<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< 海から山へEspelette、Itxassou-バスク旅行記・3日目後半- | main | 夢のバル巡りSan Sebastian-バスク旅行記・4日目後半- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
山から海へSaint Jean de Luz-バスク旅行記・4日目前半-
itxassou

9/16(晴れ) 清々しい山の朝!
前日の夜、明日は8時に朝食ね〜と約束していたので、身支度をして「ボンジュー!」と他の部屋を回ってみると・・・・・

itxassou 
明らかに様子のおかしい部屋が・・・zzzzz・・・。

放っておいて、朝の散歩に出かける(笑)。
冷たい空気に気分もシャッキリ!



itxassou朝食もレストラン・ボネで。
このレストランはクロスもさくらんぼ柄。可愛いなぁ。
シェフのボネさんが挨拶に来てくれました。「ボンジュー!」

お世話になった宿の前で最後に記念撮影。
マダムに「一緒に写真を」と言うと、大層喜んでくれて、「まぁ!私、ジャポネに挟まれて、まるでブロシェットだわね!日本語では何て言うの?」

・・・・・というわけで、皆で声を揃えて「クシヤキ(串焼き)ー!!」でパチリ(笑)。


それから、忘れちゃいけない、この村でのお土産。ホテルのすぐ近くにあるパティスリーKRAKADAさんで、村の一番の宝物、黒さくらんぼで作られたジャムを買う。一つ一つの実のしずくを丁寧に拭いて作られた、イッツァス村産さくらんぼ100%の貴重な手作りジャムです。
売り場のカウンターから見えた、厨房に無造作にかけられたさくらんぼ柄のキッチンクロスに釘付け。ryokoにお願いして聞いてもらったら、「教会の脇のお店で売ってるよ。」とのこと。メルシィ!
そして、おそらくこのお店の今日一日の売り上げ目標分(?笑)をお買い上げした我々に気を良くしたのか、お土産にこちらのメゾンのサブレまで持たせていただく。メルシィ、ボクー!!

krakada


そんなわけで、村の二番目の宝物、歴史的建築物の教会へ。もちろん、教会脇のお店もチェック。ありました!ありました!サクランボ柄のキッチンクロス!しかもタグを見ると「ONA TISS」の文字!ここで一気にテンション上がる。なぜなら、キャトルセゾンさんのHPでこの記事を読んでから、「バスクリネンを買うならば、ONA TISS社製のものを買いたい!!」と思っていたから。昔ながらの伝統的製法で、全ての作業を現地にて行っているのは今やバスクではONA TISSのみ。製品には全て‘Tissé en France, au Pays Basque'(フランス・バスク地方で織られましたという意味)のラベルがあるのですが、こう表記できるのはONA TISSのみなのだそう。洗えば洗うほど、その風合いのよさが分かるというONA TISSのバスクリネン。時間の都合上、サン・パレのアトリエには伺えませんでしたが、この旅中、バスクリネンを見つけてはONA TISS社のタグをチェックするのがすっかり習慣になった私(笑)。

itxassou

今日の日記のTOP画像は、教会脇の風景。こんな景色が日常の風景にあるイッツァス村。のどかで平和な村。

itxassou


さて、イッツァス村を後にし、お次は海の街、Saint-Jean-de-Luz(サンジャンドリュズ)へと向かいます。
のどかな牧草地帯を抜け、再び海へ。


chez pablo

サンジャンドリュズに到着!ちょうどお昼時、皆お腹が空いていたので、マルシェのすぐ裏手にあるCHEZ PABLO(シェ パブロ)でまずは腹ごしらえ。


chez pablo赤いギンガムチェックが可愛らしい、街の小さなレストラン。マダムが腕を振るう家庭的な料理はとっても優しい味。
お店の人もとても気の利く感じのいいお兄さんでした!


お互いにビールを注ぎ合う図。
そういえば、この旅中、昼も夜も欠かさずビールかワインを飲むこのメンバー。誰一人「私はいいや。」と言う者はいませんでした。。(笑)。


ピぺラド(赤ピーマンや生ハム入りトマトソース)入りオムレツ、ふわふわで美味しかったなぁ。昼下がりの平日、裏路地の店はとても静かで、すぐお向かいの学校からは、時おり子どもたちの元気な声が響いていました。
リゾート感たっぷりなシチュエーションで食べるランチも最高だったけれど、こういう地元の可愛い食堂で食べるランチもまた、たまらない感じ。

chez pablo


サンジャンドリュズは、華やかなビアリッツよりも少し落ち着いた感じの、のんびりとした雰囲気漂うサンパな海辺の街。エスパドリーユやボーダーシャツ発祥の地と言われています。バスクリネン、バスク食器、エスパドリーユなど、お土産ものも充実しているし、マカロンで有名なMAISON ADAM(メゾン・アダム)の本店もあります。こちらのマカロンは、普段私たちがよく目にするようなカラフルなマカロンではなく、アーモンド生地の素朴な焼き菓子という感じ。伝統的なお店だけど、白とブルーのパッケージといい、シンプルさがかえって新鮮。ほっくり、しっとり、アーモンドの香り漂う美味しいマカロン。
Saint Jean de Luz


 「メゾン・アダムのマカロン」         「バスク十字を模ったガトーバスク」    
Maison Adam


路地に並ぶお店をぶらぶらとのぞきつつ歩いて行くと、すぐに穏やかな海岸へとたどり着きます。青い海、白い砂、カラッとした爽やかな風。うーん、気持ちいい!
Saint Jean de Luz
バスクシャツ(ボーダーシャツ)発祥の地ということで、RIKIさんと私はボーダーズ(笑)。


サンジャンドリュズを満喫した後は、遂にスペイン上陸!いざ、San Sebastian(サン・セバスチャン)へ。(4日目後半へ続く・・・)
| 旅行記(2008年バスク) |comments(11) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
わぁ〜。何から何まで可愛くて美味しそうで!
皆さんのキラキラが伝わってきます。
どの写真もまるで絵葉書のようですね。
ボーダーズもかわいい♪
さくらんぼ柄のキッチンクロス、登場するのを楽しみにしています。

私も旅に"Myしおり"はかかせない派なので、現在ラストスパートで作成中〜。

スペイン上陸編の旅日記も楽しみです!
| setsukoro | 2008/10/02 3:16 PM |
うーむ、やっぱりイッツアスもサン・ジャン・ド・リュズも素敵な町ですね。
ビアリッツの食材屋でも黒さくらんぼのジャム売ってたんですが、
きっと本場イッツアスの、しかも手作りのジャム、うまいんだろなぁ・・・
よし、次行く機会があったら絶対コースに入れようと思います。

ところで車の運転はどうでした?僕はビビリなのであきらめたのですが、
タクシーやバスに乗ったときに観察してたのですが、どうもあのグルグルの入り方と
抜け方のルールがよう分からなくて。
| 呈(tei) | 2008/10/03 4:15 PM |
setsukoroさん>
ありがとうございます!!
setsukoroさんもMyしおり派なんですね!
私は今回、初めてしおりを作ったので、どんな情報を入れたらいいのか、
終始手探り状態でした。。皆さんのしおりも拝見してみたいな。

そろそろ出発された頃でしょうかー?Bon Voyage!!

呈(tei)さん>
すごーい!!怒涛のバル巡りだったのですね!!お店も結構被っていて、
ほんと「ウン!ウン!」と頷くことばかりです(笑)。
時間が許せば私たちももっとバル巡りしてみたかったなぁ・・・
全軒制覇するには、どのぐらいかかるんでしょうね(笑)。

車の運転は、、(私は助手席専門ですが(笑))一応ドライバー2名とも
ヨーロッパでの運転経験があったので、Roundabout(グルグル)は
そんなに抵抗なかったみたいです。入る時に苦労している感じは
ありませんでしたが、出るタイミングを失って何周かグルグルしている時は
ありましたけど・・・(笑)。逆に言えば、出口が分からなければ
分かるまでグルグルしていればいいので、考え方によっては楽なのかも?
・・・なーんて。運転手じゃないので無責任発言でスミマセン。。

因みにうちの場合、運転で明らかに苦労していたのはMT車のクラッチでした!(汗)
| IZUMI | 2008/10/04 2:45 AM |
Izumiさんはじめまして!Marikoと申します。以前からこちらのブログは、写真もきれいでセンスも良く、楽しく読ませて頂いていましたが、初コメントです。
実は同じ市内在住、隣の高校卒業、年も近い(たぶん)、ワイン好き、そしてluccaにプチ留学したことがあるので勝手に親近感抱いています(笑)luccaは本当に素敵な街です。

先週、ボルドー、フレンチバスク、ブルターニュの旅から帰国しました。出発前に、こちらのブログもチェックしていたのですが、帰国直後にもう一度読み直しています。
私は一人旅だったのですが、大人数での旅良いですね〜。一人でもガンガン飲んでましたが(苦笑)バスや自転車で同じような行程行ってきました。

Chez Pabloは『絶対行こう!』と思っていました。いやぁいいですよね〜♪私は日替わりメニューで前菜に魚のスープを頂きましたが、素朴な味で美味しかったです。メゾンアダムやパリエス、ああ、また行きたい!!

初コメントで長文すみません。またコメントさせてもらいますね。
| Mariko | 2009/07/12 10:08 PM |
Marikoさん>
初めまして!コメントありがとうございます。とっても嬉しいです。
LUCCAにいらっしゃったんですね!いいなぁ。私もいつか行ってみたいです。

そしてそして、旅行からお帰りになったばかりなんですね〜
お帰りなさい!!
バスや自転車(!)を駆使して、ガンガン飲んで・・・(笑)ってすごい、
Marikoさん、カッコイイ!(笑)
あぁChez Pabloは思いで深い場所のひとつです。私もまた行きたい。。

色々共通点もあるようなので、また色々情報交換させて下さいね!
今後ともどうぞよろしくです。
| IZUMI | 2009/07/14 1:58 AM |
こんばんは。
はじめまして。
突然の書き込み失礼いたします。

このGWにバスク地方に行く予定にしており、
情報収集しているときにこちらのブログを発見したものです。
写真も綺麗ですし、私が行こうと思っていたポイントが
かなりの割合で網羅されていて嬉しくなりました^^
本当にバスクの情報が少なくて、私の場合、レンタカーではなく、バスの旅になるので、交通事情を調べておかないと、
かなり時間ロスしてしまいそうです><
ところで・・・突然質問してすみません。
お聞きしたいのですが、イッツァス村のボネに私も泊まるの
ですが、ボネから教会の横にあるというオナティスのリネン
が売っているお店というのは、徒歩で行くのは難しい距離
でしょうか??車で行かれたでしょうから徒歩でどれくらいか
想像がつかないかもしれませんが、分かる範囲で教えていただけると
ありがたいです。
よろしくお願いします!
| yumi | 2010/04/13 9:01 PM |
yumiさん>
初めまして!コメントありがとうございます。
GWにバスクですか〜〜うらやましい!是非是非楽しんで来て下さいね。

ボネから教会のお店までは・・・そうですね、車で5分〜10分はかかったと
思います。(記憶が曖昧ですみません。。)
その道も結構起伏が激しくて、正直徒歩だと、うーん、ちょっとどうかな・・・
という感じです。

もしONA-TISSのリネンがお目当てでしたら、yumiさんはサン・ジャン・ド・リュズには
行かれますか?ONA-TISSのリネンはサン・ジャン・ド・リュズにもありました。
サン・ジャン・ド・リュズにはバスクリネンのお店がいっぱいあって、
ONA-TISSが置いてあったお店の名前はちょっと覚えていないのですが、
場所としては、メインストリート沿いに「Euskal Linge」という
バスクリネンのお店があって、そのお店付近のメインストリートから
1,2軒反れた場所。隣りはCAFEみたいな店です。

分かりづらい説明ですみません。。
でもサン・ジャン・ド・リュズのメインスポットは狭いので、
グルグル回っていれば、きっと見つかるはず。
種類もこちらのお店のほうが豊富でしたし、割引されているものもあったので、
私もここでまた買い足ししましたよ(笑)。

もし何かあれば、また遠慮なく聞いて下さいね!
| IZUMI | 2010/04/14 1:21 PM |
IZUMIさん!!

詳しく丁寧にお答えいただきまして、
ありがとうございました!!
ちょっと徒歩は厳しそうですね(汗)

ただ、5/1は山バスクを回る予定なのですが、
その日、いくら検索してもバスの時刻表の検索が
出てこないのでメールで問い合わせてみると、
メーデーでバスの運行がないみたいです(><)
完全に忘れてました・・・
ですので、タクシー貸切とレンタカーを比較して
どちらにするか決めることになりそうです。

ですので、どちらにしても行けそうです!
すみませんでした、ありがとうございます^^

あと、サンジャンドリュズは勿論行きます!
リュズでもオナティスのリネン類ゲットできるんですねv
安心しました(笑)

ところで・・お言葉に甘えてもう一つ質問を・・
レンタカーのお値段です。
AVISなどのレンタカーを利用されましたか?
もし良かったら利用されたレンタカー会社と
大体のお値段(/日)を教えていただけると嬉しいです!

どうぞよろしくお願いいたします!!
| yumi | 2010/04/20 12:44 AM |
yumiさん>
レンタカーはビアリッツの空港で借りたのですが、確かAVIS
じゃなかったかな・・・日本から予約していきました。
5人乗りクラスで1日5千円ぐらい?多分AVISのサイトに出ている通りの
金額でOKだったと思いますよ!
ただその時はMT車しかなかったので、そちらも確認しておいたほうがいいかも。
マニュアルの運転出来る人がいれば問題ナシですが。

教会脇のお店は本当に小さな小さな売店・・・って感じのお店なので
品揃えはあまり期待しないで下さい(笑)。
ボネから歩いてすぐのKARAKADAさんの貴重なさくらんぼジャムは是非
買って下さいね!
| IZUMI | 2010/04/20 7:11 PM |
コメントが遅くなってすみません><
色々書いてくださってありがとうございました^^
レンタカーはかなり探し回って、(メーデーの関係で
レンタカーの営業所が休みだったりマニュアル車しか
なかったり、オートマ車も高いのしかなかったりで)
どうにかAVISで借りることが出来ました。
タクシーの貸切だと1日400ユーロくらいかかると言われましたし、やっぱりレンタカーにして正解でしたが、私が運転できないので、申し訳ないな〜と思いながら、でも友達は海外で運転するのが好きみたいで、全然大丈夫!と快く運転してくれてほんとに助かりました><
で、教会脇のお店、かなり気になっていたのに、
結局その時になったら完全に忘れてしまっていました(汗)
せっかく教えていただいたのに・・。
レンタカーだから全然行けてたのに残念です。
あと、KRAKADAは絶対行こうと思って楽しみにしてた
お店だったので、勿論行きました!!
このお店、私の中でだいぶツボでした。
IZUMIさんとはなんとなく好みが似ているのか、
行くところとか注目するツボが結構似ている気がします(笑)
長尾智子さん好きなのでバスクと私を読んでるっていうのもありますが・・。
私の日記にIZUMIさんの行ったところがたくさん出て来ると
思います。私もオーベルジュバスクに泊まりましたし^^
また遊びに来させていただきます^^
| yumi | 2010/05/23 12:23 AM |
yumiさん>
無事レンタカーを借りられてよかったですね!
海バスクと山バスクを行き来するには、やはり車があると
とっても便利ですものね。

yumiさんの旅行記を拝読していたら、最高に楽しかったバスク旅行の
思い出が甦ってきました。あー私もまた行きたいな。。
| IZUMI | 2010/05/28 1:58 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック