさん>
ただいまー!!
ありがとうございます!次回からいよいよバスクに入りまーす。
乞うご期待?(笑)
| IZUMI | 2008/09/26 1:45 PM |
こんにちは。古い話ですが、以前izumiさんのバスク記事を拝見して、厚かましくもしおりのデータをリクエストしてしまった者です。2009年の秋、実際バスク行きが叶いましたが、その後blogにぼちぼちと書き込みを続けてようやく完了というタイミングでトラックバックさせていただきました。オフシーズンではありましたが、しおりを含めizumiさんから提供してもらった情報で充実した旅になりました。改めて感謝です。ありがとうございました。
| canardplus | 2011/04/17 10:33 AM |
canardplusさん>
こんにちは。コメントありがとうございます!
すごい・・・大作の旅行記ですね。。!お疲れさまでした〜。
写真がとっても美しくて思わず魅入ってしまいました。素敵です。
そしてバルデナスのホテル、すごいですね。なんだか現実の世界じゃ
ないみたい。。あぁ私もまた旅に行きたくなりました。
| IZUMI | 2011/04/19 6:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック