<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< 夢のバル巡りSan Sebastian-バスク旅行記・4日目後半- | main | 小さなスペインの港町Getaria -バスク旅行記・5日目後半- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
チャコリワイナリー見学Zarautz -バスク旅行記・5日目前半-
talaiberri

9/17(晴れ) サンセバスチャンで迎える朝。男性陣は早起きして海へ。女性陣は朝食ぎりぎりまでたっぷりと睡眠(笑)。

HospedajeDonosti@B&BHospedajeDonosti@B&Bでのお楽しみの一つ、お料理上手のアマリアが腕を振るってくれる朝食タイム。今朝は、たっぷりポテト入りのもっちり・ふわふわムレツ。
リュズが「アマリアの作るオムレツは美味しいわよ。」と言っていたけど、本当にその通り。作っているところを見たかったなぁ・・・早起きして、ちゃんと習っておくんだった(笑)。

他にもバスケット山盛りのトーストにジャムとバター、シリアルにミルクにコーヒーにオレンジジュース・・・朝からモリモリ、ゲラゲラと元気いっぱいの我ら。
HospedajeDonosti@B&B

さて、昨夜バルでさんざん飲んだバスク地方名産の伝統ワイン、チャコリ。今日はそのチャコリの生産地、Zarautz(サラウス)のワイナリーTalai Berriを訪ねてみることに。今回の旅のテーマは「大人の修学旅行」なので、一応、社会見学もしておかないとね(笑)。

サンセバスチャンから西に15kmほどいくと、海沿いのすぐ脇に緩やかな丘が現れ、その見晴らしのいい丘をぐんぐん上っていくと、一面の葡萄畑の中にTalai Berriのワイナリーが見えてきます。大きなアーチ型のドアを叩くと、ゆっくりと扉が開かれ、中から4代目のビセンテさんがにっこり笑顔で出迎えてくれました。

Talai Berriワイナリーツアー
1人10ユーロ 要予約・説明はスペイン語のみ

talaiberri

実はこちらのワイナリー見学の説明はスペイン語のみ、なのですが、強引に出かけてしまった私たち。(予約は、リュズにスペイン語でお願いしてしまいました。)
ほとんどスペイン語しか話さないビセンテさんに代わって、娘さん(多分、5代目のオンディスさんの妹さんかお姉さん)が案内をしてくれましたが、この方も英語はほとんど話さないようでした。
というわけで、詳細なお話は聞くことが出来ませんでしたが、チャコリを生産する時に実際に使用する大きなステンレスタンクの部屋を見せてもらったり、圧搾機を見せてもらったり、ワイナリーの雰囲気は存分に味わいました(笑)。そして何と言ってもこの見学の目的の一つ、チャコリの試飲タイム!これだけは言葉の壁なんて問題なし(笑)。

talaiberri

「そんなに高くから注がなくてもいいんだよ、これぐらいで十分。」と、ビセンテさん。
クオリティの高いチャコリは、あまり高いところから注いで泡を飛ばしたりせず、ワイングラスでしっかりと香りと味わいを楽しんで欲しい、ということらしいです。(バルなどで出されるチャコリは、通常、ボテガと呼ばれる寸胴グラスに高いところからジャバジャバと注ぎ、水代わりにグイグイと飲む感じ。)

talaiberri

広いテラスにテーブルを出してもらって、葡萄畑を眺めながらの試飲タイム。コクもありつつ、すっきりとした喉越しのチャコリ。チーズやサラミとの相性もバッチリ。

talaiberri

見渡す限り一面の葡萄畑!絶景のロケーションで飲むチャコリはまた格別な味わいです。

最後に皆で記念撮影をする時、yukaさんが慌ててテーブルの上のチャコリの瓶を手に持つと、嬉しそうな顔をして親指を立てるビセンテさん。実は事前に雑誌などで度々お顔を拝見していたので、最初に扉が開いた時、「あ、あのおじいちゃんだー!!」と有名人に会えたような、とても嬉しい気持ちになったのです。本当はそんな気持ちもちゃんと伝えたかったな。。次回はスペイン語の勉強をしてから来なくては(笑)。
国外への輸出はわずか10%のみのTalai berriのチャコリ。通常私たちはなかなか口にすることが出来ないワインだけに、本当に貴重ないい体験が出来ました。

Getaria

大満足のうちに大人の社会見学を終えた私たちは、さらに海沿いを西へ5kmほど、スペインの小さな港町、Getaria(ゲタリア)へと向かいます。(5日目後半へ続く・・・)
| 旅行記(2008年バスク) |comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
旅日記を拝見させて頂いていて、ふと思ったのですが、
全く雨降りの日がありませんね。
素敵な画像ばかりです。
きっとこんなに素敵なんだから、実際はもっともっと
素敵なのでしょうね。
とっても優雅な旅行で、充実していることが
よーくわかります。羨ましい!
| chiyo | 2008/10/06 9:50 PM |
chiyoさん>
そうなんですよ〜お天気には本当に恵まれました!
これは本当にラッキーでした。
メンバーの中に自称晴れ男、晴れ女はいっぱいいたようでしたが、
強ちウソじゃなさそうです(笑)。


| IZUMI | 2008/10/08 1:28 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック