<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< もみじ市 | main | ハロウィンディナー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
美味しい休日
ジャックと豆の木10月最後の日曜日。
あいにくのお天気だったので、お友だちと一緒に鎌倉散策の予定だったダンナ母も来訪延期・・・。

そんなわけで、私たちものんびり活動。お昼前、大家さんが「美味しいわよ。」と教えてくれた長谷のパン屋さん「ジャックと豆の木」へ。

普通の民家の軒先、といった感じのごくごく狭いわずかなスペースに所狭しと並ぶパン。11時OPENだけど、一通りのパンが揃うのは12時ごろなんですって。朝ごはんには間に合わないけれど、ランチにはちょうどいい時間です(笑)。

どれにしようか迷っている間にも次々お客さんが訪れて、だけど店内には1組しか入れないので、あまり優柔不断に迷っている場合ではないと少々焦りつつ選んだのは、ゴロゴロと厚切りのベーコンが入ったパン、カレーパン、ダークチェリーのデニッシュ、カスタードパン、キャラメルアップルデニッシュ・・・・・久しぶりに色んな種類のパンを食べた!!パン満喫。(もちろん全部2人で半分ずつですよ。)お店の奥さんもとても感じのいい方だし、無添加のこだわりパンも美味しかったので、また買いに来たいと思いました。


和さび
そして、夜は先日結婚記念日だったこともあり、行きたいと思いつつなかなか行けなかった「和さび」へ。

ここぞまさに「隠れ家」と呼ぶに相応しい佇まい、しーんと静かな奥深き鎌倉の古民家。
その家の造りをそのまま生かした店内は、なんだか懐かしいような気持ちにすらなる、居心地のいい空間。
つまり、カウンター席しかないお店だけど、たとえ常連でなくてもすっかりリラックス出来る空間なのです。



夜はおまかせコースのみ。

最初に酒の肴5品と、熱々の白子、戻りガツオ、鰯を軽く炙ったものなど、一皿ずつがいいタイミングで出され、ここからはお楽しみのお鮨スタート。上品で小さな握りが1つずつ目の前に置かれます。この大きさが酒のつまみにぴったりで、日本酒がするするとすすんでしまう、キケンなお鮨です(笑)。

握りを置くたびに大将がネタを教えてくれるのですが、今回1つだけ、何も言わずにそっと置かれた握りがありました。「あれ、言い忘れたのかな・・?」とあまり深く考えずにパクッと口に入れると、たちまち鼻を抜ける芳醇な香り・・・・・「あ、マツタケ。」思わずニッコリすると、大将もニッコリ。そんなサプライズもあったり、楽しく美味しいひと時でした。

お鮨ってどちらかというと「食べる」イメージで、お腹もすぐいっぱいになるし、そんなにお酒のすすむものではないと思っていたけれど、ここのお鮨は本当に「食べる」じゃなくて「つまむ」。だから、お酒にばっちり合ってしまう。大将は、自分が飲む時に、こんな感じにつまみたいな・・・と思うものを出しているそうで、こちらはまんまとその思惑にハマッている感じです(笑)。のん兵衛の心をがっちり掴むこのコース、お酒好きの人には是非体験してもらいたいな。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
IZUMIさん、こんにちは!
結婚記念日、おめでとうございます。
わさび、私達も去年の結婚記念日に行きました〜。
あの雰囲気、たまりませんよね。
私達が行ったときは、その他にお医者様の接待の方、4人組がいて、社会情勢とかについての話とかにまぜてもらったりして、普段できない会話をしたのを思い出しました。
また行きたいなぁ…。
| kappa | 2008/11/13 9:29 AM |
先日のIZUMIさんのコメントに和さびに行かれたと記されていたのはこの日のことだったのですね。
結婚記念日おめでとうございます。
私たちはもう10年以上になりますか、和さびの大将にお世話になっております。
ずっと以前は銀座にお店をもたれていたそうで、その頃からのお馴染みの方がいらっしゃるということからしても大将のお人柄やお仕事が素晴らしいってことなのだと思います。
ごぞんじでした?東京都知事の書かれた小説にも和さびが登場するんですよ。勿論名前は出てませんけれど。(小説の名前は忘れてしまいました…)
| 小鈴 | 2008/11/13 5:03 PM |
kappaさん>
kappaさんも夜の和さび、行かれたんですね!!
お昼もいいけど、夜のあのコースは酒好きにはたまりませんね(笑)。
そうそう、カウンターのお客さんと大将と、皆で和やかになれるのも
いいですよねぇ。私たちは美味しい情報を色々と教えてもらいました☆

小鈴さん>
ありがとうございます。そうなんです、この日のことでした。
大将は本当に色んなことをよくご存知だし、センスもあるし、本当に
魅力的な方ですね。皆さんのお気持ち、分かります!
・・・ということは都知事も行きつけ、ということでしょうか。
常連さんには錚々たる方々もいらっしゃいそうですね?!
| IZUMI | 2008/11/14 1:27 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック