<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< チャコリワイナリー見学Zarautz -バスク旅行記・5日目前半- | main | 決死の(?!)ピクニックLa Rhune-バスク旅行記・6日目前半- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
小さなスペインの港町Getaria -バスク旅行記・5日目後半-
Getaria

Getaria(ゲタリア)は、カンタブリア海に面する小さな港町。サラウス同様チャコリの産地で有名な場所であると共に、新鮮な魚介類が水揚げされることでも有名です。ここで水揚げされるカタクチイワシで作られたアンチョビは、「カンタブリア海のアンチョビ」として世界中で珍重されるそう。
・・・・・というわけで、美味しいアンチョビを求めて我々もいざ、上陸。

Getaria

ここは、私が訪れたスペインバスクの中でもっとも異国情緒を感じた場所。多分、人々の生活に一番近いところに触れられたからかも。
狭い路地を見上げると、カラフルな洗濯物が一面に干され、学校が終わった少年たちは、賑やかに家路へと着く。
ここで暮らす人たちの日常を、ほんの少しだけ肌で感じることが出来ました。
そうそう、そういえばここゲタリアは、バレンシアガが生まれ育った街なんですって。

サンサルヴァドール教会の近くSALANORTで、美味しそうなアンチョビやチャコリを買ったり、見晴らしのいい丘の上でボーッと海を眺めたり、写真を撮ったり。思い思いにのんびりと過ごす、ゆったりとしたいい時間。

Getaria

さて、そろそろランチタイム。このあたりのレストランの名物はなんといっても、その日の朝に獲れた新鮮な魚一匹丸ごとの炭火焼。レストランの入り口や裏口に大きな炭火焼の網があって、その上で、お店の人が汗だくになりながら、せっせと焼いています。肉や魚を挟んで焼く網が大きな魚の形をしているのがとても可愛らしい。

Getaria

魚介の出汁がたっぷりと滲み出た優しい味のスープ、驚くほど柔らかいイカのフリット、そして、イワシやスズキの炭火焼。
私たちのテーブルを担当してくれた、体格のいい彼。外見に似合わず文学青年(?)らしい。
「ヨシモト、ムラカミ・・・」 最初、苗字しか言わないのでピンとこなかった私たち。
「ミシマ・・・」
「あぁ、文豪の名前ね?よしもとばなな!村上春樹!」・・・そうそう、とニッコリ。
よく気の利く彼が焼き魚と共に嬉しそうに持ってきてくれたのは、なんとキッコーマンの醤油。「はは、日本人だからね。」と苦笑していた私たちだったけど、せっかくなのでその醤油を垂らして食べてみると、、
「ヤバイ・・・美味い!!そうそう、オリーブオイルと醤油って合うんだよね。」
「わーん、ごはんと味噌汁と大根おろしが欲しくなっちゃう!!」

・・・・・とってもキケンな美味しさなのでした(笑)。

うーん、またまた海バスクを満喫してしまった。ゲタリア、小さな小さな街だけど、オススメです。


san sebastianゆっくりとしたお昼を済ませ、サンセバスチャンに戻ってからは、各自自由時間。
宿の近くでショッピングをしたり、カテドラルを訪れてみたり。

・・・・・と、ここでちょっとした事件が起こりました。
車でサーフィンに出かけていたRIKIさんが海から戻ってくると、ダッシュボードの中にしまっていたカーナビが消えていたのです。。慌ててレンタカーのHPをチェックしてみると、「任意保険に入っていない場合は800ドルを申し受けます」とのこと。(入っていなかった。)うっへーと思いつつも、手持ちのカードの保険で何とかなるかもしれないし、とりあえず書類を作成してもらうため警察へ。
ちょっぴり凹んだ事件でしたが、これまで全て順調だし、誰かがケガをしたり病気になったりしたわけでもなく、思い出の大事な品でもパスポートが無くなったわけでもなし、お金を払えば済むことなのでヨシとしよう!と、気持ちを切り替えて2日目のバル巡りへGO。


goizargi

本日、新規に開拓したお店はGoiz-Argi(ゴイサルギ)。開店以来全て手作りというピンチョスはどれも丁寧に作られていて美味しい。奥さんをはじめ、お店の方も皆感じがよく親切で、家庭的な温かいお店です。

その後、ラストフォアを食べに再びサンテルモへ行き、あれこれ堪能しつつも、そろそろ旅の疲れが出てくる者あり、長い一日色んなこと(笑)あり、で、今夜はちょっと控えめのお開きとなりました。
| 旅行記(2008年バスク) |comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
IZUMIさんの旅日記、楽しませて頂いてます。
1枚目の洗濯物の写真、すきです!
異国情緒溢れる場所…ウンウン頷けます。
旅行に行った時、観光名所ももちろん廻りたいけれど、
その土地の、ごく普通の生活にも大変興味が湧きます。
それにしても、美味しそうな料理、景色、うっとりします。
カーナビ事件は残念でしたが、ほんと皆さんがケガなく
無事で楽しめれば…!ですよね。
引き続きヨダレ垂らしつつ(笑)楽しませて頂きます♪
| yumiko | 2008/10/08 1:04 PM |
もー美味しそうすぎて、日々目の毒だよ〜(笑)
人数がいると、お食事もいろんなものが楽しめてよいねぇ!!
| かなざわ | 2008/10/08 3:53 PM |
スペインに訪れたことが無いのに、なんだかミョーに見覚えがあるなぁ〜と感じたのはシチリア島の街に似てるからでした(^〜^)下町っぽい街の雰囲気とカラフルな洗濯物、アンチョビで有名なところや異国情緒がタップリなところなどなど☆スペインバスク行ってみたいなぁ♪車上荒らしはほんっっとーに許せないですね(`o´)私も千葉の海辺で車上荒らしにあったので…。用心のため金品は車内に置かなかったのが幸いでしたが、サーフボードは全部無くなってました(*_*)盗られたのが貴重品や大切な物じゃなくて良かったですね(^〜^)v

| AO | 2008/10/09 9:54 AM |
yumikoさん>
洗濯物の写真!わざわざ友だちが「IZUMIの好物(笑 フォトジェニックな場所)
があったよ〜。」と教えてくれたんです(笑)。そう、まさしく好物です☆
何気ない日常、そしてさらにそれがとても絵になってしまう日常な
ところにググッときました。ほんと、観光名所もいいけれど
旅先の生活空間に触れられるのも旅の醍醐味ですよね!

かなざわ>
そうなのよぉ、この旅でつくづくよかったことの一つは、この人数!(笑)
向こうは取り分けって感覚がなくて、1人につき最低1皿注文しないと
「??」って顔されちゃうから、毎回最低でも人数分の7品頼んでたわ(笑)。

AOさん>
確かに、私もシチリアでカラフルな洗濯物を見たかも!
ちょっと力強い色合いとか、日差しの感じとか、似てますよね。。!

千葉の海は私の友達も被害に遭ったと言ってました。。(涙)
ほんっとそういうことはやめて欲しいですね。

実は、今回の私たちのカーナビ事件には後日談がありまして・・・
今後の日記にて続きを乞うご期待?!
| IZUMI | 2008/10/09 1:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック