<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


<< 台北旅行記その1 | main | 台北2日目(後半)九分 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
台北2日目(前半)迪化街
城市商旅

ホテルの朝食はブッフェスタイル。種類も豊富で3日間ともメニューが入れ替わったので、飽きることなく満足。
テラス席に座ってゆっくり朝食をとっていると、気分はリゾート?ついつい寛いでしまって、出発時間が遅れがちになってしまうのが危険な席です(笑)・・・・・ようやく重い腰を上げて、出発。

今日はまず、ホテルから歩いてすぐの「迪化街」へ。
古い街並みの残る、ノスタルジックな地区。からすみ、乾物、お茶など、お土産類が豊富に揃っています。


隅から隅まで試食を重ねつつ、全てのお店を隈なく調査した結果、私たちが主に買い物をしたのは「花旗坊」というお店。
どこも値段や品揃えは似たようなものだったのだけど、花旗坊の副店長のお姉さんは日本語が上手な上に、融通も利くし交渉もしやすかったので。

裏白木耳は、欲しい分だけ購入したら、なんと20元(60円)!
お土産用のドライマンゴーや干し海老なども、どれもお手ごろ価格で美味しいのだが、なにせ1袋の量が多過ぎる。もう少し小分けに出来ないかなぁ?とお姉さんに相談すると、「じゃあ、袋とシールをあげるから、自分で詰めて。」ということで、無事、交渉成立。

・・・・・というわけで、夜のお風呂順番待ちタイム。ホテルの部屋で、せっせとお土産の袋詰め内職(笑)。

花旗坊

こちらが、お姉さんにもらった袋&シールで作ったオリジナルセット完成!の図。

ドライマンゴーに干し海老にお茶に・・・・・どう?見た目もなかなかよい感じでしょ?本来はもっともっと大きな袋単位売りなのです。ほんと、我ながらこれはナイスアイディアだったな〜皆にも好評だったし、この小分けセット、是非商品化してもらいたいです。


さて、お買い物を満喫した後は、「京鼎樓」で小籠包ランチ!

京鼎樓

台湾へよく出張に行かれるfumiさんのダンナさまおススメのお店。ここはいつもアッツアツの小籠包が出てくる、とのこと。

確かに、私たちの席のすぐ真横では大きな蒸し器から大量の湯気がもくもくと・・・・・これはもうアツアツに間違いない。その奥ではせっせとひっきりなしに小籠包を包む姿も。

京鼎樓

ビールと小皿料理をつまみつつ、すぐ横から運ばれてきた出来たての小籠包を次々に頬張りました。期待通りアッツアツの肉汁がジュワ〜ッ・・・・・ん〜美味いっ!!
(2日目後半につづく)





| 旅行記(2009年台北) |comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - |- | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://lucca-izumi.jugem.jp/trackback/938
トラックバック