<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |- | - |
市場のあとのお楽しみ
毎日生産者さんがローテーションで出店している鎌倉の市場。最近はカレンダーを指折り数えつつ、お気に入りの生産者さんが出店している日を狙って買い物をしている。お目当ての日が土日に当たった時は、夫婦共々張り切って早起き。プロの人たちもお気に入りの班だから、朝早くからものすごい活気なのだ。「あ、私もあれ買おう・・・」なんて思っていたら、シェフがまとめてガバッと持ってっちゃう(笑)。最後の一つまで残らず買われてしまって、何度、涙(?)を飲んだことか。。

starbucks

しかし、そんな争奪戦を終えた後の達成感は清々しい(笑)。おじさんが気前よくオマケなんかしてくれた日には、さらにホックホク。そしてそんな満足感の余韻に浸りたい時は、そのまままっすぐ帰らずに、寄り道をするのが我が家のお決まりコース・・・・・とはいっても、時刻はようやく8時を過ぎたかどうか、という微妙な時間帯。寄り道できる場所は限られている。

その数少ない寄り道スポットで、雰囲気のよさナンバーワンは、断然市役所前のスタバ。
室内のゆったり席で寛ぐのもいいし、穏やかな季節ならテラスも気持ちがいい。いつ来ても大繁盛で混み合うこの店も、さすがに朝一番はその時の気分で好きな席に座ることが出来る、そのささやかな幸せよ(笑)。

fukuchan

さすがにこちらは朝早くからOPENしていませんが、お隣りのギャラリーヨコも好き。モノクロ漫画(フクちゃん)を書き続けてきた横山隆一さんだけど、色使いのセンスがとっても素敵。ここの干支のポチ袋がすごく可愛いと思う。

スタバのお庭から見える白い建物がギャラリーヨコです。このスタバも大佛茶廊も、ご遺族のご厚意により、一般の人も大家(たいか)の邸宅のお庭を気軽に楽しめるようになった、素敵な空間です。


野菜

最近の戦利品はこんな感じ。蕪や大根を買うと、「無農薬だから葉っぱも全部食べてねー。」と言われます。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(2) | trackbacks(0) |
津久井でお好み焼き三昧
あやちゃん・あさちゃん姉妹と御成通り入り口の路地にある「津久井」へ。
ここのアプローチや佇まいって好き。どこか風情のある下町のお店に来たみたいな気分になれるから。
先に駅に到着していた2人に私が乗っていた横須賀線が遅れていたことを話すと、あさちゃんが「最近、色んなアナウンスがあるよね。」と。 「たとえば?」と聞くと、
「"私事ではありますが、4年間横須賀線に乗務してきまして、この度、山手線に異動することになりました。皆さま長い間お世話になり・・・・・"とか。」

えっ、それは初耳のパターン。きっと、その人は横須賀線が好きだったんだろうな。

津久井

ここのお好み焼きは基本自分たちで焼くスタイルだけど、一部メニューはお店の人にお任せするものもあり。
お好み焼きは、あやちゃんが手際よく焼いてくれました。王道の豚天も安心の美味さだけど、私は変り種のしょうが天(お好み焼きがピンク色になるぐらいしょうががたっぷり入っている)が結構ハマった。お酒のおつまみっぽい感じ。

そして名物「豆腐焼き」は、達人の登場です。
見事な手さばきをご覧下さい。
津久井
お豆腐を全面お醤油で香ばしく焼いて

津久井
半分は薄く焼いた卵にくるりと包んで


津久井
完成!お見事!
きれいに3等分にして、お皿に分けてくれます。


津久井

手前が卵なしバージョンで、奥が卵ありバージョン。2つの味が楽しめるのだ。
以前、奥さんに作ってもらった時、「これだけ香ばしく焼けるのは、この鉄板で焼くからよ。」と教えてもらった。そう、お醤油がカラッと飛んで、本当に香ばしいの。家では真似出来ない味。

津久井

「なんだか旅館みたい!」なんてすっかり寛いでしまって、賑わっていた店内も気づけば私たちだけ。。鎌倉の夜は早いので(笑)、今日もちょっと早めの解散。

現在パリから一時帰国中のあやちゃんとは、実は来週再びパリのあやちゃんちで会う予定。なので今日は「じゃ、来週はパリでね〜!」と別れる。ちょっとこんな素敵なセリフ、一生言う機会ないかもしれないので(笑)。


というわけで、、
13日から9日間、バスクとちょこっとだけパリに行ってきまーす。A bientôt !
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(5) | trackbacks(0) |
Nadiaとヴァカンス計画
今日も長谷ランチ。あいにくのお天気ですが、ナディアって雨のしっとりとした雰囲気もよく似合うなぁという佇まい。また移転される予定らしいので、ここで食事を楽しめるのもあと少しと思うと、ちょっぴり寂しい気持ちも。

nadia

料理を選ぶ楽しみももちろんだけど、ナディアのシェフはワインを選ぶことをとっても楽しませてくれる。選んだ料理や、メインと前菜でワインを変える予定か、などを考慮して、いくつかワインをピックアップして下さいます。
今回4人ともメインが見事にバラバラ(魚介盛り合わせ、真鯛、豚、鳩)だったので、メインのワインはボトルで頼むよりそれぞれグラスでチョイスしたほうがいいかも?とのアドバイスにより、それぞれが思い思いのワインを選んだのも楽しかった。RIKIさんの選んだワイン「LAMORESCA」なんて透明のボトルに入ったワイン名だけが書かれたもの。BIOワインだそう。これだけグラスで飲めるワインが揃っていると、どれにしようか迷ってしまうし、しかしそれがまた楽しい。そして的確なアドバイスがもらえるのも嬉しい。

nadia2こちらはスパークリングワインの後、前菜とパスタの時に頼んだ白ワイン、「COENOBIUM」。色んな品種が混合されている、セパージュワイン。修道女が作っているワインなのだそうです。匂いも味もちょっと変わった、面白いワインでしたが、料理と合わせるとぴったりマッチするから不思議。

最後のデザートまで、ゆっくりと贅沢な時間を楽しみました。はぁ・・・至福のひと時。昼間に飲むお酒って、より一層贅沢感を感じるな(笑)。


さて、ランチの後は我が家に集まり、いよいよ9月のバスク旅行計画の大詰め。地図を広げて大まかな行動予定を組んでみました。

basqueビアリッツから入って、ビダール、サンパレ、イッツァス、エスプレット、サンジャンドリュズ、サンセバスチャン、ゲタリア、サール、オンダビリア、バイヨンヌ・・・・・と、フランスバスクとスペインバスクを車で色々回る予定。まぁ、全部回れるか分からないけれど、あまり詰め込み過ぎず、流れに任せてのんびり行こうと。

しかし漠然としていた計画も、こうやって具体的にスケジュールを組んで書き出してみると、いよいよ現実味を増してきて、気分もかなり盛り上がってきた。うわーいよいよ、夢見たいな旅が実現するんだ・・・楽しみ過ぎる。。今、こうして日記を書きながら思いを馳せるだけでも顔がにやけてしまいます。(ちょっとアブナイ(笑)。)

バスク地方に行かれたことのある方、オススメの場所やお店があったら是非是非教えて下さ〜い。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(7) | trackbacks(0) |
0467 Hasekamicho
金魚ちょうちん

すっかり涼しくなってきた週末。みのりちゃん、ユウコとランチ。長谷の0467へ行きました。私もランチは初めてだから楽しみ。

0467はっと目に飛び込むような、白い壁のエントランスに真っ白の暖簾がよい感じ。お天気がよければ、より眩しく感じることだろうな。

3人とも野菜と魚のランチプレートをチョイス。
とにかく野菜たっぷり。サラダ以外に、煮たり、焼いたり、揚げたり・・・それぞれがきちんと調理されていて、素材の持ち味が生かされており、見た目もきれい。少しずついろんな種類が楽しめるのも嬉しい、女性向きのランチプレート。
昼間は窓も前面が開放されていて、外からの空気が感じられるのも気持ちよく、ゆっくりランチを楽しめました。

みのりちゃんとユウはそれぞれお子たちを預けて来たんだけど、単身でいると2人ともほんと、小さな子どものいるママとは思えないゆとり感がある。。いい意味で生活感が感じられないというか。きっと、心にゆとりがあると、それが外面にも現れるのだろう。もちろん家に帰れば優しいママ。とっても素敵な年の重ね方をしているなぁと。2人とも高校の同級生だけど、私よりも人生二歩も三歩も先に進んでいるので(笑)、今後も色々と見習っていきたい先輩奥さまたちです。

ランチの後、みのりちゃんとバイバイしてから、私とユウはのんびりお散歩がてらお買い物。三留商店に寄ったり、スクランプシャスをのぞいたり。途中、我が家で一休み。

料理上手の台所たまたまテーブルに出ていた本を「この本、以前から何度も何度も本屋に行く度に立ち読みするから、とうとう買っちゃったよ。」とユウに言うと、なんとユウも「私も!何度も何度も手に取って、結局買っちゃった。」と。

それは、「ずらり 料理上手の台所」という本で、有名な料理家さんやスタイリストさんの台所を紹介しているものなんだけど、まずものすごく共感を覚える(笑)のは、皆さんわりと年季の入った、スペースの狭い台所で作業をされているところ。もちろん、こだわりのガスコンロを置いたりして、小さくとも素敵な台所ばかりなんだけど。
足りない収納はどうしているか?など、写真を食い入るように見たりして。(やっぱり「吊るし」は基本よね、みたいな。)
私みたいに狭い台所で四苦八苦している人(笑)には超オススメの一冊。

| 美味しいもの(鎌倉) |comments(2) | trackbacks(0) |
amalfi DOLCE(アマルフィイ ドルチェ)とバーン・プータイ
amalfidolce

今日は2班の日なので朝は市場でみっちゃんと待ち合わせ。先に来ていたみっちゃんは大きなアーティチョークの花(とてもきれいな紫色)をお買い物。それぞれ野菜を購入した後は、七里まで遠征・・・・・が、お目当てのお店はやっておらず。。billsも相変わらず混んでいるし、新しくOPENした「amalfi DOLCE(アマルフィイ ドルチェ)」へ。

amalfidolce

テラス席でパニーニセットを食べながら、オープンウォータースイミングを見学。なんだか子ガメが海に帰って行くみたいで可愛い(笑)。

お昼に一旦解散しそれぞれ家に帰り、私は母と買い物に行ったり、夫は図書館に行ったり、シャワーを浴びたり。そして夕方、再びみっちゃんと由比ガ浜海岸に集合。再び集合したのは、「夏は短い。海を満喫しよう!」との思いから。

baan phu-thai
今日は、海に降りてすぐ左の白い建物のほうの「バーン・プータイ」へ。


baan phu-thai
baan phu-thai
「バーン・プータイ」は、右にあるリトルタイランドにも出店しているけれど、こちらにも独立して出店しているみたい。メニューは全く一緒。ビールは100円高いけど、ジョッキのプレミアムモルツで、ちゃんとテーブルまで運んできてくれる。テラス席は一段高くなっていて、見晴らしもよく気持ちがいい。そして椅子も籐で出来ていたりといい感じ。
お皿もちょっとだけ上等(笑)。私たちはココを、「優雅なタイ屋台」と勝手に命名。
皆でわいわいやるには右側の混沌としたタイ屋台も活気があって楽しいけれど、少人数で楽しみたい時はこちらのほうがゆったり出来ていいかもしれない。


pan pop paradiseそしてラッキーなことに、今日も偶然Pan Pop Paradiseの演奏を聴くことがが出来ました!
心地よい音楽で優雅度さらにUPです。
Pan Pop Paradiseの海のスケジュールは、基本は金曜夜、予定が無ければ土日もたまに・・・だそうなので、私たちは運がいいみたい。潮風に吹かれながら聴くカリビアンなメロディ、相当気持ちいい〜。

残念ながら今日はサンセットの夕日は眺められなかったけれど、大満足の夕暮れ時でした。
こんなに近場でまるでどこか旅行に来たかのようなリゾート気分を味わえるなんて、安上がりというか、本当に恵まれている(笑)。


「優雅なタイ屋台」で早めのディナーを済ませ、デザートを買いにリトルタイランドへ向かうと、どうやら今日はファイヤーダンスも始まるらしい。スイカジュース片手に早速特等席へ。うーん、こちらも迫力満点、相当楽しめました!!(次回のステージは8/30だそうです。)
firedance

夏の夜は本当に楽しい。だけど、あっという間に過ぎてしまう夏。今夜は「本当に来てよかったね。」と何度も言い合ってしまうような、ちょっとした素敵な夏の夜でした。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(2) | trackbacks(0) |
ワインとリトルタイランド2008
beachbar

7月のワインセミナーの後は、リトルタイランドへ。そう前々から決まっていました(笑)。
先週すでに下見は済ませた。規模は多少縮小されたように思うけど、今年もいつもの場所に健在です、リトルタイランド。ワインセミナーが終わったら一直線で海岸へ。

wine

あぁでもすみません。今日のワインもとっても美味しくて楽しかったので、メモします。
今日は白ワイン品種の第2弾。前回フランスワインが中心だったのに対して、今回はイタリアワイン中心。

1)ノジオラ
2)ヴェルディッキオ
3)グレコ・ディ・トゥッフォ
4)ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ
5)テッラソーラ・ミュスカ
6)インツォリア
の6種の品種を飲み比べ。

今回は好みがわりとハッキリしていて、2)のヴェルディッキオ2006(エンツォ・メチェッラ)と、3)のグレコ・ディ・トゥッフォ2006(アントニオ・カッジャーノ)が特に好きだった。
ヴェルディッキオは石灰やミネラルが豊富で口に入れると杏のシロップ漬けのような味、グレコ・ディ・トゥッフォは果実味とアルコールがギュッと凝縮されたような味。
ヴェルディッキオのワインは同じ生産者のものがロックスオフに置いてあるとのRIKI情報があったので、私も買いに行きたいな。
イタリア帰りの先生のお土産、ドライトマト、サラミ、タラーニ(ういきょう入りのスナック)をおつまみに、ワインは全て完売。あー美味しかった。やっぱり夏は白だね。


・・・・・さて、充実したワインタイムを経て、再びリトルタイランドです。

リトルタイランド2008

皆から千円札を徴収し、料理はそのお金の中から、お酒は各自のお財布で・・・・・という(私たち流の)スタイルもすっかり定着。ちゃっちゃと注文し、ビールで乾杯!
すると、偶然sanaeちゃんファミリーの姿が。そもそも数年前、リトルタイランドの存在を私たちに教えてくれたのはsanaeちゃんのダンナさま。さっすが、今年も早いね(笑)。

aoi
sanaeちゃんの息子のao君が私に「撮ってぇ〜!」とポージングしているところ。


aoi
キメのポーズ(笑)。


Pan Pop Paradise今日もものすごく食べたし飲みました。写真を撮ったのはごくごくほんの一部。そしてsanae家の残りものまで。。

それにしてもこの空間は毎度エキサイティング。
海という開放感と、夏の湿った暖かい空気と、混沌とした雰囲気と・・・テンションは嫌でも上がってくる(笑)。久しぶりに(?)酔っ払っちゃったな。

そして気分も盛り上がってきた頃に始まったスチールパンのライブもすっごくよかった。「気分はカリビア〜ン!」って感じ・・・(と、カッコつけてみたが、カリブは行ったこと無いから正確に言うと、「気分はTDLのアドベンチャーランド〜!」って感じ(笑)。)
Pan Pop Paradiseという洗足音大出身のユニットだそうです。スチールパンを叩いているお姉さんが非常に楽しそうで可愛くて、しかも本当に上手でよかった。ますますテンション上がりました。今年の夏はここで度々演奏するそう。また是非聴きたいです!


リトルタイランド2008
そして、みっちゃんとのフードバトルの末、撃沈した者約一名・・・。


そんなこんなで、今年もリトルタイランドの夜は更けていきました、とさ。

beachbar
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(5) | trackbacks(0) |
Rakaposhiでお茶
rakaposhi

朝からの雨も上がり、ちょっと外に出たい気分だったし、みっちゃんに渡すものがあったので電話をしてみると、「じゃ、お茶しよっか。」ということになり。
御成通りに新しく出来た「rakaposhi」で待ち合わせすることにしました。
少し前にOPENしたこのお店は、お花屋さんとカフェが一つになった、外から見ていてもすごく気になる可愛いカフェなのです。現在は昼のみの営業だそうです。
ブルーベリータルトとチャイで美味しいおやつの時間。窓越しに見えるお向かいの安保さんからは、次々大きな梅の袋を持った人が出てくる模様・・・・・よくよく見ると、梅の販売と山紫陽花の販売をしているみたい。まさに、梅しごとと紫陽花のシーズンですね。rakaposhiにも可愛い色とりどりの紫陽花の切花がたくさんあって、とっても癒されました。

紫陽花紫陽花紫陽花紫陽花

めずらしく余裕を持って出かけた朝、通勤途中の紫陽花を撮ってみた。いや〜ほんとうにどれも可愛い。週末の長谷寺は入山に1時間待ち・・・と聞きましたが、こうやって路地を歩くだけでも可愛い紫陽花たちに出会えるのが嬉しい☆
左上のピンクのは、元々我が家に咲いていた紫陽花。ブルーだったらよかったのに・・・とか、可哀想なことを言われています。。

タマそして、ご近所の燃料店の看板娘、タマちゃんもパチリ。
私は見かけると必ず声をかけるんだけど、必ず「ニャア」と返事をしてくれます。
お世辞にもきれいとは言えない柄というか毛並みというか、ちょっとショボショボしちゃっているコなんだけど、愛嬌があるので近所の人気者。みんな、声をかけたり撫でたりしています。
燃料店のご主人曰く、「もう18歳だからね、トシだよ、トシ。もうすぐコレだよ。」と言いながら仏様のポーズ・・・。「エサ代かかっちゃってしょうがないよ。よかったらもっていっていいよ、あげるよ。」なーんて言っちゃって。
だけど、首輪にはちゃんと「カネコ タマ」ってフルネームで書かれていることも知っているし、タマちゃんが熱心に家の中をのぞいている時は、奥からご主人が電話をかけている声が聞こえてきているのを、私は知っているのだ(笑)。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(5) | trackbacks(0) |
合羽橋ツアーとしっとり長谷の夜
雨にも負けず、前々から約束していたよっちゃんと合羽橋ツアー決行。正確には、「合羽橋、及び周辺の気になるお店」ツアーかも。

ペリカン

田原町で待ち合わせして、まずは「ペリカン」へ。町のパン屋さんという雰囲気のペリカン。中に入ると予約済の食パン&ロールパンが棚にずら〜り。私たちが買えるのは午後14時以降とのこと。でもこれから買い物をする予定なので、むしろそのほうがよかった!「夕方取りに来ます。」と予約して、次の目的地はin-kyo

in-kyoin-kyoでは、ちょうど井藤昌志さんの「シェーカーBOX展」と、「庄村米穀店」の雑穀や食材が並んでいました。
檜のシェーカーBOXにお米を保存する・・・というのにとても惹かれた。けれど、即決は出来ないので、「庄村米穀店」さんの「たかきび」、「飛騨むぎ茶」、「そうめん」などを買いました。なんだか夏支度って感じ。

なかなかこっちの方面には来ないので、合羽橋ツアーでin-kyoを思い出せてよかった。素敵なお店でした。


モンブランそれから、雨の中てくてく歩いて早めのランチ、「モンブラン」へ。

お昼、どうしようかという話をしていた時に、なんとなくこの界隈なら洋食って気分じゃない?と意見が一致したのだ。
ランチの看板メニュー、鉄板焼きハンバーグは、和風、フランス風、イタリア風・・・・・と6種類のソースが選べる。私はロシア風でよっちゃんはフランス風。
ライスにこの付け合せ、イメージ通りのザ・洋食って感じで大満足でした。


腹ごしらえも済んで、いざ合羽橋へ。合羽橋

合羽橋はまだ数回しか来たことが無く、いつもノーリサーチでぶらぶらと手当たり次第にのぞいていて、今日もそんな感じ。よっちゃんのお目当てはパン型など、私は焼き網と目の粗い金ザル。1軒ずつ、気になるお店をのぞいていく。

うーむ、お天気が悪い上に、寒かったです。。でもお互いほぼ目的達成?夕方に用事のあるよっちゃんと別れてから、私は一人浅草方面へ。

そして、遂に買ってしまった・・・銅製の玉子焼き器を。

「銅銀銅器店」さんに入ると、息子さんが金づちで打ち出しをされていて、玉子焼き器について尋ねると、手を休めて色々丁寧に説明して下さいました。「長く使えます、一生ものですからね。」・・・・・その言葉にエイッと決心してしまった。そして、奥からご主人も出てきて、金づちを打ちながら「弱火でね。銅は熱まわりがいいから。」と。いいことを聞きました、鉄のフライパンで焼いていたときは強火でやっていたから。宝の持ち腐れにならないよう、美味しい玉子焼きを焼かなくては。。嬉しい反面、ちょっと緊張(笑)。

ペリカン
以上で、本日のお買い物終了。

これが、ペリカンで予約した美味しそうな食パンとロールパン。どちらもとっても可愛いサイズなのだ。
しかしながら、しっかりとした重みがあります。

合羽橋焼き網と抜き型(ちょうちょと金魚)。
「銅銀銅器店」の玉子焼き器。
こちらも可愛いサイズ揃いです。

焼き網では早速そら豆とペリカンの食パンを焼きました。


先にin-kyoで買った雑穀類なんかもあわせると結構な荷物な上に雨降りでちょっと大変だったけど、なかなか充実した買い物でした。
よっちゃん、今日はお付き合いいただきありがとう。

--------------------------------------

そして、雨上がりの夜はRIKIさん&yukaさんと一緒に長谷の0467beau tempsとハシゴ。
0467はセンスのよい料理と内装。雰囲気もよく、デートによさそう。
beau tempsでは初めてデザートも頼んでみたんだけど、苺のジェラートもプラムのワイン煮も塩のきいたチョコレートケーキもそれぞれ全部美味しくて、ますますシェフのファンになりました。
雨に濡れた庭を眺めながら、デザートのお供に赤ワイン。しっとりと大人〜な時間だわ。
(・・・・・いや、私たちは結構騒がしかったかも?(笑))

beautemps

写真は、お誕生日が近かったyukaさんのBIRTHDAYプレート☆
オメデトウyukaさん!これからも美味しいものいっぱい食べようね。

| 美味しいもの(鎌倉) |comments(6) | trackbacks(0) |
幸せな休日
朝から本降りの雨。昨日少し飲み過ぎたのと、このお天気のせいで何もやる気がせず、家の中でだらだらと過ごす。
・・・・・が、午後3時ぐらいから次第にお天気回復。なにぶん狭い我が家、まるで外で遊べずストレスが溜まった子どものように(笑)、チャリで暴走開始。
三留商店へ行ったりアトリエバニラでロールケーキを買ったり、図書館に行ったりみっちゃんと偶然ばったり会ったり。

sunset

西へ東へと縦横無尽に走り回った後、そろそろいい時間なので秀吉で一杯やろうとしたところ、あいにく外の席は満席。そこで、焼き鳥を何本か買って高崎屋本店のスタンドバーへ。
ご主人に「生ビールを下さい。」と言うと、キンキンに冷えたグラスを出して下さったので「あのぅ・・・実は持ち帰りたいんです。」と遠慮がちに言ってみる。すると「あぁそうなの。」と言ってプラスチックのコップを探し出してきてくれ、そして、グラスの容量と差が無いかチェックしてくれた。そこにいた一同が皆、「グラスのほうがたくさん入るに違いない。」と(心の中で)思っていたんだけど、意外にもプラコップも大容量であることが判明。常連のおじさんも「おぉ」と感嘆の声(笑)。
今日の生ビールはエーデルピルス。「泡のきめが違うでしょう。」と言いながら、ご主人が「中途半端だからどうぞ召し上がって。」とか「泡ばっかりだから注ぎ足しながら飲んじゃって。」とか言いながら結局倍量ぐらいのビールを注いでくれ、これから海に行って来るというと、じゃあ持ち易いようにコップを2重にしてあげましょうと補強までしてくれて「いってらっしゃい。」と送り出してくれた。
なんだかここまでですでにものすご〜く幸せな気分。

かくして生ビールと焼き鳥を握り締め、海に到着。暮れゆく海を眺めながら、でも「気をつけないと。」と言っていたのに


・・・・・・・やられた。最後の一切れのハツ。
sunset
獲物を探して旋回中。。


sunset

いよいよ日が暮れてきたので、まだ通ったことの無い道を選びながら、みっちゃんちの近くの小川へ。
静かな川の流れの前でダンナと2人、ポツンと佇む。はたして、今日はいるのかいないのか・・・半信半疑で。辺りは完全に暗くなり、随分長いこと佇んでいたように感じたその時、遂に発見・・・・・!
sunset


ふんわりと、静かに静かに光を放つホタル。うわぁ幻想的だ。1匹、2匹・・・そう数は多くないけれども、それでも確実に何匹かは視界に入ってくる。慌ててみっちゃんを呼び出し、3人でしばし見惚れました。途中、通りすがりのおじさんが「あぁ、今年初だねぇ。」と。

きっと、何百年も昔から繰り返しここで光を放っていたんだろうなぁ・・・こうやって昔の人もこの幻想的な風景を楽しんだのかしら、歌にも詠まれるぐらいだから、きっと同じように楽しんでいたんだね・・・・・なんて思うと、目の前に繰り広げられる幻想的な風景とあいまって、胸にじんわりこみ上げてくる静かな感動。あぁ今日ここに来て本当によかった。

「今日はいい日だったなぁ。」とダンナ。うん、確かに。。
さえないお天気のさえない一日になりかけていた今日だったけど、終わってみれば最高に幸せな気持ちになれた休日だったのでした。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(8) | trackbacks(0) |
鎌倉散策
今日はfumiさんと鎌倉散策。
fumiさんからのリクエストは、ランチはナディアかラポルタ、そして、市場と三留商店とスクランプシャスに行きたいとのこと。残念ながらラポルタはあまりにも経路が外れているため(笑)、今回はナディアを予約しました。

nadia

心配していたお天気も無事晴れてほっとひと安心。まずは市場を回ってから、由比ガ浜通りをぶらぶら歩きながらナディアへ。私も久しぶりのナディア、とっても楽しみです。

喉が渇いたのでフルーティなスパークリングワインで乾杯し、せっかくなのでコースを。
以前あったパスタセットのようなランチはなく、今は、昼夜共通メニューのようでした。
桜海老とトマトのサラダ、ほうれん草とポルチーニと厚切り生ハムの乱切りパスタ、牛肉のラグースパゲティ、豚のロースト、牛肉のタリアータ・・・・・どれも全部美味しかった。
特に生ポルチーニは鼻から抜ける香りがたまらず。豚のローストも外側がカリッと中身はジューシー。どうやったらこんな風に焼けるんだろう?
そして、シェフがお見立てして下さった「piccinin daniele  rosso dei muni」という自然派の赤ワイン。「ちょっとびっくりするかも。」とおっしゃって味見をさせてくれたのですが・・・・・ん、微発砲?うわぁ飲みやすい。赤なのにスルスルと入っていく今の時期にぴったりのワインです。
「飲み切れなかったら持ち帰っていただくことも出来ますので。」と言われていたのに、最後のデザートタイムまでしっかり堪能、ボトルは空っぽになってしまいました(笑)。

昼下がりに飲むワイン、本当に美味しかった。ナディアは味付けが濃いと言われたりしますが、本当にワインのための料理・・・いえ、料理のためのワイン?とにかくワインによく合う料理なんだな、と思いました。

三留商店大満足ランチの後は三留商店へ。
今日は結構お買い得品が揃っていて、結局私も色々と買ってしまった。
まず、マギーの無添加コンソメ、ハーブブイヨンが各80円。
今日のくだものが100円。
そして、リストラ社のアイスピーチティー、tierraのオーガニックブラックカラント(カシス)のジュースに至っては、それぞれ80%OFF!!賞味期限ぎりぎりってわけじゃないし、これは買いでしょってことでいそいそとレジへ。かなり満足度高し。

その後海沿いを歩き、スクランプシャスに立ち寄った後、我が家に寄ってもらってお茶をしました。


今日のおやつは、行きがけに買った麩帆さんの麩まんじゅうと、fumiさんの京都土産、「福だるま」。以前、金沢のcollabonで出合った可愛いだるまさんです。久々の再会(笑)。fumiさんありがとう。

福だるま


ちょっとピントがボケてますが・・・(汗)、重なり合ってるのもなんだか可愛い(笑)。
外ではサービス精神旺盛な(?!)ウグイスが盛んに鳴いていました。
福だるま


結局リクエストしてもらったところしか回らなかったけど、fumiさんも美味しく楽しかったねと言ってくれたのでよかったです。ほんと、のんびり歩くには今が一番いい季節だね。
| 美味しいもの(鎌倉) |comments(3) | trackbacks(0) |
<< | 2/8PAGES | >>