<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< 実りの秋のミニリース | main | 沼津にて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
バスクお土産パーティ
美味しいもの満載だったバスク旅行、その行く先々で「お土産会用に・・・」と購入したもの、いつの間にか数知れず(笑)。今日は旅のメンバーがRIKI家に集まり、早速そのお土産用食材を使ってバスク料理パーティ&旅の写真上映会が開催されました。

basqueparty


遠路遥々バスクから持ち帰ったお土産は、、basqueparty

チャコリ(微発泡ワイン)×4本
(→生産者別に飲み比べ)
ゲタリアのSURIMI DE ANGULA
(→鰻の稚魚もどき)
Pierre IBAIALDEのソシソン
Maison PARISのフォアグラ
エスペレット村のしし唐の酢漬け
イッツァス村の黒さくらんぼジャム
エスペレット村の唐辛子ジャム



鰻の稚魚もどきというのは、ホンモノの稚魚はかなりの高級品なので、向こうではこの「稚魚もどき」がポピュラーな食材として使われていて、魚のすり身のような練り製品のこと。(しかも、瓶には「SURIMI DE ANGULA」と書かれている。ANGULA=鰻の稚魚、なので、まさに「SURIMI(すり身)の鰻の稚魚?!」(笑))見た目もとてもリアルな稚魚風。日本の「カニかまぼこ」のようなもの、かな。

チーズのオッソー・イラティは旅の序盤で持ち帰ることが出来なかったので、帰国後、フェルミエで購入。さぁ、これらを使ってバスクの味を再現しますよ!!

basqueparty

タラのコロッケ、ピペラド(バスク風トマト煮込み)、稚魚もどきのオイル煮、しし唐の素揚げ、マッシュルームのガーリックオイル焼き、鰯としし唐の酢漬けバゲットのせ・・・・・などなど、見事にフランスバスク&スペインバスクの味を再現。

美味しい料理と旅写真のスライドショーを酒の肴に、ワインもぐんぐん進みます。
チャコリを注ぐグラスも、現地で調達した専用グラス「ボテガ」に入れて、気分はすっかり

「バスクよ、再び!!」

basqueparty

前菜も一通り平らげたところでメインディッシュ。赤ワインを開けるタイミングで、ビアリッツのマルシェで買ってきた、とっておきのフォアをソテーしましょう。yukaさんがキャラメリゼしてくれた林檎を添えて。フォアと林檎と赤ワインのマリアージュ、最高の組み合わせ。さらに、イッツァス村の黒さくらんぼも添えて、贅沢な一品が完成。


basqueparty写真上映会は、各々が撮った写真全部=1人につき、数百枚×7人分・・・・・ということで、総枚数は一体何枚だかさっぱり分からないけど、とにかく最後まで誰1人飽きることなくずーっと画面に食いつきっぱなし。
同じような写真が何度も出てくるのに、ほんと自分たちでも呆れるぐらい、その度に歓声があがるし、目尻も下がりっぱなしだし、もう初孫の映像を見ているおじいちゃん、おばあちゃん状態か?(笑)




そして最後に・・・・・
今日がお誕生日のRIKIさんに、ガトーバスクで「HAPPY BIRTHDAY〜♪」

basqueparty

本日の写真上映7時間(!)、空いたワインは7本。ほんと、相変わらずよく食べよく飲む7人なのでした!!
| 美味しいもの(おうちパーティ) |comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
こんにちは。
バスク旅行記楽しく読ませていただきました。
かれこれ7年前でしょうかフランスの友人夫妻とボルドー、ビアリッツ(当然サーフィンも)、バスクを旅行したときの事を思い出しながら…あの頃は今ほどに情報を集める事ができなかったのでとても羨ましく感じたりもして…。
我が家もお土産に「ボテガ」を持って帰ってきました。
| 小鈴 | 2008/10/29 11:42 AM |
わぉ☆素敵なお土産パーティーですね〜。
読んでるだけで唾が溜まってきます・・(笑)

黒さくらんぼのジャム、昨夜、温めたカマンベールチーズと
バゲットと一緒に頂きました!!
実がそのまま入ってる贅沢なジャム・・最高でした。
本当にありがとうございます☆
土曜日開催予定のパンの会でも活躍してもらいます♪
| kikurair | 2008/10/29 12:49 PM |
あ〜っ↑この鰻の稚魚ってもしやソーメンコの事ですか!?(間違ってたらゴメンナサイ)神奈川に住んでた時、毎年時季になると地元湘南のソーメンコを食べてました。確かに貴重だとは言われてたような気もするけど、稚魚より普通の鰻の蒲焼きの方が美味しかったような…(^人^;)東京に引っ越してからは縁がなくなってたのでちょっと懐かしくなりました☆それにしても擂り身のって歯ごたえや味はどんな感じなんでしょーか?興味津々…☆私の記憶ではあまり味がなかったような…(∋_∈)

| AO | 2008/10/29 8:59 PM |

このお土産会、超いい企画!!!
旅が終わった後もこうやって楽しめるのって最高!!!
みんな楽しみ上手だね〜。
私もいつかそんな旅ができたら、マネさせてもらうね〜。
| みのり | 2008/10/30 9:25 AM |
小鈴さん>
小鈴さんもバスク行かれたんですね!私たちももっと日程に余裕があれば、
ボルドーも立ち寄りたかったです。
そうそう、そういえば先日、小鈴さんおすすめの夜の和さび、
行って来ました!とってもよかったです。

kikurairさん>
わぉ!記念日の食卓に上ったなんて・・・光栄です!!
そっかぁ、kikurairさんがパン好きってこと、あまり分かってなかったのに
気付けばパンにまつわるものばかり渡してたのね?やるじゃん、わたし!(笑)

AOさん>
ソーメンコって?!初耳!!湘南の特産物なんでしょうか・・・私も本物が食べたい!(笑)
稚魚もどきのほうは・・・ほんと、味も食感もカニかまぼこに似ているかも。
それが、ニンニクの効いたオイルに浸かって瓶詰めになっている感じ?

みのりちゃん>
ありがと☆そうだね、帰った後もまた楽しみが待ってると思うと嬉しいよね!
それにしても、ここに写っている食材はほんの一部なんだけど、瓶ものばかりで
帰りは重かった&唐辛子の酢漬けの瓶が少々汁漏れするハプニングも・・・
一瞬カバンの中で稚魚が散乱してしまったのかと思い、超焦りました。。(笑)
| IZUMI | 2008/10/31 12:52 AM |
わ〜バスクのおうちみたいですよー!
すごい!!
写真もとってもキレイ。
みんなで旅行したあとに写真を見ながら
もりあがるのって楽しいですよねっ。
いろんなシーンがフラッシュバックされて。
ブログも楽しく読ませていただきましたよ〜
また是非バスクに遊びにきてくださいね。
| yoyo | 2008/10/31 8:49 AM |
すごい!完璧にバスク料理が再現されてる!
しかもちゃんとボデガまであるし。
あっ、冒頭の画面に写ってるのは、サンテルモのフォア
じゃないすか。ああ、僕まで旅の思い出が蘇ってきた。

大勢で旅すると、こうやって思い出を共有できるのが
いいですよね。僕らは二人でパーティーしてもつまんないので、
今度友達呼んで、ピンチョス祭りやろうかと思ってます。
何とかあの海老ちゃんを再現して、食べさせてあげたいんだよなあ。
| 呈(tei) | 2008/10/31 10:08 AM |
yoyoさん>
ありがとうございますー!!yoyoさんのアドバイスのおかげで
スムーズな旅を進めることが出来ました。感謝、感謝です。

もうほんと、今となっては楽しい旅の思い出に浸るために写真ばかり
見ちゃってます。。きっとまたバスクに遊びに行きたいです!

呈(tei) さん>
さすが、あの写真がサンテルモのフォアと分かるの、呈さんだけですよ!!(笑)
最近我が家はすっかりボテガブームです。なんでもボテガ(笑)。

ピンチョス祭り!!なんて魅力的な響き・・・私も海老ちゃん食べたいっ。
| IZUMI | 2008/11/01 10:57 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック